記事一覧

マタニティ・ベビーフェスのご紹介

ファイル 579-1.jpgファイル 579-2.jpg

 9月23日秋分の日、弘前に乳幼児精神保健学会FOUR WINDS会長の渡辺久子先生をお迎えし、ヒロロの文化交流館ホールにて講演会が開催されます。午前の部は一般向けで講演タイトルは「赤ちゃんバンザイ」、午後は子どもと関わる分野の専門職対象の講演でタイトルは「乳幼児精神保健の基礎と臨床」です。

 弘前市はヒロロに「子育て支援包括支援センター」を作りました。母子手帳の発行から様々子育て支援に関わる様々な事業を全て一カ所に集めたのです。その包括支援センターが秋分の日にマタニティ・ベビーフェスを企画したのです。そしてそのフェスで講演会を企画し、渡辺先生を招聘したいと僕に依頼がありました。丁度、我々FOUR WINDS青森でも渡辺先生を呼んで勉強会を開催するつもりでしたから、それは渡りに船と弘前市に協力することにしました。そして渡辺先生の方からの提案で「折角弘前に行くのだからスタッフ向けの講演もやりましょう」との申し出を有り難くお受けし、1日に二つ、講演して貰うことになりました。渡辺先生に講演のタイトルを伺ったところ、「それは先生が決めてください。タイトルに合わせたお話をします」と言われてしまいました。それならばと自分の思いも込めたタイトルを考えました。

 そんな訳で9月23日、僕が尊敬する渡辺久子先生の講演会があります。是非、多くの方にお越しくださいますようお願いいたします。

八甲田レポート:夏山

ファイル 578-1.jpgファイル 578-2.jpg

 お盆休み、予定していた旅行を家族の健康上の理由でキャンセルし、代わりに八甲田を登っていました。天気予報では猛暑が予想されており、早出して涼しいうちに酸ヶ湯を出発しました。
 朝の清々しい空気を満喫しながら森を歩き、毛無岱の湿原に出ると、夏のキンコウカが盛りを迎えていました。しかし稜線ではもう秋風が吹き始め、イワギキョウやアキノキリンソウなど秋の草花が咲いていました。

 自分は7時前に登り始め、気温がピークの昼頃にはもう下山していたのですが、それでも水分摂取が不十分だったようで、熱中症気味となり少しめまいを感じていました。しかし昼近くになって登ってくる登山客も多く、この暑い中を登るのは大変というか大丈夫かしらと案じていました。山で体調を崩すと大変です。以前、山で歩けなくなったまだ小さな女の子を助けたことがありました。お父さんにその子を背負わせ、ロープウェイの休憩室に運び、経口補水療法でなんとか回復しました。山では無理は禁物です。特に子どもと山を登るときは子どもの体力に合わせた計画を立ててくださいね。

ナラティブとエビデンス

 先週、大学の小児科学教室に出向き、医局の先生方に「子どもの心の発達の理解と臨床」というタイトルで1時間のお話をしてきました。この10年ほどで自分が学んできたことの一部を話しました。実は1ヶ月ほど前に小児科の教授の元を訪れ、大学の若い小児科医達に子どもの心の講義をさせてくれと自分から頼んだのでした。子どもの心の発達の理解は身体を診るときにもベースとなると考えています。自分は若い頃、それを勉強して来ませんでしたし、勉強する機会もなかったのです。心の状態は身体の病気にも影響します。小児科医のベースとしてその理解が必要と考えています。

 心理学者のエリクソンという方は人の人生を8つの発達段階に分け、それぞれの段階に心理社会的危機があり、達成すべき課題がある。それを乗り越えることで力(virtue)を獲得すると述べています。今の自分の年齢は下から2番目の壮年期に当たります。その課題は「次世代を育成すること」、心理社会的危機は「停滞」。正に自分が考えていることとだと思いました。今、僕が考えていることは如何に後を育てるか、種を蒔くかということです。

 さて、自分の拙い講義は大学の若い小児科医達に伝わったでしょうか。心の話しはナラティブつまり物語の世界です。一方、大学の先生方はエビデンス実証の世界に生きています。様々なデータを読み解き重い病気を治療して行きます。かつて自分がそうだったように、きっと若い先生方は目の前にある膨大な文献の山に四苦八苦していることでしょう。心の物語に耳を傾ける余裕はないかも知れません。異質と感じたかも知れません。しかし少しでも心の片隅にそれが残ってくれることを願っています。