記事一覧

子どもが子どもを生きること

ファイル 419-1.jpg

 「まず腕白小僧を育てないと、良い人間を育てることは出来ない」
ジャンジャック・ルソーの言葉です。土曜日に開催されたFOUR WINDS青森の特別講演会で渡辺久子先生が引用されていました。腕白小僧を育てるにはAKUが必要。AKUとはA(あぶない)、K(きたない)、U(うるさい)。AKU(悪)を制御できると大人になる・・・。
 講演会は100名以上の参加者があり、希望者を途中から断らざるを得ませんでした。もっと大きい会場を用意すれば良かったとちょっと後悔。
しかしそれほど広くない会場のお陰か先生も聴衆の顔がよく見えたそうで、食い入るように聴いてくれている参加者に先生の話しも熱を帯び、予定時間を遙かにオーバーして2時間半もの長い講演会となりました。しかしアンケートにはほとんどの方が長く感じなかったと書いてくれました。

僕のノートには他にも沢山のフレーズがメモしてあります。
こころ、脳は関係・環境・体験で作られる。
欧米は母親の子宮のような社会を作っている。
人は間主観性という言語的コミュニケーションにより、響き合いながら生きるもの。
赤ちゃんは相手の意図と雰囲気を見抜く。赤ちゃんを尊重しよう。赤ちゃんは既に7ヶ月でプライドを持つ。
父性は家庭に必要。父親の育児参加で子どもが二十歳になった時、遙かに自己肯定感、社交性が高くなる。
まだまだありますが、この辺で。

 久子先生には秋のFOUR WINDS全国学術集会でも基調講演をお願いしました。弘前大会には他にも著名な何人かの先生をお呼びし、心の「響き合い」というテーマの下、よくこれだけのプルグラムを作れたものだと自画自賛しています。
是非、沢山の方々が参加してくれることを願っています。
大会HPは次の通りです。
http://www.j-kodomo.com/FOURWINDS_Hirosaki/

小山先生のこと

 僕の高校生の頃の話しです。友人と野鳥観察をしようということになりました。その頃はまだバードウォッチングなんて洒落た言葉はありませんでした。お小遣いで買った安い双眼鏡を首に下げ、森を歩いていた時に出会ったのが小山先生でした。先生と親しくなり、仲間達と「千歳野鳥の会」なるサークルを作り、日曜日には毎週のように先生と森を歩きました。大学で山岳部に入ったのも、山へ行けば変わった野鳥が見られるかも知れないと思ったからでした。その頃、先生は養護学校に勤めていらっしゃいました。生物学が専門で、部屋には沢山の蜘蛛の標本がありました。趣味はカメラとギター。穏やかな暖かい先生でしたが、奏でるギターの音は激しく、ユパンキの曲を僕たちの前で演奏してくれました。
 大学受験で理学部の生物学科と医学部を受かった時、迷って先生に相談しました。生物学はやりたかったけど、打差的に考えると医学部を選ぶべきかと迷っていたのです。先生は「医者も面白いよ。子どもにお薬を出す時は体重やら何やらで、その子その子で違うんだよ」と教えてくれました。今思うと、小児科医としての自分のスタートはそこだったのかも知れません。間違いなく自分に大きな影響を与えてくれた先生の一人です。

 先日、親しい友人から連絡がありました。小山先生が亡くなったと。ネットで小山先生のことを調べていて知ったそうです。そして先生の歌をYouTubeで聞くことが出来ると教えてくれました。教えられた通りに検索し、YouTubeを開いてみると、そこには懐かしい小山先生の歌声がありました。良い曲でした。先生はきっと素敵な人生を生きたのだと思えました。もし良かったら皆さんも聞いてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=NjDZHuJfkZ0

「遠い流れに」
   1998年作 詩:小山心平/曲:北インド伝承曲

いつの日にか 遠い流れに
舟浮かべ 旅立とう

山ふところの 小さな村に
思い出を 残して

私は今 静かにゆれ
みなも遥か 彼方まで

時は止まり 夢の中を
川は流れ つづける


何もいらない あなたといれば
二人の旅が 続くから

夜空の星に 届けよ願い
語り合う ひととき

私は今 静かにゆれ
波の音を どこまでも

時は止まり 夢の中を
川は流れ つづける


どこを行くのか 遠い流れは
あまたの出会い また別れ

果てることのない いのちの大河
さだめのまま とうとうと

私は今 静かにゆれ
まぶた閉じて いつまでも

時は止まり 夢の中を
川は流れ つづける

川は流れ つづける

メーリングリスト

ファイル 417-1.jpgファイル 417-2.jpg

 今、いくつかのメーリングリスト(ML)に入っています。全国の小児科医のMLや予防接種のML。他にも病児保育のMLや禁煙支援のML、津軽の小児科医のMLなどなど。秋のFOUR WINDS弘前大会準備のために自分で作ったMLもあります。中でも最大の全国の小児科医のMLの会員はおそらく3000人を越えているでしょう。会員数が多いこともあって毎日の投稿数は3,40通にもなります。とても全部は読んでいられませんが、しかし新しい情報も沢山あり、随分と勉強になっていました。
 その最大のMLの管理者からサーバーを変更するとの連絡がありました。うっかり更新を忘れていたら6月に入りメールが入らなくなりました。随分と静かでした。それでも他のMLや広告のメール、業者のメルマガなど入るのですが、メールの数は激減。平和だ〜。更新せずこのままでも良いかも、とつい思ってしまいましたが、やはり貴重な情報源です。これから自分でそのMLに秋の学会の宣伝をしなければならないし、と思い直し更新したのでした。

 思えば今の世の中、様々な情報であふれています。ややもするとそれらに振り回されそうになります。いや既に振り回されていると思った方が良いでしょう。通信手段も携帯電話が出来て、四六時中拘束されているようです。一昨年の夏、1週間北アルプスを登った時、山の上で、「今日は携帯つながるかな〜?」と毎日電源を入れていました。まあ安否を知らせたいという思いもあったのですが、僕も携帯依存症なんですね、きっと。もう逆戻りは出来ないでしょうが、昔は平和だったとつい懐かしんでしまうのでした。