記事一覧

世界三大夜景

ファイル 478-1.jpg

昨年、自分が主催し弘前で開催されたFOU RWINDS乳幼児精神保健学会、今年の開催地は長崎でした。大会のテーマは「いま、ふたたび愛着について考える」
大会で自分がもっとも印象に残ったのはシンポジウムのテーマだった愛着と甘えの考察でした。
その違いとは・・・
愛着が一方向であるのに対し、甘えは双方向。つまり愛着は一方通行の感情であるのに対し、甘えはお互いが影響し合う感情。例えば物にだって愛着の感情は起こるが、甘えの感情は起こらない。
澤田敬先生が日頃から「甘えは間主観性の世界」と言っていた意味がようやく分かりました。前々からのアタッチメントと愛着、そして甘えについてのモヤモヤしていた思いが整理された有意義な大会でした。

さて、長崎は世界三大夜景の一つとして知られています。懇親会の後、スタッフと夜景の見える稲佐山に登りました。(もちろんタクシーで)
確かに見応えのある素晴らしい夜景でした。街は異国情緒あふれた独特の雰囲気で、今度はゆっくりと観光目的で訪れたいと思いました。
カステラも美味しかったですよ (^_-)-☆

小さな小さな学習発表会

ファイル 477-1.jpg

 11月3日文化の日、校医をしている弘前ろう学校(略して弘ろう)の学習発表会がありました。今、弘ろうの生徒は小学生6人だけ、それに幼稚部の7人を加えても13人。ろう学校と言っても発表会は作品展示に劇やダンス、歌。他の小学校と変わりはありません。ただ小学生だけでは人数が少なすぎるので幼稚部も加えても発表会です、毎年近くの大和沢小学校からも応援が来てくれます。PTAの出し物まであります。生徒よりも先生の数の方が多く、実習生も来ています。父兄だけでなく、毎年卒業生も沢山来てくれ、とても生徒数13人の発表会とは思えない程に盛況な発表会です。何より僕が弘ろうの発表会が好きなのは生徒達が皆兄弟のように仲が良く、それぞれが助け合っている姿に心動かされるからなのです。
 最後の生徒代表の言葉を聞いて、熱いものがこみ上げてくるのを禁じ得ませんでした。きっと彼らは僕の想像以上の努力をしているのでしょうが、明るく生きています。とても可愛い子ども達です。