記事一覧

抗生剤の使い方

ファイル 359-1.jpg

今年最後の話題は抗生剤の使い方についてです。
今週も長くてごめんなさい m(_ _)m。

 当院だけでなく、最近は抗生剤の適正使用を考えておられる先生方が増え、細菌検査をしても耐性菌が減ってきたように感じます。先日クリニックに届けられる商業雑誌に「間違いだらけの抗生剤使用」という特集が載っていました。その雑誌は無料で配られるもので、おそらく広告費で成り立っていると思われます。従ってこの手の雑誌の特集は如何に薬を使うかと言うことに主眼が置かれることが多いのです。しかし今回の特集は違いました。特に神戸大学感染症内科I教授が書かれた「セファロスポリンの使い方」は面白かったです。抗生剤にも色々な系統があるのですが、セファロスポリンもその一つ。フロモックス、セフゾン、メイアクトなど現在非常に多く使われている抗生剤がこのセファロスポリン系です。しかしI先生は「その大多数は誤用である」「風邪に抗生剤を用いることは正当化できない。急性気管支炎も同様」「成人でも小児でも風邪に抗生剤を出した群と出さない群で症状の改善に差がない。むしろ副作用の出る確率が倍以上高い」「急性中耳炎についても多くは抗菌薬無し、対症療法で治療できる。もし使うとしてもペニシリン系」そもそも「薬理学的にも消化管からの吸収が非常に悪く効かない」「副作用もある。低カルニチン血症による低血糖の事例が報告されている」などなど痛快な解説をしていました。小児科だけでなく、内科、耳鼻科の先生もこれを読んで欲しいなと思いました。

 随分前ですが、このブログで抗生剤の適正使用を心掛けることでむしろ気持ちが楽になったと書いたことがあります。抗生剤は細菌に対して有効な薬剤です。ウイルスには効きません。それを分かっているのに細菌感染の可能性が否定できないとういうだけで処方するのはおかしくないか? 診察だけで診断が付かないなら検査して診断をはっきりさせればいい、そうと決めてから自分のモヤモヤ感が無くなりました。
 抗生剤だけではありません。咳止めや鼻水の薬もそうです。咳や鼻水にしても意味があります。その意味を理解して治療する必要があるのです。鼻水を止めるのが良いのか。本当に咳を止める必要があるのか。それを考えながら治療するべきだと思っています。

今週の写真は早春のブナ林。今年の春、岩木山の赤倉で撮ったものです。

脱傾聴のススメ

ファイル 357-1.jpg

 今週のタイトルは日曜日に函館で開催された日本小児科医会主催のカウンセリングセミナーのタイトルでした。傾聴すなわち受容と共感はカウンセリングの基本的スキルの一つですが、確かに傾聴だけでは解決しないことも少なくありません。「脱傾聴のススメ」と題した今回のセミナーは何か僕に大きなヒントをくれるような気がして参加したのでした。さてその内容は・・・セミナーは「解決指向型ブリーフセラピー」のレクチャーでした。解決指向型ブリーフセラピーとは過去を振り返って原因を探る(問題指向型アプローチ)のではなく、まず目標を設定し、その問題の解決した自分の未来をイメージし、そこに近づくための解決方法を探り行動してゆくという問題解決手法です。

解決指向型ブリーフセラピーの中心哲学(ルール)は
1)もしうまくいっているのなら、変えようとするな。
2)もし、一度やってうまくいったのなら、またそれをせよ。
3)もしうまくいっていないのであれば(何でも良いから)違うことをせよ。
ネットで検索すると直ぐに出てきます。

 確かに納得できるというか、参考にはなります。しかし原因となる問題をそのままにしておいて良いのだろうか、取り敢えず解決すれば良いというのは姑息的過ぎはしないかと少し訝しく思えました。外来で自分が診ている不登校の子ども達のことを思うと、このアプローチの方法が有効な子どもとそうでない子がいるように思えます。まずこの手法のアプローチには本人にかなりの力が必要なのではないか、その力がまだない子はそのアプローチの前に必要なことがあるんじゃないだろうかと考えていました。

さて、今週の写真は5年前に登ったマッターホルンです。

赤ちゃんの頭の形

ファイル 356-1.jpg

 親であれば誰しも自分の子どもが完璧に育って欲しいと望むものでしょう。頭の形にしても丸く格好の良い頭になって欲しいと願う方も少なくないのではないでしょうか。健診で頭の形を心配されるお母さんは少なくありません。かくいう我が家も長男が生まれたときはドーナツ枕を買いました。しかしそれが使い良かったとはあまり思えず、2番目の子の時には使いませんでした。

 なぜ頭の形がゆがむのか。
当然、赤ちゃんはお母さんの方を向きたがります。何時もお母さんと同じ位置関係で寝ていると、赤ちゃんの頭の骨はまだ柔らかいので下になった方が次第に平に潰れてゆきます。一度、そうなるとますます向き癖が強くなって頭は変形して行きます。ですので、寝る位置を固定しない方が良いのですが、さて、頭の形が変形してしまった赤ちゃんへの対策は?
 僕はまず「お母さんと赤ちゃんの寝る位置を変えること。お母さんや明るい方を向き癖と反対の方にして、そして頭だけでなく体全体をバスタオルなどで反対方向に傾けること」とお話しします。「しかし月齢が進んで赤ちゃんも活発になってくると、それもなかなか上手く行かないかも知れませんね。でも首が据わって自分で自由に頭を動かせるようになると、頭の形は自然に目立たないくらいに治って行きますよ。多少、頭が変形していても脳には影響しませんよ」ともお話しします。

頭の形も色々、目や耳の形も色々。「みんなちがって、みんないい」ですよね。

写真は北アルプス、北ノ俣岳です。

パパママ教室

ファイル 355-1.jpg

 今、年に4回、市のパパママ教室でお話しをさせてもらっています。与えられた時間はたったの20分。子どもが生まれる前の未来のパパママ達に小児科医として話したいことは山ほどありますが、なにせ時間が短すぎます、最初、何を話そうか悩みました。同じ人が何度か参加するなら毎回テーマを変えても良いのですが、みんな1回限りの参加者です。
どんなテーマがベストか。
病気の話し? ホームケア? 予防接種?
僕が選んだテーマは子どもの心が健やかに育つために一番大切なものは何かということでした。病気の話しも大切ですが、それは生まれてからでも良いことと思うのです。子どもが風邪を引いて、その看病を通して、学んでいくことだと思うのです。先ずは子どもの心の発育に何が必要かを伝えることが大切だと思いました。

 子どもの心の発達にとって一番大切なもの、それは親と子どもとの心の絆です。それを愛着形成といいます。良好な愛着形成を気付くことで子ども達の心の土台はしっかりと育って行きます。安定した土台を築くことが出来れば、その土台の上に立てられた建物は地震が来ても風が吹いても倒れません。しかし心の土台が貧弱だと少しのストレスに耐えかねて建物は倒壊します。思春期に問題行動を起こしてくる子ども達の多くが、乳幼児期の親と良好な愛着形成が出来ていないといわれています。

 パパママ教室では子どもの心の発達について解説し、良好な愛着形成を築くには健全なあまえが大切だとお話ししています。そしてそれにはタッチして、視線を合わせ、声を掛け、抱っこすることが大切だと。実は当たり前のことなんですよね。核家族化が進み、まだ一度も赤ちゃんを抱っこしたことのないパパママが多いのではないでしょうか。保健師に人形ではなく、実際の赤ちゃんに来て貰ってはどうかと提案しました。実現すると良いですね。