記事一覧

ロバートソン・フィルム Jane

ファイル 444-1.jpg

 日曜日、渡辺久子先生によるロバートソンフィルムのセミナーに参加してきました。ロバートソンフィルムは愛着理論を確立したボウルビィの弟子のロバートソン夫妻によって、1950年代にイギリスで撮影された子どもの発達心理行動研究のためのフィルムです。そこには2歳前後の子どもが次子の出産のため母親と離され、里親や乳児院に預けられ、「自分に何が起こっているか分からない」戸惑いや不安が克明に記録されています。世界中の子どもの心のケアに関わる人たちがこのフィルムを繰り返し何度も視聴し学んでいます。母子分離をテーマにした全5巻の白黒フィルムですが、今もそのフィルムから多くのことを学ぶことが出来ます。

 今回のフィルムは「Jane」、17ヶ月の女子でした。Janeは暖かい家庭で育てられました。ただ父親は規律正しく育てようとしました。母が入院し里親に預けられたJaneは初めの数日、快活で機嫌良く、むしろちょっと大げさに笑っていました。その笑いは少し不自然に見えました。そして里親のロバートソンさんがわざと姿を隠すと、Janeはご近所だった自分の家の庭のドアを開けようとします。そのJaneの仕草はちょっと後ろめたそうに見えました。Janeの笑顔は毎日変わります。4日目ようやくJaneは泣き出します。イヤイヤをします。やっと素直な自分を出せたのです。久子先生は、泣かずに過ごす3日間を善し悪しは別にしてJaneのdefense力の高さだと言っていました。ロバートソンフィルムの他のどの子も、母親と分離された数日間に表情や仕草が激しく変わります。その対応を間違えるとそれは大きな心の傷となり、その後の人生にも影響するのです。

 第一次反抗期とも言われる2歳前後は最も不安定な時期です。なんでも自分でやりたがるかと思えば親に激しく甘えてきます。子どもの対応に難儀するお母さんも多いかと思います。この時期は親に嫌われるのではないかという不安の強い時期でもあります。そんな時期の突然の母子分離が子どもに大きな影響を及ぼすことは当然のことなのです。久子先生は保育園に預けるのならそれより早いかもっと遅い時期にするべきだと言っています。お子さんを保育園に預ける方も多いかと思いますが、ちょっと心に留めておいてくださいね。

写真は貿易センタービルからみた東京タワー。スマホで撮ったのでこれが限界です。展望台には大きなカメラを抱えたヒトが沢山集まっていました。

検査結果

ファイル 443-1.jpg

 メルマガでは既にお知らせしたのですが、1月末のバイオプシーの検査結果を12日に聞いてきました。結果は陰性、癌はないとのことでした。
 今まで表に出していませんでしたが、疑っていた病名は前立腺癌でした。昨年末、ピロリ菌の抗体価を調べるついでに、偶然検査したPSAが高かったのです。PSAは前立腺癌の腫瘍マーカーで特異性が高く、前立腺癌で検索するとPSAが高いだけでも手術の適応と出ていました。前立腺癌は早期であれば比較的予後のよい病気です。間寛平さんや畏れ多いですが天皇陛下も同じ病気でした。そんな訳で、初期だしまあ死ぬことはないだろうとあまり心配していなかったのです。それでも手術は必要だろうと覚悟していました。そのため2月末の健診の予約をストップし、入院に必要なものを準備していたのです。しかし幸いにも病理検査の結果は陰性。腑に落ちないところはありますが、先ずは良かったです。この後はPSAの値で経過を観察することになります。今は2ヶ月後のPSAが正常に戻っていることを祈っています。

 予後は良いとは言え癌は癌ですから、この1ヶ月半やはり多少は抑うつ気分だったのでしょう。ニセコも心からは楽しめず、山へ行く気力も湧いてきませんでした。
 今回、色々と勉強になりました。これまで沢山の死を見てきましたが、自分自身の死を現実のものとして考えることはありませんでした。それと向き合うことで、周りに優しくしている自分に気付きました。いつもならストレスフルな状況にとげのある言葉が出てしまうこともあるのですが、優しく診察している自分がいました。半分くらいは覚悟できたからかも知れません。今回は大丈夫でしたが、何時また病気になるかも知れません。常日頃から覚悟できている自分でありたいです。

 外来で多くの方に元気になってくださいと声を掛けていただきました。皆様、心配してくれてありがとうございました。
松原は先ずは元気です。もうしばらくは仕事できそうです。

 写真は昔撮ったニッコウキスゲ。子ども達がみんなこの花のように元気に輝いて欲しいです。今年は山も行ってまた花の写真を撮ってこようと思っています。良い写真が撮れたらまたアップしますね。

夜泣きに「笑顔の無言療法」

 外来で赤ちゃんの夜泣きのことを相談されることがあります。僕は「良いお薬があるよ。漢方薬が8割くらいの子には効くよ」とお話しして甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)を処方します。これはクッキーの原料のようなお薬で甘くて飲みやすく、副作用はありません。もう一つ、抑肝散も夜泣きに使うことがあります。しくしく泣くような夜泣きに甘麦大棗湯が有効で金切り声で泣くような夜泣きには抑肝散が有効と言われています。また漢方薬には「母子同服」という考え方があります。これは子どもと同時に母親にも服用させるというものです。甘麦大棗湯は不安を鎮める働き、抑肝散はイライラを鎮める働きがありますが、赤ちゃんの夜泣きの原因は、母親の不安やイライラを赤ちゃんが間主観的に感じる(心と心が響き合う)ことによることが多いからです。
 夫やお姑さんとの意見の食い違い、アパートで赤ちゃんの泣き声がご近所さんにに迷惑になってはいまいかと心配したり、それらのお母さんのストレスを赤ちゃんが感じて夜泣きしてしまうことがあります。内藤寿七郎先生の「育児の原理」には夜泣きはいずれ治るものと家族もご近所の方も大らかに接してあげて欲しい、そうした思いやりが夜泣きを一番早く治すとありました。

 「育児の原理」にはもう一つ夜泣きの治療法が書いてありました。それは「笑顔の無言療法」。神経質な赤ちゃんに言葉をかけすぎると夜泣きが始まることがある。もしこれといって夜泣きの原因が見当たらない場合、言葉のかけすぎを疑って、1週間くらい“だんまり作戦”という無言療法が効果あることがあるのだそうです。これは声を出さないで笑顔だけで赤ちゃんに接し、かまわれすぎて高ぶった神経を鎮める治療なのだとか。
赤ちゃんの夜泣きでお困りの皆さん、一度試してみてはどうですか?
「治ったら普通の態度で接すること」とただし書きもありました。

バイオプシー

 先週金曜日、クリニックを休診にして1泊入院し、バイオプシー検査(生検)を受けてきました。組織を取って顕微鏡で見るのですが、ドクターは痛覚神経がない場所だから痛くない、無麻酔でやりますと言っていました。そうは言っても痛いものと覚悟はしていましたが、やはりちょっと痛かった。まあ我慢できる痛さではありましたが、10カ所も刺されては流石にもう無理と最後は叫びそうになりました。結果を来週聞きに行くことになっています。
多分、手術になるだろうと覚悟はしています。おそらく1週間程度の入院で済むと思うので、2月の22日の週をお休みして、3月から復帰、と思っているのですが、大学病院の都合もあるのでそう上手くいくかどうか。

 11月の採血で正常だった腫瘍マーカーが、ほんの1、2ヶ月でどんどん上昇するとは思いませんでした。12月に同じ検査をしたのは偶然で、それはホントにラッキーでした。しかし何故でしょう。やはり1年間のストレスで僕の免疫力が低下してがん細胞を叩けなくなっていたのかも知れないと思うのです。いつもなら山へ行ってレフレッシュするのですが、それも出来ませんでした。
少し仕事を減らして健康を取り戻そうと思っています。
 そんな訳で4月から診療時間を1時間短縮することにしました。そして自分のやりたかった医療をしようと思っています。健診や予約方法が少し変わります。詳しくは“お知らせ”に載せることにしました。近日中にupしますのでご覧ください。