記事一覧

流星ワゴン、その間主観性の世界

 以前、このブログでも取り上げた“とんび”と同じ作者、重松清さんの小説のドラマ化ということで日曜夜、その番組を観てみました。といっても後半の1時間弱ですが。今回も“とんび”の時と同じように父と子の関係性がテーマのドラマでした。ただ今回は孫も加わっての世代間伝達と、それに加えて間主観性(心の響き合い)の世界が繰り広げられるようです。
 主人公の父親は自分の父を嫌い、自分はああはなりなくないと子どもと関わっているつもりが、実際は嫌っていた父親と同じように自分の子どもの心を理解できておらず、家庭は壊れそうになる。しかし自分が子どもの頃の様々なエピソードは実は誤解で、父親は自分と一生懸命関わろうとしていた。それを知って、今度は自分の子どもと真剣に向き合って行く・・・何だかこんがらがってきますが、大雑把に言えばそんなところでしょうか。まあそれはともかく、大人が変わると子どもが変わる、それこそ間主観性(心の響き合い)の世界なのです。

 ドラマを見ながら作者の重松さんと父親との関係ってどんなだったのだろうと興味が沸きました。岡田尊司先生という精神科医が「母という病」という本を書いています。様々な精神病理を抱えた大人の根源には母親との関係性の問題があるということを様々な事例を上げて書かれていますが、同じ先生が「父という病」という本も書かれています。買うだけ買って、読まずに机の上に積んでありました。今度、読んでみようと思っています。

 本当は今週、「院長の大自然レポート」を載せようと思っていました。しかし日曜日、吹雪で酸ヶ湯へ行くまでが大変でした。酸ヶ湯の駐車場も除雪されておらず、めげて蕎麦も食わずUターンして帰ってしまいました。次の日曜日は半日ドックの予定です。当分、山へ行けそうにありません。

僕が"お母さん"から学ぶこと

ファイル 402-1.jpg

 澤田敬先生の講演はこれまで何度も聞きました。弘前に来ていただいたのも今回で4回目。弘前以外での講演もいれると自分は7,8回は聞いているでしょう。今回の講演もテーマは親子の愛着を中心に子どもの心の育ちとあまえ療法のお話でした。いつも聞き慣れた講演でしたが、これまで聞いた中で一番素晴らしい講演でした。様々な事例や最新の知見の紹介も交え、お話は感動的すらありました。聴衆の中には涙ぐむ方もいらっしゃったようです。

 今回の講演の中で僕が特に印象に残ったのは「母から『人間とは何か?生きるとは何か?』を学ぶ姿勢が大切ではないか」という言葉でした。
往々にして問題行動を取る子ども達の背景には保護者、特にお母さんの心の問題が潜んでいることが多くあります。そのお母さんの不安や悩む心と心が響き合って子どもの行動となって現れていることが少なくないのです。しからば子どもの問題行動だけを注目していては片手落ちでお母さんにも寄り添うことが必要です。ただ“言うは易く行うは難し”で我々小児科医が悩みを抱えるお母さんと対峙するのは容易ではありません。僕は澤田先生に図星を指された様に思えました。謙虚な心が大切と、時々不遜になる自分を反省していました。
 ちょっと困ったお母さんほど、このクリニックに来てくれてありがとう。診察させてくれてありがとうと感謝し、お母さんから学ばなければなりません。澤田先生はどんな難しい子どもでも決してあきらめない先生です。いつも子ども達の幸せを願っています。僕はまだまだ先生の足下にも及びません。

雪かきとスモールステップ

ファイル 401-1.jpg

 3、4日暖かい日が続きましたが、今日からまた気圧配置は西高東低の冬型。昨夜来の新雪は20〜30cmに達し、今朝の雪かきは大変でした。もっとも除雪車が入っていなかったので、雪が軽かったのは幸いでした。しかしきっと明日は除雪車が入るので、重い雪片付けで大変でしょう。
 でも実は、僕は雪が好きで雪かきも嫌いではありません。なんて書くと叱られそうですが、なかなか成果の見えない消耗する、やり終えるまで時間の掛かるデスクワークより、汗をかく雪かきが好きなのです。冬の良い運動です。しかも自分の除雪した場所を他の人が歩いてくれると更に嬉しくなります。もしかすると雪搔きが好きな人は少なくないんじゃないかな。

 今日のタイトルのスモールステップとは
ネットで調べると、最初から高い目標を掲げるのではなく、目標を細分化し、小さな目標を達成する体験を積み重ねながら、最終目標に近づいていくこととあります。例えば不登校で学校へ行けない子に対し、まずは校門まで、次は玄関、次は保健室登校。遅刻しても行ければ良いよと、初めから朝から教室へ行けることを目指すのではなく、出来るところからから少しずつやっていこうということです。
 スモールステップとはちょっと違うでしょうが、雪かきは短期決戦で小さな達成感が得られるから、自分は好きなのかもしれないなんて考えながら必死で雪を片付けていました (^_^;)

写真は一昨年の豪雪の時のもの。この時、積雪は1mを超えていました。

謹賀新年

ファイル 400-1.jpg

皆様、明けましておめでとうございます。

 元旦の早朝、今年は久しぶりに岩木山神社へ初詣に行ってきました。お願いすることはいつも同じで、「世界中の子ども達が幸せでありますように、そして我が家の子ども達も幸せになれますように」とお祈りするのですが、今年はもう一つFOUR WINDS弘前大会の成功を祈願してきました。願いは大きいのにお賽銭100円は安かったかな? (^^ゞ

 さて、このブログ、昨年は色々と忙しく、あるいは更新日と決めている水曜午後に机を使えず更新できないことが度々ありました。秋の学会を控え、今年は更に忙しくなりそうです。そんな訳でやはり毎週は更新できないかもしれませんが、あまり頑張りすぎない程度に、様々な情報や子どもの心に関する話題、もし行くことが出来たなら大自然レポートなどお届けしようと思っております。

それでは皆様、今年もクリニック共々ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。