記事一覧

価値観の押し売り

ファイル 374-1.jpgファイル 374-2.jpg

 土曜日、診療を早くに切り上げて向かったのはあおもり母乳の会の講演会でした。あおもり母乳の会は母乳育児の普及と支援を目的として発足された会です。毎年、学習会・講演会が開催されていますが、今年の講演会の講師は聖マリアンナ医科大学小児科の名誉教授、堀内勁先生でした。堀内先生は日本で初めて未熟児医療にカンガルーケアを取り入れた先生です。カンガルーケアとは生まれて直ぐの赤ちゃんを裸で母親のおっぱいを吸わせるケアです。タイトルは「早期の母子コミュニケーション 〜心育ちと母親になること〜」。様々な動画を引用し、赤ちゃんとお母さんの結びつきを分かり易く講演していただきました。1000gに満たない未熟児が生まれて直ぐに母親の乳首を吸う姿は感動的ですらありました。我々男性には決して体験できない母子の世界を垣間見たように思いました。

 今週のタイトルの「価値観の押し売り」はその講演の中の言葉です。「母子間のコミュニケーションと発達は自己調整と相互交流調整が柔軟に行き来することでもたらされる。丁度良い注目、情動、飽きない、過度に興奮し過ぎないことが大切。」マーラーのいうgood enough motherということでしょう。best motherでなくて良いのです。しかし「母子分離、マニュアル的育児、孤立・密室保育、それに加え母子保健関係者の価値観の過度の押し売りは母子間の相互交流調整の障害の一つとなり得る」と教えていただきました。自分が母乳育児を勉強し始めたとき、それを過度に押し付けていたのではないかと反省します。あるいは日頃の診療で知らず知らず価値観の過度の押し売り、押し付けをやってるのではないかと訝しく思います。価値観の押し売りは、本人は良かれと思ってやっているのですから、自分ではなかなか気が付きません。やはり何事に於いても内省すると言うことが大切なのでしょう。

 さて、今週の写真は弘前公園の桜です。去年と違って「もこもこ」の桜でした。公園を管理する人達の努力は並大抵なものではないのでしょうね。でもきっと報われて良かったと思っているじゃないかな。弘前の桜は日本一と誇らしく思えますよね。

八甲田レポート:バリエーションルート

ファイル 373-1.jpgファイル 373-2.jpg

 標高900mに位置する酸ヶ湯は今まだ深い雪に覆われています。積雪は3m程。笹藪は全て雪の下。一般道がどこにあるかも分かりません。しかしそれは逆に何処でも好きなところを歩けることを意味しています。久し振りで訪れた八甲田。折角だからといつもと違うバリエーションルートで山頂へと向かいました。登ったのは酸ヶ湯からほぼ真っ直ぐに直上するルートです。こんな所、誰も来ないだろうと思っていましたが、時折スキーのシュプールと交差して、僕と同じような物好きは何処にでもいるものだと可笑しくなりました。
 登山でいうバリエーションルートとは一般道以外のルートのことです。整備されているわけではないので、それだけ冒険的要素が強くなり、技術的にも困難となることが多いのです。しかし春の八甲田山ではバリエーションと言っても雪に覆われているだけなので技術的には一般ルートとさほど変わりありません。
 バリエーションルート、険しさは違うかも知れませんが、頂きを目指すのに色々な道があるということでしょう。どんなルートでも止まらず歩めば、いつかは頂きに着きます。しかし結果は同じでも、人の歩いたことのない道を歩いていると思うことは、もしかすると今立っている場所はこれまで人類が誰一人として立ったことがない場所かも知れないなどと想像することはとても楽しく思えるのです。

岩木山レポート:弥生の大雪渓

ファイル 372-1.jpgファイル 372-2.jpg

 久々の大自然レポートです。

 くしゃみでヒビの入った肋骨はまだ少し痛みますが、随分と良くなり寝返りも出来るようになりました。そろそろ運動しても良い頃だろうと日曜日、車にボードを積んで岩木山へと出掛けました。
 幸い朝から目の覚めるような快晴。山の頂が青空に眩しく輝いています。久々の山なので無理をせず、八甲田でもと思ったのですが、山頂から麓まで滑り降りられるのは今しかない、多少きつくてもと岩木山へ向かったのでした。選んだコースは弥生コース。沢の上部がカール状に広々として、スケールの大きな滑降を楽しめます。4時間ほどで登れるだろうと踏んでいたのが、体力の衰えは予想以上でかなりしんどかった。5時間以上も掛かってしまいました。こんなに辛い山は久々でした。正午を過ぎると山の気温はどんどん下がります。登頂が遅れ、滑り出した2時半頃には雪が硬く締まってきました。コブのない急斜面。もし転んだら止まらないと思うと、滑るのが少し恐かったです。

 今年は黄砂が少ないようです。加えて最近新しく雪が降ったのでしょう、山は白く美しかった。ボードを担いで登るのはかなり辛かったですが、やはり山へ行くと木々や鳥たちの囀りに癒され、日頃のモヤモヤが晴れ、明日からまた頑張れる勇気を貰える気がします。これからまた時々大自然レポートを載せますね。来週は八甲田へ行こうかな?
どこを登るか、どのコースを滑るかと考える時間も楽しいものです。

 写真は弥生の肩から山頂を見上げたショットです。

ブルーライトアップ

ファイル 371-1.jpg

 4月2日は国連の定めた世界自閉症啓発デーでした。ブルーライトをネットで検索すると、スマホやPCから発するブルーライトの弊害を書いたサイトが沢山出てきます。でも今回のタイトルのブルーアップライトはこの自閉症啓発デーで日本各地、いや世界各地で催されるイベントの一つです。東京のゲートブリッジや青森でもアスパムがブルーにライトアップされたそうです。ブルーは癒しの色。街灯をブルーライトにすることで犯罪が減ったという話しもあります。その日、弘前大学で開かれた記念フォーラムで、大学の精神科のN教授が「弘前でもお城をブルーにライトアップしたかったが今年は叶わなかった」と仰っていました。
 世界自閉症啓発デー・日本実行委員会のHPを見ると、カタール王国の王妃の提案で毎年4月2日を自閉症啓発デーとすることが決議されたとありました。自閉症はじめとする発達障害についての理解を広めることは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことが出来る社会に繋がるものだと。

 新しい精神障害の分類では所謂従来型の自閉症や、高機能自閉症、アスペルガー障害などを含めて全てが一つの自閉症スペクトラムと分類されました。スペクトラム、つまり光のスペクトラムに赤から紫まで連続性があるように、自閉症と定型発達(つまり普通の人)とは連続性を持って繋がっており、その色の濃い薄いだけなのだということでしょうか。すなわち誰しも少しはその色を持っていると言うことです。僕だって決して人とのコミュニケーションが上手な方とは言えません。自分にもその色があるのを感じます。正に発達障害の子ども達が安心して暮らせる社会は、全ての子ども達が幸せに暮らすことの出来る社会に繋がるということなのでしょう。やっぱり金子みすずの「みんなちがって、みんないい」のですよね。