記事一覧

スマホと脳機能

 先週、NHKのクローズアップ現代という番組でスマホと脳機能の話題が取り上げられていました。「最近30〜50代の働き盛りの成人で、物忘れが激しくなったり、意欲の低下、感情鈍麻などの症状がみられる人が増えてきた。その原因としてスマホが原因ではないか」と趣旨の番組でした。つまりスマホからの膨大な情報が絶えず入ってくることにより、それを処理しきれなくなっていると言うのです。「スマホによる脳過労」「オーバーフロー脳」などと呼ぶ脳科学者もいるとか。脳が情報処理するには“ぼんやり”する時間が必要なのだそうです。それが四六時中スマホをみることで脳が疲れ切り、情報がオーバーフローする(脳から溢れる、漏れ出る)ということなのでしょう。脳の過労状態は脳血流量も低下するそうで、その結果、脳機能が低下し、記憶力低下など様々な症状として出てくるということのようです。それから回復するには、スマホやタブレットなどを断ち、自然に親しみ、のんびりと過ごすことなのだそうです。
きっと子どもの脳には、大人以上にその影響が出るでしょうね。

下にテレビに出ていたスマホ依存の行動チェックリストを挙げておきます。皆さんはいくつ当てはまりますか?

 1.スマホはいつも手元にスタンバイ
 2.時間が空いたらスマホを取り出す
 3.疑問が浮かんだら、すぐに検索
 4.覚えておくために「写メ」を撮る
 5.スマホなしでは初めての場所へ行けない
 6.スマホ以外で調べものをしない
 7.いつも時間に追われている
 8.情報に乗り遅れることが怖い
 9.着信音やバイブレーションの空耳が聞こえる
 10.夜、ふとんの中でスマホをやっている

実はこの表を「スマホ」で撮影している僕でした (^_^;

第2回特別支援医教連携セミナー IN 弘前

ファイル 559-1.jpg

 今週の土曜日、青森県武道館で第2回特別支援医教連携セミナー IN 弘前が開催されます。これは以前(昨年の3月)にもこのブログで紹介したセミナーの第2回目になります。昨年は健生病院の加村先生に小児科の講演をお願いしました。今年は誰にしようか迷って、候補は何人かいたのですが、やはり一度は自分が話そうと決めました。
講演のタイトルは「子どもの行動の意味を考える」
 実は昨年の暮れに青森県教育相談研究会から依頼されて講演したのですが、その時のものを少しだけ手直ししてお話しすることにしました。先の研究会は2時間の長い講演でしたが、今回は40分のショートバージョンです。

「全ての事象には意味がある」と考えています。咳の意味、発熱の意味。子どもが泣く意味、泣かない意味。同じように大人にとって子どもの困った行動にもそれなりの意味理由があります。その理解と共感なくして子どもの行動を変えることはできないと思っています。

 昨年は80名を超える参加者がありましたが、今年はまだ60名を少し越えるだけのようです。まだ席に余裕があります。もしご興味のある方はどうぞご参加ください。

申込先:TOSS東北中央事務 黒滝誠人 kurotaki77mktあyahoo.co.jp
上のアドレスの「あ」を「@」に変えて
件名:医教弘前 申込み 
内容 1.氏名 2.メールアドレスまたは電話番号 3.住所 4.勤務先
を添えてお申し込みください。
 

八甲田レポート:樹氷

ファイル 558-1.jpgファイル 558-2.jpg

先の日曜日、まだ膝や腰は痛くどうしたものかと迷いましたが、久し振りに何の予定もないfreeな日曜日、そして眩しく澄み切った青空に、途中(避難小屋)まででも登ってみようと八甲田へと車を走らせました。山は去年の秋以来ですから、4ヶ月ぶりの山登りでした。

好天に誘われてか予想以上に多くの登山客でした。年配の方も少なくはありません。おそらくこの日、山頂まで登った人は15、6人はいたでしょう。避難小屋まで登った僕も、ここまで来たら上まで登らない訳にはいかないと山頂を目指しました。先日記念病院を受診した際、ご高齢の院長先生が、「スポーツ外傷はほとんどがオーバーワークによるものだ」と言っていたのを思い出しました。確かにその通りでしょう。しかし引き返せない性分なのです。雪山は登るには辛いですが、下りは柔らかい雪で膝への負担は軽いはずです。
途中で歩けなくなったらどうしようと不安はありましたが、予想通りに膝は何とか持ちこたえてくれました。
良かった〜 (^o^)

今年の樹氷は見事でした。山の斜面には大きなスノーモンスター達が立ち並んでしました。山へ来ると心落ち着きます。次はボードを担いで登ろうと決めていました。

インフルエンザの2度罹り その2

 今期、同じA型のインフルエンザに2回罹る子どもがいることが小児科医のMLでも話題になっていました。どうやら今、二つの型のA型インフルエンザが流行しているようです。一つは以前、新型インフルエンザとして問題になったAH1pdm09。もう一つはAH3いわゆるA香港型。同じA型でも多少遺伝子は違うので2回罹ることはあります。さて、どうなのでしょうね。当院で経験した2例も2つの型のA型インフルエンザに罹ったのかも知れません。しかし免疫ができずに同じ型に罹ったのかも知れませんし、それは調べられていなので分かりません。ただ自分自身は抗インフルエンザ薬は使ったことはないし、マスクをしなくてもインフルエンザには滅多に罹りません。何度か罹って免疫が強くなり、罹りにくくはなっているのでしょう。シーズン初めに何となく体が重いのは、発熱や咳は出なくても軽く罹っているのだろうと思っています。そんな時は漢方薬を飲んで、早くに寝ることにしています。


 さて、今期、呼吸障害で積極的な治療が必要な子が数名出ています。新型インフルエンザのパンデミックの時もそうでした。おそらく同じAH1pdm09のインフルエンザに罹って呼吸障害を起こしたのだろうと思っています。ただどの子も診断前に発症から1日以内(第0〜1病日)で合併症を起こしていました。初診時、あるいは翌日インフルエンザの診断確定時に既に呼吸障害がありました。つまり抗インフルエンザ薬を投与する前に既に呼吸困難の症状が出ていたのです。
 インフルエンザはほとんどが安静にしていれば治りますが、やはり稀にある合併症には注意が必要です。そしてそれは抗インフルエンザ薬を使用すれば防げるものではないと考えています。

インフルエンザ=抗インフルエンザ薬はやはりおかしいです。


それにしても昨今、患者さんも園・学校・会社も加えて医療機関も、検査キットに振り回されていると思いませんか?