記事一覧

絵本の読み聞かせ

ファイル 503-1.jpg

 先週、童話館から取材を受けました。童話館は長崎にある絵本の出版社です。前々から当院を取材したいと言っていて2年前に亡くなられた先代の社長さんの意志を継いでのことでした。社長さんは「何故ただの小児科医が子どもの心に診療に関わるようになったのか、その訳を知りたい」と仰っていました。澤田敬先生と一緒に弘前に来ると言っていましたので、もしそれが実現したら澤田先生の甘えの話しと社長さんの絵本の話しで特別講演会を企画するつもりでした。とても情熱的な方でしたので、お亡くなりになったと聞いてとても残念に思ったものでした。
 さて、今回取材に来られたのは若い女性の方でした。様々な質問の中で、絵本の話になり、僕が毎晩のように子ども達に絵本の読み聞かせをやっていたと話したら、彼女に「それでお子さん達は大きくなられてどのように育ちましたか?」と聞かれました。絵本を沢山読んであげてそれで子ども達がどう育ったかなんて考えてもみませんでしたから返答に困り、「読み聞かせで子ども達がどう育ったかは分からないけど、その時間は自分には幸せな時間だった」と答えました。その話しを帰って奥さんにしたら、「二人とも本が好きになったし、Y(長男)なんか学校の実力試験で問題文を読んでて、それが悲しい内容だったからテストを受けながら泣いてたって聞いたよ」と教えてくれました。二人とも感性豊かに育ったようです。どうも父親というものは自分の子ども達のことを良く分かっていないようですね。僕だけかな (^_^;

 長崎の大浦天主堂の直ぐ下に童話館の「祈りの丘 絵本美術館」があります。もし皆さんも長崎に行かれたら、ついでに覗いてみてはいかがでしょうか。小さいけど素敵な美術館ですよ。
写真は去年FOUR WINDSの学会で長崎に行ったときに撮ったものです。

八甲田レポート:ワタスゲ

ファイル 502-1.jpgファイル 502-2.jpg

 久し振りに何の予定もなくFreeとなった日曜日、八甲田を登ってきました。全国的に暑い一日となり、熱中症の注意報も出ていて、いつもより水分を多めに持って行きました。8時過ぎに酸ヶ湯に着くと、何があるのか大勢の登山客。広い駐車場ですが車が溢れ、自分の車を駐めることが出来ません。見ると横断幕があって「山開き登山大会」とありました。八甲田でも山開きをやっていたのですね。知りませんでした。どうして山開きなんてあるのだろう。春夏秋冬、それぞれの季節の山があるのに、その言葉が僕にはどうもぴんときません。ニュースで230人が集まったとありました。車を駐車場から外れたキャンプ場へと通じる道の路肩に駐め、彼らと一緒にならないようにと急いで支度をして登り始めました。

 山はすっかり盛夏。毛無岱の湿原では一面にワタスゲが風に揺れていました。今年のワタスゲは例年よりも見応えがありました。稜線ではミヤマオダマキが盛りを過ぎ、ヨツバシオガマやイワブクロなどの夏の花が可憐な花を咲き始めていました。

 それにしてもどうして人は群れたがるのでしょう。特に日本人は群れたがるようです。イワシなどの弱い魚が群れるのは身を守るためと言われています。スズメやムクドリは冬になると群れを作って行動します。その方がエサを見付けやすいからでしょうか。渡り鳥が群れて飛ぶのは空気抵抗を減らすため。動物の群れはそれぞれ意味が異なるように思います。さて、日本人は何故群れたがるのか。集団の方が楽しいから? 一人だと不安だから? 人任せに出来て気楽だから? 自分で責任を負わなくて良いから? 多分、山へ入ってみたいが経験も少ないし、1人だと不安だからといったところでしょうか。
 仲間と行くのが楽しいという人も居るでしょうが、僕は周りに人が沢山いると、自然の声が聞きにくくなるけどなあ。1人か、気心の知れた山仲間2、3人で登るのが好きです。

 子ども達が群れるのも特別な意味があります。思春期の子ども達の発達課題はアイデンティティの確立とそこから導かれる親からの独立、親離れです。その試練に立ち向かう不安を和らげてくれるのが友人達です。仲間を作り、徒党を組み、子ども達は巣立ちの準備をします。しかし中にはその友人を作れない子どもも居ます。そんな子ども達をサポートしてあげたいと願い、その手段、方法を模索中です。

滑液包炎と五苓散

ファイル 501-1.jpgファイル 501-2.jpg

 メルマガには書いたのですが、3週間前の木曜日に突然左肘が痛み出し、その夜の悪寒倦怠感と全身の関節痛。そして次の朝には僕の左肘は大きく腫れて、蜂窩織炎と診断しました。焦って抗生剤の点滴と内服、患部をクーリングし痛みは1週間程で軽快しました。しかしその後も浮腫が取れず、皮膚科の先生に相談したところ、消炎剤が良いというアドバイス。そこでロキソニンをしばらく飲んで浮腫は治まりました。ところが今度は左肘の関節周囲にボヨ〜ンと柔らかな腫瘤が出来てしまったのです。超音波で見てみると、厚めの皮に覆われた囊胞がありました。中身は水(漿液)のようです。これは困ったと、また皮膚科の先生に診てもらいました。診断は滑液包炎。ネットで調べると、長時間肘をついたり、細菌感染が原因となることがあるようです。今回は蜂窩織炎が原因でしょう。しかし待てよ・・・ひょっとして毎日プランク・エクササイズをやっていたからそれが原因かも。椎間板ヘルニアの治療として春からずっとやっていたのですが、まさかね。

 さて、その滑液包炎の治療ですが、皮膚科の先生は自然に引けるのを待っていても良いのではと言っていました。でも試しに五苓散を飲んでみることにしました。そうすると一日で囊胞が少し小さくなった気がします。これは良さそうです。
 五苓散は嘔吐下痢症でよく使います。喉が渇くけど、飲むと吐くといった症状の時、最も有効です。その元々の薬理作用は体内の水をコントロールすることです。頭がむくんでの頭痛や、足の浮腫にも有効です。漢方薬というと、長く飲んでゆっくり効く薬と思われがちですが、小児科でよく使う漢方薬は即効性のものが多いのです。五苓散はその効果を実感できる優れたお薬の一つです。


プランク・エクササイズ
 床にうつぶせに寝て、体を真っ直ぐにし、立てた肘とつま先とで体を支えるエクササイズです。インナーマッスルのトレーニングとして、ヘルニアで受診した整形の先生に勧められました。それを朝夕、3分ずつやっていました。ウエストのサイズダウンに効果的。腰のくびれも出来るそうですよ (^_^)v