記事一覧

5歳児発達健診

ファイル 363-1.jpg

 1月の広報弘前に出たそうですが、弘前市は今年から5歳児発達健診をスタートさせます。その説明会が先週の木曜日にありました。3歳児健診でも自閉症などの発達障害の発見に力が注がれますが、所謂軽度発達障害など言葉の発達の遅れのない子ども達は見逃されることも少なくありません。そして学校に入ってから、様々な苦労を抱えてしまうことがあります。5歳児発達健診はそれを補う目的で始まった健診で、県内ではつがる市と八戸市で既に行われており、全国でも少しずつ広まってきています。
 詳しい健診の実施要綱はここでは避けますが、僕も以前5歳児健診を提案したこともありました。しかし他の先生から発達障害を診断した後の受け皿が整わない現段階では5歳児健診を行うのは時期尚早との意見があり、誰も現実的なものとして考えていませんでした。それが今回、一気にことが進んだのはおそらく市長の強い意志と、大学精神科の意図とが合致したからでしょう。実は昨年、弘前大学では全国の大学精神科の中で始めて児童精神科医が教授になったのです。いずれにせよこのように新しい物事を始めるにはトップダウンでないと実現に時間が掛かるのかも知れません。
 大学精神科の教授は将来1歳半、3歳児健診で早期発見できるシステムを作り、早期療育に繋げたいと仰っていました。早期診断と早期療育。それが可能ならそれは確かに素晴らしいことかも知れません。しかしそこは慎重に行かないと落とし穴があるような気がしてなりません。発達障害と診断してしまうことでその子の全ての行動をそれと結びつけ、その子の本当の心を見逃すことになりはしないか。市はカウンセリングを行う臨床心理士の増員を考えていると話していましたが、発達障害の子ども達への対応は難しいです。安易な増員はうわべだけの対応に終わってしまう危険性があります。
 発達障害と診断、あるいはそれと疑われただけでご家族は大きな不安を抱えるでしょう。くれぐれも泥縄にならないようにと市にお願いしました。

清潔と不潔の意味

ファイル 362-1.jpg

 所謂、清潔不潔の意味と我々医療関係者のいう清潔不潔の意味とは少し違います。学生時代、あるいは医者になって間もない頃、この清潔不潔の概念を厳しく教え込まれました。ここがしっかりしていないと手術や様々な処置をした際、感染を起こし、医療事故の元になります。我々のいう清潔とは滅菌処置をしたものだけが清潔でそれ以外のものは全て不潔と考えるのです。台所で綺麗に洗ったお皿でもそれは不潔です。そして清潔な物でも少しでもそれ以外の物、つまり不潔な物と接触しただけで、それは不潔と見なします。滅菌した医療器具を不潔な手(一見清潔でも)で触ると、それは全て不潔なのです。手術の前のようにしっかりと時間を掛けて手洗いし、滅菌した手袋で触るのでない限り。それは日常生活には無用の概念、むしろ迷惑なものかも知れませんが、本気で感染予防が必要なとき、その感覚は極めて有用です。

 今週、ノロウイルス胃腸炎の話題が世間を騒がせました。ノロウイルスは感染力が極めて強く、それを予防するのは困難です。しかし感染経路は接触感染なので先の清潔不潔の概念に基づき、完璧な予防対策を取れば感染をコントロールすることは可能です。『ことりの森』ではノロウイルスの他の子への施設内感染はありません。ノロやロタと分かっていればドアノブもハイターで消毒します。子どもを看る保育士は担当制にして他の子には触りません。
 浜松のパン工場でも当然、衛生管理は行われていたのでしょうが、保菌者は下痢をしていなかったそうです。むしろそこが落とし穴だったのかな。感染しても症状の無いことは少なくないし、胃腸炎が治ってもしばらく便にウイルスが出てくるのです。従って、下痢をしていようがいまいが、普段からしっかりと衛生管理をするべきなのです。


 ただ、家庭でこれをやっていては疲れるばかりでしょう。手袋をして食事の用意をするお母さんはいないんじゃないかな。普段から感染しても負けない体を作り、発症しても適切に対応できるホームケアのスキルを身に付けることが大切と思っています。

インフルエンザとテレビCM

ファイル 361-1.jpg

 そろそろインフルエンザが出てきたようです。今回はバスケの練習試合から。詳しくは知りませんが、おそらく練習試合に出ていた生徒か先生の一人がインフルエンザで、そこから他の生徒に感染が広がるパターンでしょう。2、3年前に野球の練習試合でも同じようなことがありました。しかし遅かれ早かれ流行はするのです。感染経路をあれこれ詮索しても詮無いこと。

 さて、最近気になるテレビCMがあります。一つは富士フイルムのインフルエンザの診断機器のCM。もう一つは塩野義製薬のインフルエンザの治療薬のCM。インフルエンザの迅速診断は発症からある程度、時間が経たないと陽性に出ないのですが、そのキットはこれまでより早い時間で診断が可能となると謳っています。治療薬のCMはこれまでの内服薬、吸入薬に加え注射薬もあるよというCM。
 僕としてはどちらも必要ないと思っているのですが、危惧するのはテレビのCMで流れることで、みんなが翻弄されるのではないかということです。診断が数時間遅れたからといって別にそれ程困りません。注射薬が必要なのは内服も吸入も出来ない意識のない重症患者でしょう。一般の外来診療では必要ありません。インフルエンザというだけで点滴していたら、する側もされる側(子ども)も大変です。
 ほんの十数年前まではタミフルも無かったし、迅速検査もありませんでした。確かに迅速試験が出来て自分の臨床診断能力も向上しました(一目、見ただけでインフルエンザと診断できることも少なくありません)。しかし治療薬や診断キットが世に出て、どれ程死亡率や重症化する子が減ったのでしょう。それは疑問です。タミフルやリレンザといった抗インフルエンザ薬で治療すると免疫が出来ないという話しもあります。
 抗インフルエンザ薬も適正使用を心掛けたいのですが、抗生剤と違って、目の前に効くと分かっている治療薬がぶら下がっていたら、それを使う必要はないと説明するのは骨が折れるのです。

新年のご挨拶

ファイル 360-1.jpgファイル 360-2.jpg

 皆様、明けましておめでとうございます。

 昨年も当院では色んな事がありました。辞めたスタッフ、新しく加わった仲間、超音波装置の更新(これは凄いです。格段に画像が鮮明になり診療の幅が広がりました)、FOUR WINDS乳幼児精神保健学会の2年後の弘前開催決定など様々なことがありました。このブログの記事が消滅し、かなり落ち込んだこともありましたが、何人かの方々から続けてくださいと励ましのお言葉を頂きました。少し元気が出て、また再開しています。

 さて、恒例の正月登山。1日、2日とのんびり過ごし、3日に八甲田を登ってきました。今年は山も雪が少なく、樹氷はまだしっかりとは発達していませんでした。酸ヶ湯から仙人岱までは踏み跡がありましたが、そこから上は踏み跡は消え、視界も悪く、登るにつれかなりの強風となり、飛ばされそうになり、這いつくばり、何度引き返そうかと思ったことか。しかしその都度、「ピークは直ぐそこじゃないか。正月早々ここで引き返したら、今年一年、何も成し遂げることは出来やしない」と自分を叱咤し、かなり必死の登頂でした。余裕がなかったのでこんな写真で失礼します。

 さて、今年はどんな年になるでしょう。また色んな事があることと思いますが、スタッフと力を合わせ乗り切りたいと考えております。

このブログ、クリニック共々、本年もご愛顧のほどお願い申し上げます。
m(_ _)m