記事一覧

日本小児科学会総会

ファイル 412-1.jpgファイル 412-2.jpg

 ほとんどの小児科医が加盟している日本小児科学会。年に1回の総会が毎年4月に開催されます。今年の総会は大阪でした。自分が所属している学会としては最大の学会で会員は全国で2万人あまり。大阪大会の参加者は7000人を越えたそうです。

 小児科学会は小児医療に関する全ての分野がテーマですから、子どもの消化器疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、神経疾患・・・。病気だけでなく小児保健、社会問題・・・、実に様々なテーマで講演、発表が行われます。普段、あまり勉強することのない分野も学ぶことが出来るのは有意義です。ただ3日間、ずっと学会場だけで過ごすは結構しんどくて疲れます。そこで2日目の午後、時間を見つけて大阪市内を散歩してきました。お散歩のコースは大阪城→通天閣→あべのハルカス。全部上まで登ってきました。やっぱり高い所が好きな僕でした (^_^;

 あべのハルカスは屋上のヘリポートまで行ってきました。丁度、夕暮れ時。瞬きだした街の明かりが綺麗でした。

岩木山レポート:春山

ファイル 411-1.jpgファイル 411-2.jpg

 よく晴れた日曜日、ボードを担いで岩木山を百沢から登りました。岩木山に登るのは1年ぶりでした。まだまだ残雪多く、スキー場の下から雪を踏みしめての登山でした。昨年弥生から登った時はくるぶしまで埋まり、4時間以上も掛かってやっとの思いで登りましたが、今年の雪は適度に硬く、快適な登山でした。所要時間3時間半。学生時代は2時間半で登っていましたが、この年でそのタイム、まあ由としましょう。毎週登れればもっとタイムは上がるのでしょうが、タイムを気にする登山はもう止めようと思ったりしています。

 例年だとそろそろスカイラインの開通する時期で、沢山のスキーヤーがいるのですが、今年は春スキーのバスは4月末からGWの期間中だけのようです。きっとスキーヤーが少なく、採算が取れないのでしょうね。八甲田のバスも遅いスタートで関係者はがっかりしていると新聞で見ました。まあ静かな山を楽しめるのでそれはそれで良いのですが、少し寂しい気もします。

山頂からは鐘の向こうに白神の山々が連なっていました。

花粉症治療米

 スギ花粉の季節です。今年は去年より飛散量が多そうだとの予報がありましたが、今のところはそれほどでもないようです。受診される方をみても例年とそれほど変わりありません。かく言う自分自身も毎年花粉症に悩まされているのですが、一昨年よりも去年、去年よりも今年と年々軽くなっているように思えます。年を取って自分の免疫力が低下しアレルギー症状が軽快してきたのかその理由は分かりませんが、症状が軽くて助かっています。もっとも本番はこれからでしょう。

 日曜日の夜、NHKでアレルギーの特別番組があり、最新情報を分かりやすく解説していました。最新といってもここ数年で明らかになってきた話しですが。
Tレグというアレルギーの免疫を抑制する免疫細胞の存在、そして皮膚から浸入するタンパク質にはアレルギーを起こしやすく、同じタンパク質でも経口摂取するとむしろアレルギーは改善されるという話題を報道していました。それを利用してスギ花粉症の治療米が開発され、そのお米を食べるだけでスギ花粉症が治り、花粉症の女性がマスクをせずにお花見を楽しんでいる姿が出ていました。スギのタンパク質の内、Tレグ細胞を活性化させるタンパク質を遺伝子操作でお米に組み込んで、それを食べることでスギアレルギーを治そうというのです。実はこの話題は数年前からアレルギー学会で出ていて、僕も期待していました。しかし一昨年頃の話しでは、薬は厚労省、お米は農林水産省、その縦割り行政の弊害で実現は困難との話しでした。それがTVでは直ぐにでも世に出てきそうな勢いで報道されていました。半分諦めていましたが、もしスギ花粉治療米が誰でも食べられる様になると嬉しいですね。

 もう一つ、僕の花粉症が軽くなった理由を、毎日ヨーグルトを食べるからではないかなんて密かに思っていますが、違うかな〜? (^_^;

IMD(侵襲性髄膜炎菌感染症)

 髄膜炎菌という細菌がいます。IMDはその髄膜炎菌による重症感染症をいいますが、現在日本では患者数は極わずか。日本全国で一年間に10〜20人程度の患者しかいません。しかし今それが注目されています。

 髄膜炎菌という名の通り、髄膜炎を起こしますが、おたふく風邪などのウイルス性髄膜炎と違って細菌性髄膜炎です。ヒブや肺炎球菌と同様、いやむしろ症状の進行は激烈且つ重症かも知れません。早期に適切な治療がなされたとしても発症者の5〜10%は24〜48時間以内に死亡すると報告されています。為す術もなく亡くなってしまうこともあるようです。しかも初期症状は風邪と同じような症状で早期診断は困難です。命が助かった場合でも難聴、神経障害、四肢切断などの後遺症が生涯残ると報告されています。4歳未満の幼児だけでなく15〜19歳も好発年齢だそうです。幸い僕は経験したことがありませんし、稀な疾患でこれまでしっかりと勉強もしておらず学生程度の知識しかありませんでした。それが何故今、注目されているか。

 IMDは世界では特にアフリカで患者数が多く、欧米でも保菌者はかなりの率でいるそうです。日本でも戦前は患者数が多かったのですが、それがどんどん減少し、極希な感染症となりました。そのはっきりとした理由は不明ですが、一つには抗生剤の乱用にあるのではないかと考えられているようです。従って抗生剤の適正使用が広まれば再び欧米の様に増加してくるのではないかと懸念されているのです。

 その髄膜炎菌に対するワクチンが日本でも承認されました。間もなく発売されるでしょう。米国では11〜12歳で初回接種。16歳での追加接種が推奨されています。患者は4歳未満の幼児でも少なくないので日本でのスケジュールがどのようになるかはまだ分かりません。ただやはり最近の他のワクチン同様かなり高額で、ロタのワクチンの総額と同じくらいのようです。1回で良いのですが、1回の費用が大きすぎるのも負担ですよね。しかしきっと日本でも大きな問題になってくるでしょうね。
また新しい情報があればご報告します。