記事一覧

子どもの村

ファイル 385-1.jpg

 親が亡くなったり、虐待などいろいろな理由により家族と暮らせなくなる子ども達がいます。昔(太平洋戦争直後)は戦災孤児が中心でしたが、最近は虐待や放任などで親から離される子が増えてきています。その子達は児童福祉法で社会がその責任をもって保護、養育することが定められています。諸外国では里親制度が普及しており、里親に委託される児童の割合はオーストラリアで93%、欧米では50〜70%台。お隣の韓国でも43%もあるそうです。それに比べ日本では12%にしか過ぎません。残りの子ども達の行き先は乳児院や児童養護施設がほとんど。子ども達を心身ともに健全に育てるためには家庭的な環境が良いことは明らかで、国も里親制度の推進を図っているようですが、それはなかなか進んでいないのが現状のようです。
 2010年4月、福岡に「子どもの村」という施設ができました。村の中のそれぞれの家には里親(子どもの村で育親と呼ぶそうです)と数名の子ども達が生活します。それを周りの小児科医、臨床心理士、保健師、ケースワーカーがサポートするそうです。そして今、宮城でも子どもの村が作られようとしています。これは震災で親を亡くした子ども達のためでもあるのでしょう。

 虐待を受けた子ども達のケアは大きな施設での集団養護では不適切です。家庭的な養護が必要なのです。子どもの心研修会で講演してくれた先生は、ご自身も里親になって何人かの子ども達を育てたそうです。さて振り返って、我が家でも身寄りのない子を引き取ることができるか。自分ではそうしたい気持ちはありますが、毎日帰りの遅い自分を考えると、奥さんの負担だけが増えることは明らかで、自分が里親になるのは難しいでしょう。サポートしてあげること位しかできない自分が残念です。

ほめるテクニック

ファイル 384-1.jpgファイル 384-2.jpg

 「子どもの心」研修会。毎年、前期と後期の年2回開催される研修会ですが、その講師陣が毎回素晴らしく、できるだけ出席するようにしていました。今年はエジンバラへ行ったこともあり、土曜日を休診にしなければならない前期は欠席しましたが、先の連休で後期の研修会に行ってきました。今回も素晴らしい講演がいくつもあり勉強になりました。その中からいくつか紹介してゆきますね。

 まずは臨床心理士のA先生の講演から。子どもはほめて育てろと言いますが、なぜ叱って育てるのでは駄目なのか。それは叱ると確かに行動は変容しますが、その変化は一時的なものなのです。それを継続的なものにするために、ほめることが必要なのです。さて、叱る、ほめるにもテクニックが大切です。
そのほめるテクニックとは?
①3Sを使う
・さすが
・すごいね
・すばらしい
②さりげなく
③スパイスを効かせて
 もちろんその子の年齢にあったほめ方があります。幼児にはストレートにほめた方が良いかもしれません。でも小学生も高学年になると、かえって「馬鹿にして」と思われてしまうこともあるでしょう。さりげなく、ぼそっと、でも本人に聞こえるように「・・・すごいね。」

 では、叱りのテクニックは?
①「短く、強く、行為」を叱る
②効果的な叱りの文脈を作る
・どこを見て
・どのような姿勢で
・どのように 叱るか
③叱りの3段階
レジメにはそうありますが時間が足りず、講演では説明していただけませんでした。講演は笑いもあって、大変おもしろいものでした。講師の先生のプロフィールを見ると常磐大学の准教授、そして弘前大学の非常勤講師とあり驚きました。すぐ近くにこんな先生がいたのですね。今度、講演会を企画しようかしら。

 写真右はスコットランド版忠犬ハチ公。主人が死んだ後、その墓の隣に10年以上も座っていたそうです。

八甲田レポート:夏

ファイル 383-1.jpgファイル 383-2.jpg

 去年に引き続き、今年も学会、研修会、セミナーといろいろあって、なかなか山へ行けていません。しかし先の日曜日、ようやく八甲田を登ってきました。毛無岱ではワタスゲはそろそろ終盤、代わってキンコウカが咲き始めていました。残念ですが、今年も毛無岱の春のお花畑を観ることは叶いませんでした。稜線ではオダマキはすでに姿を消し、ヨツバシオガマが盛りを迎え、イワブクロ咲き始めていました。
 今年の八甲田は、春の残雪は多かったのですが、6月の高温のためか仙人岱の雪解けはいつもより少し早いようです。上部の雪渓はすでにやせ細り、雪解けの後の湿原ではチングルマ、ミチノクコザクラ、ミヤマキンポウゲなど、春の花が遅い春を謳歌していました。この季節、八甲田を一回りすると、春の花から夏の花まで沢山の種類の花が楽しめます。目にする高山植物の数は今が一番多いかもしれません。

 荷物を出来るだけ軽くして、いつも登っているコースが今回3時間50分。ほんの数年前まで重い荷物を担いで同じコースを3時間半で登れたのに、体力を維持することさえ難しくなってきました。

写真左は毛無岱のワタスゲ、右は仙人岱のチングルマです。

MRI体験ツアー

ファイル 382-1.jpgファイル 382-2.jpg

 プレパレーション、近頃、小児医療界ではよく聞く言葉です。このブログでも何度か取り上げました。プレパレーションpreparationとはprepare準備するの名詞です。つまり検査や注射などの医療行為による子どもの不安や恐怖を出来るだけ減らすために、心のケアを行い、環境を整え、準備することです。日曜日、スタッフ二人と仙台で開催された東北外来小児科学研究会に参加してきました。その会の教育講演のテーマがプレパレーションでした。講師は聖路加国際病院の小児看護専門看護師Hさん。当院でも子どもの不安、苦痛を軽減するために様々な工夫を凝らしていますが、更にいろいろとヒントをもらってきました。

 彼女の講演で一番面白かったのが、MRI体験ツアー。MRIとはあの頭や内蔵の断面の画像を撮る大きな装置です。経験した人は分かると思いますが、狭い筒の中に入って、撮影に30分程も掛かります。そしてガーン、ガーンと撮影中のものすごい音! 小さな子どもを検査する時には大抵の場合、お薬で寝かせて撮影します。しかし聖路加病院では“MRI体験ツアー”なるものがあるそうです。このツアーのおかげでスムーズにMRIの検査ができるようになったとか。ツアーに参加した子ども達には3つのミッションが与えられます。まずミッション1:検査室を見学しよう。実際にどんな部屋か、中に入って見学します。ミッション2:音に慣れよう。実際の大きな音を聞いてそれに慣れ、その中で気をつけの姿勢を取る。ミッション3:検査台に乗ってみよう。実際にMRIのベッドに寝て固定してもらう。全てのミッションをクリアするると子どもは宝箱の鍵をもらえ、宝箱を開けて中の宝をゲットできる。
このツアーを2、3回体験すると3、4歳の子どもでも眠らせずに起きたまま検査できるのだそうです。

 Hさんは講演の中で“いやなこと”を好きにさせることはなかなかできません。ですが、「いやだけど・・・やってみよう!」と子どもが思えるようにすること、嫌なことを一生懸命頑張った自分を「わたし(ぼく)って、すごいな!」と思えるようにすることはできますと話されていました。病院での辛い体験を成功体験へと変え、自尊感情へとつなげられると良いですね。そのためには医療機関だけでなく、お父さん、お母さん、あるいはおじいちゃんおばあちゃんの協力も大切です。誉めてもらって一番嬉しいのはやはりお父さんお母さんなのですから。

写真左は土曜市のトマト売り。これカボチャじゃなく、全部トマトです。

エジンバラの思い出

ファイル 381-1.jpgファイル 381-2.jpg

 1週間も向こうに行っているとその土地の風景、雰囲気にすっかり馴染んでしまって、日本に帰ってきてからまだ体が日本モードになっていません。そう、実はまだ時差ぼけが治っていないのです。毎晩2、3時間しか眠れぬ日が続きかなり体力の限界に近づいていました。さすがに参って、眠剤を服用。漸く一昨日から少し眠れるようになりました。不眠症の人の辛さを肌で体験しています。

 エジンバラは歴史ある美しい街です。協会の素晴らしいステンドグラス。重厚な時計台のあるホテル。今も女王が泊まるという煌びやかな宮殿。しかし華やかな歴史がある反面、古い住居や石畳には暗い闇の歴史も刻み込まれていました。地下の幽霊ツアーなんていうのもあるくらいです。ペストが流行したとき、環境の悪い地下の住居に暮らしていた貧しい人々は、子供も含めてそのまま地下に閉じ込められてしまったのだとか。ジキルとハイドのモデルになったといわれる人の建物は、レストランとなって今も残っていました。
 エジンバラはとても美しい街でしたが、ただその美しい石畳の上にゴミやタバコの吸い殻が至る所、投げ捨てられているのは頂けなかった。公衆マナーがなっていない。もしかすると喫煙率は高いのでしょうか。路上でタバコをすっている人は日本より多いくらい。街が美しいだけに残念でした。

 さて、これからしばらく山の写真がないときはエジンバラの写真を載せて行きますね。