記事一覧

北帰行

ファイル 639-1.jpgファイル 639-2.jpg

 もう20年近く前になりますが、弘前在住の野鳥愛好家の講演を聴いたことがあります。3月21日春分の日、弘前市三和の砂沢ため池には沢山のハクチョウや鴨が集まります。北へ帰る水鳥の群れが一時羽を休めに集まるのです。それが朝の7時に一斉に飛び立つのだそうで、その話を聞いてから毎年のように春分の日の朝、砂沢ため池へ水鳥を見に出掛けています。しかし鳥がいなかったり、集まっていてもなかなか一斉には飛び立たず、まだ鳥が空を覆うような光景を見ることが出来ないでいます。

 今年も朝早くにイヌの散歩を終わらせ、砂沢ため池へと向かいました。ため池に付くともう何人かの人がカメラを構えていました。今年は最近では一番多く水鳥が集まっていました。しかしハクチョウが10〜20羽ずつ、小さな群れで飛び立って行きますが、7時になっても一向に大群で飛び立つことはありませんでした。30分以上は粘りましたが、身体が冷えて諦めました。鴨が群れでうねるように飛び立つ光景をいつか見たいと思っています。今度の日曜日はまだいるでしょうか?
 後から三和にすむ人に、寒い日は飛び立つのが遅くなると聞きました。道理でと納得。とても寒い朝でしたから。

 ところでカメラを持って行ったのですが、メモリーカードを入れ忘れてしまいました。その気になって何度もシャッターを切っていたのですが、もちろん記録されていませんでした。
自分が、不注意の特性が強いのはよく理解しています。
途中で気が付いて、仕方なしにスマホで撮った写真を載せますね (^_^;

3.11

ファイル 638-1.jpeg

10年前の今日、あの大震災が起きました。津波が東北を襲いました。この数日来、テレビだけでなく新聞各社も震災を、津波を、福島の原発事故を取り上げています。10年一昔と言いますが、10年経った今も自分は忘れることは出来ません。その日のことを克明に覚えていますし、その後医療支援に行った大槌町のこともしっかり覚えています。ゴーッという地鳴りと共に。

日本は地震や台風や様々な自然災害の多い国です。その中で我々は昔から自然と共生する道を歩んできました。それが日本人の精神性にも表れているように思います。コロナ禍も自然の猛威と言えるでしょう。刻々と変異を繰り返すウイルスにも有効なワクチンが出来ると良いのですが、それが困難としても、あるいはそれが出来たとしても、やはり我々はウイルスとの共存して行くしかないように思います。幸い、今の所コロナは子どもには優しいウイルスです。しかしコロナよりむしろそれを恐れる社会が子ども達を追い詰めているように思えます。様々な社会問題がコロナによってあぶり出されているように思えます。

その場しのぎでも構いません。気持ちを落ち着け、冷静に、臨機応変に対応して行くしかないように考えています。そして後からそれが適切だったか否か、しっかりと検証しましょう。未来を少しはマシに生きるためには、振り返る事が大切ですから。

八甲田レポート:冬の終わりに

ファイル 637-1.jpegファイル 637-2.jpeg

 2月最後の日曜日、よく晴れ上がった空に心も軽く、背中のボードの重さも気になりません。吹雪も嫌いではありませんが、やはり晴れた山の方が気楽です。冬の間、連日のように吹雪いていた山も春が近づくと晴れる日が増えてきます。久々の快晴の雪山に多くの登山者が山頂を目指していました。八甲田は3週間ぶりでしたが、樹氷は随分と痩せ細っていました。もう直ぐ溶けてなくなってしまうでしょう。

 朝の内は気温が低く、柔らかな雪でしたが、山頂から滑り出す頃には気温が上がり、雪は重く、残念ながらフカフカの新雪の、空を飛ぶような浮遊感を味わうことは出来ませんでした。
今年はこれまでスキーで八甲田へ来ていましたが、やっぱりパウダーを滑るにはボードの方が楽しいかな。

 写真は津軽平野を挟んでそびえる岩木山とその左向こうが白神の山々です。