記事一覧

ワクチンあれこれ

 ようやく日本でも新型コロナのワクチン接種が始まりました。今、ニュースで報道されるのは、どの局を見ても副反応の話題ばかりです。しかし発熱だったり、筋肉痛だったり、接種部位の腫脹だったり、それらは当然予想される副反応で、いつも子ども達にやっているヒブや肺炎球菌の予防接種の副反応と同じものです。アナフィラキシーにしても数万人も接種すれば起こす人だっていてもおかしくはありません。挙げ句の果てには注射時の痛みだって! そりゃ注射すれば少しは痛いでしょう。
 報道の仕方次第で接種する人の気持ちも随分と変わると思います。やたらと不安を煽るような報道の仕方は止めてほしいものです。子宮頸がんワクチンが始まったばかりの頃の少女達の反応と同じことが起こらないことを祈ります。

新型コロナワクチンの正しい知識を得るのに有用なサイトを紹介します。

こびナビ https://covnavi.jp


 ところで子宮頸がんワクチンと言えば待望の新しいタイプのワクチンが発売になります。これまでのワクチンでは子宮頸がんを予防する効果は60〜70%程度でしたが、新しいワクチンは90%予防するそうです。しかし残念なのは定期接種になるのはまだまだ先のようで接種するには自費になります。
そして更に問題なのは・・・
 どうも厚労相の指示のようですが、このワクチンを接種するには登録が必要になります。しかもその登録は接種医だけでなく、接種希望者自身も登録する必要があるそうです。スマホで登録するようですが、面倒だし、国がこのワクチンに及び腰なのが分かります。トラブルがあったら大変だと思っているのでしょうか。
いずれにせよ、自費で受けるには非常に高額なワクチンになります。早く定期接種になってほしいものです。

テレビCM

ファイル 635-1.jpeg

どうやら今、テレビに僕が出たCMが流れているようです。実は昨年秋、ある業者から頼まれ、県がプロデュースするCMの出演を引き受けてしまいました。しかし僕はその趣旨を勘違いしてたのです。このコロナ禍で視聴者の皆さまにメッセージを伝えて欲しい、コロナ禍の日常生活で子ども達にどう接して行くかを伝えるのだと思ったのです。しかし県の考えていた趣旨はちょっと違っていたようで、「エセッシャルワーカーが利用者からありがとうを言われて勇気付けられた。それに対して感謝を述べる」ということでした。ちょっと残念でしたが、赤平にペアトレと同じですよと言われ思い直しました。確かに自分が「ありがとう」と感謝することで、下手な説教を垂れるよりむしろ伝わることも多いと思います。
僕のメッセージは「子ども達の笑顔に癒やされています。ありがとう!」
そして外来で子ども達に「先生、観たよ!」と言われ、その笑顔に癒やされていました。

ペアレント・トレーニング、略してペアトレの基本は子どもに肯定的なメッセージを与え、好ましい行動を増やすことにあります。好ましくない行動は見て見ぬ振りをします。子どもは親に認められたい、褒めて欲しいと思っていますから、知らん顔される困った行動は減り、褒められる好ましい行動が増えるという理屈です。

ところでそのCMは自分では見ていません。あまり見たくもありません (^_^;)

福は内、鬼も内!

ファイル 634-1.jpeg

 今日は節分。
 節分が2月3日以外の日になるのは37年ぶり、2月2日になるのは124年ぶりだそうですね。
 ところで鬼を祭った鬼神社のある鬼沢地区では、「鬼は外、福は内」ではなく、「福は内、鬼も内!」と言うそうです。鬼沢の人達は「鬼滅の刃」の流行をどう捉えているのだろうと思いました。古来、日本では鬼は滅するものではなく、払うものだったそうです。豆で邪気を滅するのではなく払う、つまり滅することは不可能なので、鬼との共存の道を選んだ、少しだけ側に来ないように払ったということなのでしょう。自然の猛威と共存してきた日本だからこその考え方でしょう。

 「鬼滅の刃」が流行したのは今のコロナ禍とも関係するのだろうとよく言われます。しかし新型コロナウイルスを撲滅することはおそらく不可能だと思います。我々は共存して行くしかないのだと思っています。もちろんそれを払う努力はしますが、毎年インフルエンザが流行するようにこの先もCOVID-19は流行を繰り返すのではないかと予想しています。


 以前、このブログで紹介したライスボールのメンバーの1人が新しくできたCDを持ってきてくれました。CDには3曲、入っていました。どの曲も素敵な曲です。
その一つ、「君はモンスター」
タイトルからはポップな曲を想像しますが、少し違っていて、ミュージック・ビデオを観ると、鬼沢の鬼伝説からヒントを得たことが分かります。

https://www.youtube.com/watch?v=1JvcJJTg8eQ


 「津軽の鬼は、山や川の自然のように厳しさと恵みを合わせ持つ神のような存在」とあるブログに書いてありました。上の写真は鳥居に鬼が鎮座する神社の地図です。雪が溶けたら自転車で廻ってみるつもりです。
 鬼をも受け入れるインクルーシブな社会って良いと思いませんか?

CDを持ってきてくれた彼女のキラキラした目が眩しかったです。