記事一覧

おにぎり

ファイル 643-1.jpgファイル 643-2.jpg

 先の日曜日、百沢から岩木山を登りました。歩き始めは曇りに時折小雨の混じる空模様。途中、吹雪いたりもしましたが、8合目付近に着く頃には雪も止み、雲の隙間から青空も覗き始めました。空腹を覚え雪の斜面に腰を下ろし、途中のコンビニで買った丸いおにぎりをリュックサックから取り出しました。ラップを剥こうとしましたが、グローブをしたままの手が滑り、おにぎりを足下に落としてしまいました。直ぐに拾おうとしたのですが、届かず、おにぎりは雪の斜面(写真左)を転がり始めました。最初は走れば間に合いそうでしたが、コブも何もない雪の斜面です。おにぎりはどんどん加速して谷を転がり、直に視界から消えてしまいました。思わず日本の昔話を思い出しました。

 天気は良いとは言えず、他の登山者の全くない静かな登山でした。もちろん山頂にも誰もいません。元より登頂だけが目的ではなく、岩木山登山はトレーニングの一環です。山頂で休むこともなく、雪の付いた頂上直下の岩の斜面を何時もより慎重に降りました。しかし人っ子一人おらず、もし事故っても誰も気付かれることはないよなと「そろそろ雪山の単独行は止めようかしら」などと思ってしまいました。

 裾野ではカタクリやキクザキイチリンソウが咲き始め、桜林の桜が丁度見頃を迎えていました。

桜祭り

ファイル 642-1.jpg

 今年の桜は随分早くに咲き出しました。そして咲いたと思ったら一気に満開になってしまいました。果たして週末まで保つかしらと心配になり、良く晴れた水曜日の朝、少し寒かったのですが自転車で公園に行ってみました。まだ朝の5時というのに既に多くの人出。去年は遠くから眺めるしかなかった春陽橋も西堀の桜のトンネルも、今年は歩くことが出来ました。
 
 今年の桜祭りはコロナの感染に注意しながらの開催となりました。それでも開催することが出来たのは何よりです。マスクして公園内を歩くだけなら、極端な混雑でない限り、例え変異型であろうと新型コロナウイルスに感染することはほとんどありません。新型コロナの接触感染も極めて少なく、よく言われるように閉ざされた空間での向かい合っての食事で飛沫感染します。青森市で連続しているクラスターもその多くが夜の街です。


 変異型の新型コロナウイルスは感染力が強く、小児にも広がるのではないかと心配されていましたが、どうやら年少児の感染はそれ程多くはないようです。米国の記事で小児の重症例も増えていると読みましたが、日本ではその心配は低くそうです。ただし、もうしばらく注視する必要はあるでしょう。

 ワクチンの接種は中々軌道に乗らず、我々も未だ接種していませんが、ここは辛抱強く、個々が感染防止対策を取ってこの困難を乗り切るしかなさそうです

バードウオッチング

ファイル 641-1.jpgファイル 641-2.jpg

 自分の趣味の一つがバードウオッチングです。日曜日、Y先生ご夫妻と十二湖へバードウオッチングに出かけました。自分のバードウオッチング歴はもう50年になります。と言っても熱心に観ていたのは中高生の頃で大学に入ってからは登山のついでに鳥を見る程度。それを目的に出掛けることはほとんどありませんでした。それをまた再開しようとY先生を誘って十二湖に出掛けたのでした。青葉が茂る前のこの時期は野鳥を観察するのには良い季節なのです。しかし十二湖の森は大きく背の高い木が多く、双眼鏡を覗いても見えるのは鳥のお腹ばかり、全身を観察することは困難でした。

 実はバードウオッチング再開の場所として十二湖を選んだのは十二湖に毎年アカショウビンが来るからです。アカショウビンは全身がオレンジ色で、キョロロロロと尻下がりの美しい声で囀るカワセミの仲間です。池や川沿いにいるカワセミと違って森の中にいることが多く、木の洞に巣を作ったりします。ただ夏鳥なので、まだ渡ってきていなかったようです。姿どころかその囀りさえ聴くことは叶いませんでした。同じく夏鳥のキビタキやオオルリもいませんでしたから、まだ時期が早かったのでしょう。随分暖かくなり気持ちは夏に向かっていましたが、やはりまだ早過ぎたようです。
 お目当てのアカショウビンがおらず残念でしたが、それでもコガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラやエナガといったカラ類、コゲラという小さなキツツキの仲間を観ることが出来ました。ミソサザイの囀りや森の奥からはアオゲラの声も聞こえていました。

 弘前公園にも沢山の野鳥がいます。皆さんも散歩のついでにバードウオッチングは如何ですか?  癒やされますよ。

写真の水鳥はキンクロハジロです。

コロナ禍の子ども達:ゲーム依存

 このコロナ禍は様々な影響を我々に及ぼしています。一見、変わりなく遊んでいるように見える子ども達でさえ、大きな影響を受けています。分かり易いところで、昨年、休校措置が続いて暇を持て余し、ゲームに明け暮れた子ども達が少なくありません。休校になったのはもう去年の話しですが、未だに尾を引きずっています。今でもまだ1日何時間もゲームに没頭している子どもの数は少なくありません。親はそれを止めようとするのですが、切れて暴れるので止められずにいます。

 特にフォートナイトというゲームは中毒性が高いようです。無料でダウンロード出来、ぱっと見はそれ程有害なゲームには見えないのですが、オンラインで繋がり、子ども達は大声で叫びながら夢中になってゲームをやっているようです。しかし言葉遣いが乱暴になったり、衝動性が強くなったり、ゲームが原因でいじめに発展したりしています。

 先日、医療系のネットニュースで「スマホやタブレットなどのタッチスクリーンの使用が、幼児の集中力の発達に影響を及ぼす可能性がある」という研究結果がロンドン大学から出されたという記事を読みました。幼児期は集中力のコントロールを学ぶために非常に重要な期間で、タッチスクリーンの使用はそこに悪影響を及ぼしている可能性があるそうです。過度の使用が気が散りやすく、物事に集中して取り組むことが出来ない子どもにしてしまうのです。

 1歳半で既にメディア依存している子がいるそうです。タブレットを取り上げるとひっくり返って大暴れする。しかしそれは子どもが依存していると言うより、大人が依存しているのかも知れません。スマホやタブレットを見せておけば大人しいし手が掛からない。そうして子どもにスマホを預けっぱなしにしている親御さんは少なくありません。3、4歳でゲーム機デビュー。益々子どもはゲームの世界にのめり込んで行きます。今の世の中、子どもからスマホやゲームを切り離すことは出来ないようです。しかし最初が肝心です。与えるときには必ずルールを決めて、そしてそのルールを守らせることが大切です。子どもが執拗に要求しても、ぶれてはいけません。駄目なものは駄目とはっきりと諭しましょう。
それが子どもを護ることになるのですから。