記事一覧

子どもとコロナ3

 先日、NHKの夜のニュース番組で保育園のクラスターの話題が取り上げられていました。保育園でのクラスターがこれまでに全国で350施設ほどで起きているようです。その1/3が今年の3月から、変異型になってからのクラスターだということでした。

 確かに変異型は感染力は強いです。子どもの感染者も増えているようです。
ただ、保育園のクラスターは増えていると言ってもごまんとある保育園の内のほんの2、3百です。そう不安を煽る必要も無いように思います。裏の意図を感じました。番組では解説されませんでしたが、子どもの感染者の重症度は前からの新型コロナウイルスと同様、無症状あるいは軽症の子どもが多いようです。しかし子どもは罹りにくいが、罹ると他に移す力はむしろ強いと言われています。子どもが保育園で感染し、それを家族に移して、大人が重症化するというストーリーはあり得ます。
 やはり今は保育園もしっかり対策を取るべきでしょう。それには園児に手洗いマスクを徹底させるのではなく、もちろん必要ないとは言いませんが、保育園のクラスターは最初は保育士から始まることが多いようです。子どもより保育士の感染予防対策が重要です。
保育園での感染対策の徹底と保育の質との両立は困難と園長先生が嘆いていました。今の社会を回すためには保育士へのワクチンも優先して進めるべきでしょう。

 将来的にですが、今のコロナも風邪ウイルスの一つとして、子どもの内に軽く罹って免疫ができ、丈夫な大人になるのではないかと予想しています。

EDトーク

ファイル 644-1.jpgファイル 644-2.jpg

先の土日はクリニックで心身症や発達系の講演を聞いていました。最近は現地に集まっての学会、研究会はほとんどなくなりましたが、代わってZOOMでの講演会が沢山あります。普段お目に掛かるこことのない遠方の先生方と会えないのを寂しくは思いますが、Webでのセミナーもそれなりに便利で、交通費も掛からず、手軽に勉強できます。

今日のタイトルは神経性やせ症の講演で出てきた言葉です。Eating disorder(ED)トークとは自分の体型や体重、食べ物に関することをそれは事実ではないと認めない児と、それを何とか説得しようとする者との不毛な議論をそう呼ぶそうです。それは何も摂食障害の診療に限ったことではないと思いました。全てのワクチンを忌避する人がいます。昔、自分の子どもに一切のワクチンを受けさせない人達をなんとか説得しようとしていた自分がいました。しかしほとんど成功しませんでした。不毛な説得は無意味です。
EDトークが始まったと気付いたら・・・話題を変える、相手の不安を理解して体重が増えることを手放しで喜ばないなど自分自身の視点も変えることが必要です。


写真左は百沢スキー場のゲレンデの桜。桜林の桜が咲き終わる頃に咲き出します。
1本桜のようですが、実は2本です (^_^;
右は常盤野農村公園の大きくなったミズバショウ。新緑が綺麗でした。