記事一覧

今年の漢字

 毎年、漢字の日に清水寺で発表される「今年の漢字」は「安」でした。日米安保の「安」なのでしょうか。安心安全の「安」といかないところが残念です。各界の知識人達が今の日本を危惧しています。戦前の日本と同じ匂いがする、ひょいとあの時代に戻ってしまいそうな予感がする・・・などなど。積極的平和主義とは戦争放棄を積極的に世界にアピールすることだと僕も思うのですが、国のトップはそうは思っていないようです。次の時代を担う子ども達が心身ともに健やかに過ごせる平和な世の中を残してあげたいという思いは皆同じでしょう。その方法の話しなのですが・・・。親子という基本単位を支える地域社会、そして国という大きな単位。それらは密接に繋がっています。決して先の時代にあと戻りしないよう我々はしっかりと世の中の動向を見据える必要があると思っています。

 さて、当院の今年の漢字は・・・やはり「忙」でしょうか。兎にも角にも忙しかったです。完全にフリーの休日は全くなく、後半はほとんど山へ行けませんでした。帰るのも遅く、お陰で朝の自転車も乗れず、体力は落ちる一方。しかし学会を準備の過程は新しい人の輪を構築する過程でもありました。全国学会を主催することで得られたものは大きかったです。今回の学会を一度限りのもので終わらせることなく、子どもの心の学びを続け、地域との関わりを持ち続けることを実行委員の皆で誓いました。

 雪のないクリスマスイブですが、今週末には雪が降るようです。寒さも厳しくなるでしょう。皆様、お体ご自愛ください。そしてよいお年をお迎えください。

胃カメラ

 開業してからというもの、自分自身の健診と言えば血液検査だけで胃や腸の検査は受けてきませんでした。しかし自分もおじいちゃんと呼ばれてもおかしくない年となり、そろそろ自分もしっかり健診を受ける必要があるのかしらと、去年から医師会がお膳立てしてくれている半日人間ドックなるものを受けています。今年も11月末の日曜日、その人間ドックを受けてきました。血液検査だけでなく、便、尿検査、胃の透視、眼底検査、聴力検査などなど。
 案の定、体の様々な箇所が悲鳴を上げていました。まず左の聴力低下。これは片側性でもしかして滲出性中耳炎?と思いお薬を内服し、今年は少し改善。眼底の神経乳頭陥凹。これはまだ受診していません。今年もD判定(要精査)。そろそろ受診しようかしら。両腎嚢胞に胆管拡張。これは今更しょうがない。去年の胃潰瘍疑いを放っておいたら今年は胃ポリープ疑い。これはちょっと不味いかなと知り合いの内科医に相談したら急遽内視鏡の検査をすることになりました。金曜日午前の診療を12時で切り上げ、鼻からカメラを入れて内視鏡検査を受けてきました。結果は2、3個の胃腺腫。良性の腫瘍ですが、(これが悪性化することもあるし)まあ3年に一度内視鏡検査を受けると良いでしょう・・・だそうです。取りあえずは安心して良さそうです。

 他にも血圧は高いし、腰も痛いし、全身ががたがたです。まあ老いると言うことはそういうことなのでしょう。上手に老いと付き合って、今自分が為すべきことを為すしかないのでしょう。

 これからは少し体の負担を減らして、上手に生きて行こうと考えていたのでした。

60点主義

 内藤寿七郎とうい日本で初めてシュバイツァー博愛賞を受賞された著名な先生がいらっしゃいます。日本小児科医会の初代会長だったそうです。7,8年前に101歳でお亡くなりになったとか。先輩の先生から話を聞いただけで、自分では直接お目にかかったことも講演を聴いたこともありません。その先生が書かれた「育児の原理」という本があります。ベビーカーのアップリカから発行されており、一般の書店では手に入りません。その中古本をアマゾンで手に入れました。今日の話題はその中から。

児童心理学者の故波多野勤子さんのことが紹介されていました。
波多野さんは商家に嫁がれ、家業の手伝いから家事まで心身ともに休まる暇もありません。
そこへお子さんが生まれました。
これ以上はもう無理だと悩み、考えぬいた末に「そうだ六十点主義でいこう」と思いついたのだそうです。
すべてに百点満点を目指すから身動きがとれなくなる。
六十点ならなんとなかるのではないか、
一度そう決めると、心に余裕ができて、
お姑さんとの間も、家業も家事も育児も、
今までより、かえってうまく運んだそうです。

完璧を求める必要はありません。bestを求めるとお母さんだけでなく赤ちゃんも疲れます。good enough、ほどよく良ければそれでOK。

内藤先生は書かれています。
何がいちばん赤ちゃんにとって必要なのかを考える心のゆとりを持ちましょう。
それだけをする。
そしてそれ以外のことは、思い切って手を抜いてみてください
と。