記事一覧

おもちゃ

 クリニックに玩具を置くことを嫌う先生がいます。それは玩具を介しての接触感染を防ぐ目的です。しかし僕はそもそも風邪を予防する必要はない。それぞれが風邪を繰り返すことで免疫ができ、風邪に罹り難くなる。風邪を予防するには個人の免疫力を高めることだと考えていました。玩具は子どもにとって必要不可欠なものです。遊びの中で子どもの心は成長します。自分がクリニックを立ち上げるとき、たとえ風邪を引いていても遊べるようなクリニックを作りたいと思って、沢山の絵本や玩具を置きました。待合室のプレースペースで遊ぶ子ども達の声を聞くと自分自身も癒やされます。
  しかし今回の新型コロナウィルスの騒動でやむなく玩具を全部片付けてしまいました。それはクリニックが新しい感染症の温床となっては困ると判断したからです。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は子どもが重症化することはほとんどないようです。しかし高齢者や基礎疾患を抱えた大人は重症化し、亡くなる方も出ています。子どもは良くても子どもの面倒を見ている祖父母に移すわけには行きません。
早晩、日本中に蔓延するでしょう。検査の対象は限られ、子ども達は検査されることなく普通の風邪と同じ扱いになるでしょう。おそらく自分も感染すると思います。その覚悟は出来ていますが、家にいる高齢の父母に移すわけには行きません。

 いずれは多くの日本人が感染しそれぞれが免疫を獲得し、COVID-19は子どもの風邪の一つになるのだろうと考えています。もちろん不幸にして亡くなる方もいるでしょう。自分も免疫がないので重症化するかも知れません。しかしいずれは普通の風邪と同じになるでしょう。簡易診断キットや治療薬が作られるかも知れませんが、そこまでは自分には分かりません。しかし今我々はCOVID-19に対し、必要以上に恐れることなく冷静に対処することが肝要と考えています。

 マスクの効果は限定的です。マスクは風邪を引いている人が周囲にウイルスをまき散らすのを防ぐのには有効ですが、健康な人が感染を予防するにはマスクだけでは不十分です。しかし今の段階で自分が罹るわけには行きません。自分が診療できなくなると、その影響は大きいでしょう。そんな訳でしばらく自分もマスクをすることにしました。それでも罹ってしまえばそれは仕方ありません。治るまで自宅で安静・療養するつもりです。

皆さんも罹らないためには、あるいは罹っても重症にならないためには次のことを心掛けましょう。
①ハードな仕事や運動で疲れをためない。
②疲れを感じたら休息を取る。
③保温と充分な睡眠を心掛ける。
④しっかり食べて栄養を付ける
⑤手洗い・うがい・マスクの着用
⑥人混みを避ける。
⑦感染リスクの高い救急外来をむやみに受診しない。

日本人の特性?

ファイル 591-1.jpgファイル 591-2.jpg

 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)が今も定期接種であることをご存じの方は意外と少ないようです。小学校6年から高校1年の女子は無料で接種することが可能です。自費で接種すると1回1万7〜8千円、3回接種で5万円程かかります。

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染が原因となって引き起こされる、20〜30代の若い女性で最も多い癌です。年間1万人の方が罹り、3千人の方がなくなっています。たとえ手術で命が助かっても子どもを産めなくなってしまうこともありマザーキラーともいわれています。

 2013年4月にこのHPVワクチンが定期接種となった直ぐ後、ワクチンを注射した後に強い疼痛やけいれん様の不随意運動を来した子ども達が出て、国は6月には積極的に勧奨することを止めてしました。その子達の不随意運動はYouTubeにアップされ、ニュースでも取り上げられました。その映像は衝撃的で、ワクチンの接種を不安に思われた方が大部分だったのではないでしょうか。その結果、開始直後8割ほどあった接種率はほとんど0%にまで落ち込んでしまいました。
 しかしそれらの症状が本当にHPVワクチンワクチンが原因かどうかに様々な検証が行われた結果、現在では不随意運動とワクチンの間に因果関係はないという結論が出ています。

 さて、僕が不思議に思うのは何故国がワクチンの勧奨の差し控えの解除をためらうのかということと、マスコミが何故真実を伝えようとしないのだろうということです。ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑先生が受賞後のインタビューでこのHPVワクチンワクチンのことを話されていました。「原因ではないことの証明は不可能だ。しかしそれが原因だという証拠が見つからないということは原因ではないということと同じなのだ」と。しかしマスコミはこの本庶先生のコメントを完全に黙殺しました。テレビも新聞も全く伝えなかったのです。

 日本では予防接種は完全に安全であることが求められるようです。100%安全なワクチンはありません。しかし危険性はほとんど0に近いのです。疾患に罹る危険性とワクチンで守られる安全性とを天秤に掛けると当然接種するのを選ぶと思うのですが、何故日本人は100%の安全を求めるのでしょう。理性より感情論が支配しているのが日本人の特性なのかも知れません。

 もちろん接種後に様々な症状を訴えた少女達へのケアは必要ですが、このままの接種率では10年後、20年後に子宮頸がんは世界で日本だけの病気になってしまいます。


 現在、日本では2価と4価の子宮頸がんワクチンを接種可能ですが、諸外国では既により有効な9価のワクチンが導入されています。また女児だけでなく男児にも接種されています。というのもヒトパピローマウイルスは女性の子宮頸がんの原因となるだけでなく、男性も罹る治療がとても厄介な尖圭コンジローマや更には咽頭癌の原因にもなり男女ともに接種することが推奨されるのです。


 それでも徐々にワクチンを接種する子ども達は増えています。皆さんも対象年齢の少女をお持ちの方は是非HPVワクチンの接種をお勧めします。

 写真は先日弘前で長崎大学小児科教授森内先生をお招きしてHPVワクチンの講演のスナップ写真です。実に分かり易い講演でした。