記事一覧

椎間板ヘルニア

 メルマガには書きましたが、2ヶ月近く前から痛み出したお尻の左側、最初はただの筋肉痛か、あるいは転倒したのが原因かな?と高を括っていたのですが、次第に痛みが強くなり、2週間前に知り合いの整形外科を受診。先週、腰のMRIを撮ってきました。やはり診察での所見通り、腰椎の椎間板ヘルニアでした。椎間板とは背骨と背骨の間のクッション剤のこと。椎間板ヘルニアとはそのクッションの中の綿が飛び出した様なもので、それが脊髄を圧迫し、痛みや痺れがくる疾患です。以前は手術で治療していたのですが、最近は原則として保存的療法、つまり安静にして飛び出した綿が吸収されるのを待つのが一般的です。ただ症状が重い場合は手術になるようです。治るまで3ヶ月から半年と言われました。「やった方が良いことと悪いことは?」と聞くと、「やった方が良いことはない。悪いことは腰に負担が掛かること。」
自転車はOK、スノーボード×、登山は当然×。フィットネスは腰に負担が掛からないものだけOK。

 さてさて、今年は秋まで山はお預けでしょうか。夏に南アルプスを登ろうと考えていたのですが・・・諦めました。しかし筋力が落ちるのは避けなければなりません。そのために自転車は続けるつもりです。山へは行かず、今年はバイクを楽しむことにしましょう。腹筋を鍛えるには・・・馬鹿にしていたスレンダートーンでもやってみようかしら (^_^;

 今は痛み止めが効いているのでそんなことを考えていますが、薬が切れた時は椅子から立ち上がるのもやっとです。動きが鈍くてしばらくは皆様のご迷惑をお掛けするかも知れませんが、ご容赦いただきますようお願いいたします。

それにしても色々トラブルがあるな〜

ニセ医学

 毎月、保険医団体から送られてくる雑誌の先月号の特集は “「ニセ医学」に出会ったら”でした。世の中には「ニセ医学」がはびこっています。特集ではその代表として「サプリメント」や「癌放置療法」、週刊誌の記事「飲み続けてはいけない薬」などが取り上げられていました。我々がそれらの「ニセ医学」に対抗するにはエビデンスに基づいた診療、治療の効果や副作用の分かりやすい説明、患者を叱らない、見捨てない・・・等々色々と書いてありました。

 エビデンス(証拠)に基づいた医療(EBM)ですが、僕はこれがくせ者かなと思っています。どの医者も自分では正しいと信じて医療を提供しているのですが、それが実は正しいとは限りません。例えば食物アレルギーの治療。「食べさせない」から「如何に食べさせるか」というように、この10年で180°と言って良いくらいに変わりました。今から思えば10年前の自分の医療はニセ医学と言っていいかもしれません。だからこそ、最新の情報を求めることが必要ですし、常に今自分が提供している医療を検証して行くことが必要です。そして間違いに気付いたら何時でも修正出来る柔軟性が必要なのです。

さて、あなたが今、病院で受けている医療は本当に正しいものですか?

模擬授業

ファイル 487-1.jpg

 先の土曜日、講演を頼まれたセミナーは発達障害の子ども達の教育に携わっている先生方のセミナーでした。セミナーはまず初めに模擬授業から始まりました。ADHDの特性を持った子ども役の先生とその他の子ども役、そして授業する先生とに別れての模擬授業は僕にとって新鮮で大変興味深いものでした。落ち着きがなく、教師の些細な言葉に反応し、周りの子ども達のことが気になって仕方ない子。そんな子どもを演じる先生も上手でしたが、その子達を相手に授業を進める先生も上手でした。シナリオはありません。全部アドリブ。先生方がいつも教えている子どもを演じているからでしょう。模擬授業はその先生役の授業の進め方の良かったところ、悪かったところを検証するという進行でした。
 当院でもそんな子ども達は沢山来ますが、学校の先生は正直大変だと思いました。そして授業をコントロールする教師の力量にクラス運営は大きく左右されるということが良くわかりました。

 医療機関はもっと学校と密に関わる必要があるようです。学校もそれを望んでいるのかもしれません。今回のセミナーに参加された先生方は大変勉強されていて理解のある先生です。しかし発達障害の子どもの教育に慣れていない先生は少なくないのでしょう。学校と医療機関とそれぞれ考えはあると思いますが、教師と医師では視点が違います。立ち位置が違います。お互いの思いにはずれがあり、すれ違いが生じ、誤解が生じることも少なくありません。セミナーの名称は「特別支援医教連携セミナー」という名称でしたが、残念ながら医療関係者の出席は僕だけでした。主催者のM先生は弘前でも開催したいと仰っていました。もし実現したら、M先生に協力し、広く医療機関にも広報するつもりです。その時はそんな子ども達に関わり、関心のある方々は是非ご参加ください。