記事一覧

With コロナ

ファイル 616-1.jpg

  新型コロナに関して分からないことはまだまだ多いのですが、分かってきたことは沢山あります。まず皆さんに知って欲しいことは新型コロナウイルスを封じ込めることは不可能だと言うことです。それは軽症者や不顕性感染者がとても多いからです。国民全てを検査し感染者を見つけ出し、隔離することは不可能です。
 国は当初から封じ込めは目指して来なかったように見えます。もし中国の武漢のように世界中が強力な国家権力で完璧なロックダウンを行えば封じ込めは可能だったかも知れません。しかし今の日本や欧米ではそれは出来ません。中途半端なロックダウンが功を奏しないのは今の世界をみれば分かることです。僕は日本のクラスター対策を評価しています。出来るだけ市中感染を防ぎ、小規模のクラスターをその都度押さえ込み、長期戦でダラダラとつき合っていくしかないのだと考えています。
 最近、マスコミの報道が少しずつ変わってきたように思います。世間の風潮も変わって来たようです。コロナに慣れたのか不安感危機感が薄らいでいるようです。しかし一気に感染爆発が起こることは避けなければなりませんから、皆がある程度の感染予防対策を取ることは必要でしょう。そのためにはある程度、危険性を強調し、行動の自粛を要請するようなメッセージの出し方もやむを得ないのでしょう。
  ただ、ゼロリスクを求める必要はありません。もちろん高齢者施設では重症化の比率は高いので、ゼロリスクを目指すことは必要でしょう。しかし十把一絡げで日本中が同じ対策を取る必要はないということです。地域ごと、集団ごとの適切な対策を取ることが求められるのだと思います。

  さて、子どもに関してですが、子どもは感染しにくく、感染しても重症化は少ないことが分かっています。もちろん重症化する子も稀にはいますが、それを見逃さず、適切に治療すれば良いのです。子どもが感染するのは主に家族からで、子どもが発端者となって保育園や小学校がクラスターとなることはほとんどありません。子どもの感染者も大人と同様にウイルスを排出するようですが、それでも子ども同士で移し合うことはほとんどありません。従って保育園では極端な感染予防策を取ることは必要ないと考えています。例えば保育園の子ども達全員がマスクを付ける必要はありません。外来で子ども達を観ていると未就学児でマスクを正しく付けている子はとても少ないです。幼児のマスクはあまり意味ないでしょう。家族の感染者の有無に気をつければ良いのです。
  今の青森の状況では保育士も保育中にマスクを付ける必要はないと考えています。日中、子ども達はずっと保育士さんと過ごすわけですから、その保育士さんの顔の下半分が隠れていては、表情を読みとることが難しくなり、子どもの心の発達に大きな影響を及ぼすのではないかと懸念しているのは僕だけではありません。実際、乳幼児が食事でもぐもぐ出来ず、丸呑みしてしまうとか、表情が硬いとか、それをマスクを外したら、もぐもぐ出来るようになり、それまで硬かった子どもの表情が良くなったなどが観察されています。コロナに感染する危険性よりも子どもの心の発達に及ぼす影響の方が大きいと心配しています。

  Withコロナとは良く言ったものです。
今の新型コロナウイルスの病原性は極端に強いものではなく、過度に恐れる必要はありません。専門家は過去の強い病原性を持ったインフルエンザ同様、今の新型コロナウイルスもいずれ弱毒化し風邪のウイルス の一つになるだろうと予想しています。しかしそれにどの位の時間が掛かるかは分かりません。既に弱毒化していると主張している方もいらっしゃいますが、まあそれは話半分で聞いておきましょう。弱毒化するまでは過剰ではない適切な感染予防対策を取り、新型コロナウイルスとつき合っていきましょう。

  最後にもう一つ、感染した人を誹謗中傷してはいけません。感染したことを悔やみ自死された方もいるようです。感染症は誰のみにも起こり得ることです。明日は我が身なのです。


写真は日本海に沈む夕陽です。
なぜ我々は夕陽を綺麗だと思うのでしょう。明日も必ず昇ってくるからだと思いませんか?

八甲田レポート:晩夏

ファイル 615-1.jpgファイル 615-2.jpg

 お盆も過ぎ、里でも朝夕コオロギが鳴き始めました。山ではもうアザミやキキョウ、リンドウといった秋の花が咲いています。とはいえまだまだ残暑厳しく、むしろ今の方が暑く、テレビでは連日、熱中症のニュースが流れています。

 先の日曜日、今日も暑くなるとの天気予報に、お昼前には降りるつもりで早くに家を出て7時少し前に酸ヶ湯を発ち、一人山歩きを楽しんでいました。30分ほどで毛無岱に着くと、前方からやはり一人歩きの御仁が降りてきます。聞くと5時半には酸ヶ湯を出たそうです。僕と同じに朝の涼しいうちに登ろうと思ったのでしょう。それ程暑くもなく快適な登山でしたが、稜線はガスっていて風も強く、寒いくらいでした。8月でも山では天候が崩れると一気に体感気温は下がります。夏山でもウインドブレーカーや簡単な防寒具は必要です。

写真左は3週間前の晴れた井戸岳付近。
写真右の花はタテヤマリンドウ。ハチが蜜を吸っていると思って撮った写真を見返したらアブでした。アブとハチも似てますよね。
ところでアブとハチの見分け方、知ってましたか? 眼の大きいのがアブです。

感染症の流行の異変

ファイル 614-1.jpg

 写真は先日送られてきた医療系の雑誌の見開きです。今年は様々な感染症が激減しているようです。当院だけでなく、日本中で小児科の患者が激減していると聞きました。雑誌には感染性胃腸炎や夏風邪のヘルパンギーナだけでなく、アデノウイルス感染症やはやり目(流行性角結膜炎)までも減少していました。これも新型コロナウイルス対策のソーシャル・ディスタンシングが功を奏しているのでしょう。

 しかし思うのです。このまま色々な風邪を引かないまま大きくなった時、普通は子どもの時に罹るウイルス感染症に大人になって罹ってしまうとそれは大変なことになりはしないかと。例えば成人が水痘に罹るとかなり症状は重くなります。それと同じように大人になってヘルパンギーナやら手足口病に罹ると辛いだろうなと。若しかすると新型コロナのように重症化するのではないかと心配になるのです。

 保育園や幼稚園で初めて集団生活し、そこで様々な感染症に罹り、そうやって沢山の免疫が出来て、子ども達は風邪を引かなくなります。小児科医も保育士さんも何度も子どもの風邪を貰って、ベテランさんになると次第に風邪を引かなくなります。大抵は子どもの頃に罹った風邪なので軽く済み、再感染しその免疫が強化されるのです。僕はマスクが嫌いでほとんどマスクをせずに診療していましたが滅多に風邪を引きません。インフルエンザにもほとんど罹りません。小児科医はこれまでも別のタイプのコロナウイルスに感染してその免疫があるから新型コロナウイルスにも強いんじゃないかとう話もありますが、まあそれは話半分で聞いておきましょう。

早く有効なワクチンが出来ると良いのですね。

 さすがに今はマスクをして診療していまが、それでも外を歩くときはわざとマスクをしないようにしています。無意味なマスクはしないようにしようとアピールしたくて。
マスク警察に逮捕されるかしら?

ねぷた祭り

ファイル 613-1.jpgファイル 613-2.jpg

 コロナ禍の今年は全国で様々なお祭りが中止になってしまったようです。弘前のねぷたも中止になり、お囃子やヤーヤドーというかけ声の聞かれない寂しい夏になりました。それでも少しでもその寂しさを紛らわそうとしてか、和徳通りにはミニねぷたの灯籠が並んでいましたし、市内のあちこちにねぷた絵が張られています。
 月曜日の夜、クリニックにねぷたの太鼓の音が聞こえてきました。窓から外を見ると扇ねぷたこそなかったものの、目の前を小型の人形ねぷたと太鼓とお囃子の行列が通り過ぎて行きました。津軽衆の意地か、あるいは心意気なのでしょうね。津軽衆はやはりじょっぱりでした。

 例年ならねぷたの始まる8月1日、当院でも保育士さんが作ってくれたミニねぷたにお菓子を入れ、受診した子ども達に配りました。これまでも当院では四季それぞれのイベント毎にお土産を配ってきました。例年はねぷた祭りには金魚ねぷらを配っていましたが、今年はミニねぷた。
それを貰った子ども達はどの子も「わー!ねぷただー!」と大喜び。
その大きな反応にこちらが驚きました。やっぱり津軽の子ども達はねぷたに心じゃわめぐのですね。