記事一覧

お手紙

ファイル 601-1.jpg

 この数年、GWは毎年のように北海道や東京へお出かけし、孫達に会いに行っていたのですが、今年は残念ながら会えません。しかし今はいい時代ですね。子ども達はしばしば孫達の動画を送ってくれます。
 先日、少し早いこどもの日のプレゼントに積み木と田舎館の苺を送ったら、そのお返しにお手紙とお菓子が送られてきました。
動画も良いけど、やっぱりお手紙は良いですね。

 新型コロナの患者数は減少傾向にあるようで少し希望が見えてきました。しかしここで油断は出来ません。県境を跨いでの移動は止めましょう。新型コロナの感染力はそれ程強いものではなさそうですが、油断すると感染します。引き続き手洗いの励行と、時には3密は避けてお出かけし、心身のリフレッシュを図りましょう。

マスク

ファイル 598-1.jpgファイル 598-2.jpg

 ネット上でアベノミクスならぬアベノマスクが話題となっているようですが、自分も先週、メルマガに「ガーゼマスクを百害あって一利なし」などと書いてしまいました。しかし後からそれはちょっと言い過ぎだったと反省しています。
全く一利もないわけではありません。マスクの限界を知り、使い方さえ気をつけていれば、それなりの意味はあるでしょう。

 布マスクの有効性:もちろん目が粗いので、正面の相手のエアゾルを防ぐことは出来ません。従って医療用には全く不向きです。しかし今、咳をしている人が自分の唾液を遠くに飛ばさないことは出来るでしょう。それでもエアゾルが漏れ出ることは理解する必要があります。配付されるマスクは別にして、市販の布マスクには可愛いものも多くあるようです。お母さんが用意した可愛いマスクなら子どもも喜んで付けてくれるという話しも聞きました。

 布マスクの使い方:安倍さんの布マスクが妙に小さく少し滑稽でした。マスクの付け方ですが、サージカルマスクにしても鼻を出して付けている人を見ます。これでは効果はありません。必ず鼻を覆いましょう。布マスクは洗って使えますが、逆に洗わずにいると内側で雑菌が繁殖し、むしろ不潔です。必ず毎回洗いましょう。

 布マスクだけでなくサージカルマスクにしても効果は限定的です。ウイルスに感染するのはむしろ手で鼻や目を触ることと言われています。ですので感染の恐れのあるものを触ったら、その都度手を洗いましょう。嵐が手洗いの歌を歌っているそうですね。まだ聞いていませんが、手洗いの重要性をアピールしているのは良いことです。
「マスクをしたら絶対にマスクに触るな、外すときは耳に掛けるゴムの部分を持って捨てる。そうでなければ意味がない」と書いてあるものもよく見ますが、それを実行するのはなかなか大変です。僕でもそれは難しく、つい触ってしまいます。そこでマスクに触る前後に出来るだけ手をアルコール消毒しています。

 もう一つ、国から各医師会毎に大量のサージカルマスクが届いています。布マスクは医療機関にマスクを回すための施策でしょうか。それならとても納得できます。そう説明すれば安倍さんの株も少しは上がるのでしょうが・・・。


 手洗いやアルコール消毒する回数が格段に増え、おかげで手荒れが酷いです。保湿クリームの消費も激しいです (^_^;

写真は湯段のミズバショウ。雪解けを待ちわびていたかのように、早速ミズバショウが小さく咲き始めていました。

フルーツキャンディソープ

ファイル 593-1.jpg

新型コロナの話題ばかりで鬱々としているばかりではいけません。
少し明るい話題を載せましょう。

今日の写真、何だと思います。
フルーツゼリー? いいえ、これは一つ一つ丁寧に手作りされた石けんなのです。
Li’iLi’iのフルーツキャンディソープをご存じですか?
僕もテレビで放送されるまで知らなかったのですが、神奈川県の小田原市にあるハンドメイドソープの会社です。あまりに素敵で、その話しを師長にしたらクリスマスにプレゼントしてくれました。

実はこの会社で働いている従業員は皆様々な障害を持つ方達です。つまり障害者の自立支援施設なのです。彼らが仕事を覚えるのは大変ですが、この会社を立ち上げた方(神原さん?)は根気よく、しかもやる気が起きるように仕事を教え、そしてそれに見合った充分な報酬を与えます。往々にして低賃金でとても自立するのは困難な施設が多い中で、この会社では障害者たちが自分たちで企画・制作しラッピングまで行い、それに見合った充分自立できるだけのお給料を貰うのです。そしてなにより良いのはその石けんを手にした人の驚き喜ぶ顔が見えて来ることです。

障害を持つ子どもの親御さんの一番の心配はその子が将来自立できるようになるかどうかではないでしょう。自分達が旅立った後、子ども達は一人で生きて行かなければなりません。少しでもこのような施設が増えることを願っています。

Li’ili’iとはハワイ語で「小さくて愛らしい」という意味だとHPにありました。少し高い石けんですが、それに見合った素敵な石けんです。ネット販売もしているようです。皆さんもお一ついかがですか?

https://www.liilii.link/user_data/about_liilii

タンポポの花とランの花

 最近時々、うちの子はHSCですか?という質問を受けるようになりました。それまで自分はその言葉を聞いたことがなく、全く知識がありませんでした。ネットで調べると、HSCとはHyper Sensitive Childの頭文字だそうで、直訳すると過敏な子、繊細な子という意味になるでしょうか。アメリカの学者が提案し、その概念が日本に導入され、近年急速に保育関係者を中心に広まってきたとありました。
 これは子どもが生まれつき持っている気質の話しで 、病名ではありません。しかし貴女のお子さんはHSCですねといわれた親はさぞかし不安になるだろうなと心配になりました。

 僕が教えを請うている渡辺久子先生はもう四半世紀も前から子どもの気質を「タンポポの花タイプ」「ランの花タイプ」と分かり易い言葉で説明されています。「タンポポの花タイプ」のお子さんは踏まれても踏まれても逞しく花を咲かせる。しかし「ランの花タイプ」のお子さんは繊細で水やりや日当たりなど丁寧に世話をしないと花を咲かせない。でもそうやって手を掛けてあげると素晴らしく美しい花を咲かせてくれる。丁度そのランの花タイプがHSCなのだろうと思いますが、ランの花と言われた方がなんだか暖かく素敵ですよね。
 繊細な気質のお子さんの子育ては少し大変かも知れませんが、基本は親御さんが、関わる周囲の大人が気持ちを大らかにして愛情深く接することと思います。ただ悩むお母さんには周囲のサポートが必要でしょう。

 HSCと言われて何のことか分からず始めは動揺しましたが、調べてみて、お母さんを不安にさせるようなそのような言葉はあまり感心しないなと思いました。

ニセコの街

ファイル 588-1.jpgファイル 588-2.jpg

 去年は孫と遊んでいて腰を痛めて行けなかった冬のニセコ、今年は万全の体調で向かいました。しかし全国的な暖冬少雪はニセコも同じで、ゲレンデこそ滑走可能でしたが、ゲレンデ外は積雪が少なく、ブッシュで滑ることが出来ませんでした。ゲレンデの雪も硬い圧雪で転ぶとダメージが大きく、とても柔らかな深雪を滑るときの、あの宙を舞うような快感を味わうことは出来ませんでした。

 それはさておき、ニセコの町はこの数年で随分と変わってしまいました。まるで外国の街を歩いているようでした。お店の看板もメニューも英語です。歩いている人も8割方外国の方。日本人かなと思ってもその多くは中国(おそらく台湾?)の方です。ニセコは倶知安町にありますが、倶知安の全人口の12%が外国人だそうです。おそらくその大部分はニセコに集中しているでしょう。スキー場の周辺には素敵な別荘やレストランが建ち並び、高級ホテルがどんどん出来ています。それに伴い土地や物の値段も上昇しているそうで、僕が定宿にしていた昔ながらの2食付きで1万円以下の山荘はもうありません。ゲレンデ内のヒュッテでも外国の方が沢山働いています。なんだか落ちつきません。これはバブルなのではないだろうか。いつか破綻し、スキー場も閉鎖されるのではないかと心配になります。ニセコだけでなく、外国資本が日本のあちこちの土地を買っているという話しも聞きます。自由主義は良いのですが、自分の国を守るためにはある程度の規制は必要なのではないだろうかと思っていました。

まあ、雪質は残念でしたが、ホテルには温泉もあり、友人の持ってきた日本酒も美味しく楽しい旅行ではありました。

こんな冬は今年だけであることを祈ります。
地球の温暖化、全世界レベルの異常気象の一つではないと良いのですが・・・。

謹賀新年

ファイル 587-1.jpg

新年、明けましておめでとうございます。

 皆さまはどのようにお正月をお過ごしでしょうか。
我が家では今年二人の子ども達が家族を連れて帰省してくれ、本当に久し振りで家族全員が揃いました。奥さんは将来どちらか一人でも弘前に戻ってきてくれることを願っていますが、二人ともそれぞれの土地にしっかりと根を下ろし生活しているようでした。当分その夢が叶うことはないでしょう。
 二人の孫達はすくすくと成長し、片言の言葉を話すようになっていました。自己主張し、「嫌!」と言い始め、親たち(自分たちの息子や娘)を手こずらせていましたが、彼らは上手に対応していました。彼らが上手に相手してあげられているのは彼らの親つまり自分の奥さんやパートナーのご両親が上手に育ててきたからでしょう。それにはとても感謝しています。僕は彼らが子どもの時に充分関わってやれなかったと反省しています。

 写真は藤崎のハクチョウです。孫達に見せに連れて行ったのですが、餌やり禁止とあって少し残念でした。

今年も無理しない程度にブログを更新して行きます。
ニュースレターも。
それでは今年一年が皆さまにとって素晴らしい年となりますよう心から祈念しております。

小児科専門医

ファイル 585-1.jpgファイル 585-2.jpg

 自分が小児科の専門医を取得したのは今から16年前でした。当時は専門医制度が始まったばかりで取得するのは容易でした。というより小児科学会に何年か以上所属していただけで全員が取得できました。もちろん今は取得するのは厳しく、指定された医療機関の研修が必要で、レポートや試験もあります。そして5年毎の更新が必要です。これまでは5年毎に毎回更新してきたのですが、あまりその資格に必要性を感ぜず、しかも2年前から更新の手続きが非常に煩雑になったこともあって次は更新しないと決めていました。しかし突然、12月からADHDの薬を処方するのに専門医の資格が必要になるとの通達があり、慌てて更新することにしました。しかしそれが結構大変で、提出書類を揃え、単位を取るのに四苦八苦しています。
元々、「見かけより実があればそれでよし」などと思っていたので、資格や役職に固執しておらず、専門医を失うことをなんとも思っていませんでした。しかし診療に支障がでるとなるとそうも行きません。頑張って更新することにしました。

 それにしても○○専門医だからといって、それが臨床に直結し、しっかり患者の病状に即した医療が出来るとは限りません。色々と疑問を感じます。

 文化の日の振替休日となった月曜日、我が家の愛犬を連れて十和田湖に行ってきました。彼は春に椎間板ヘルニアを患い下半身が完全に麻痺してしまったのですが、懸命のリハビリでなんとか歩けるようになりました。今は毎日楽しく散歩しています。

岩木山レポート:紅葉と石仏と

ファイル 584-1.jpgファイル 584-2.jpg

 即位礼正殿の儀が執り行われた10月22日、弘前出身の今は函館で開業しているA先生に岩木山登山を誘われました。山は下半分が丁度紅葉の見頃を迎えていました。行きたいのは山々でしたが、残念ながら膝がまだ回復しておらず諦めました。A先生は一人で赤倉口から登られたようで、メールでその時の写真を送ってくれました。メッセージに「地元の御仁とスライドしましたが、その方が観音様に可愛いイタズラをしてくれました。行きは笹の葉をお持ちでしたが、帰りは紅葉した枝を持たせてくれてました」とありました。

 僕の膝は痛めてからそろそろ4週間目になります。少し違和感がなくなり、日曜日久し振りでフィットネスで汗を流しました。無理せず、少しずつリハビリして行きます。以前膝を診てもらった隣の記念病院の院長先生が、スポーツ選手の故障の原因はほとんどがオーバートレーニングだと言っていました。全くその通りです。皆、ストイックなのですよね。

 大分前にこの「院長のひとこと」に載せましたが、以前一緒にマッターホルンを登った友人から南米のアコンカグアを誘われていました。その時、「5年後の65歳になって、その時まだ体力が残っていれば一緒に行こう」と約束しました。来年がその年です。まだ行けるかどうか分かりませんが、具体的な目標があれば頑張れます。ただアコンカグアを登るには1ヶ月のお休みが必要です。ハードルはかなり高い。しかし先ずは焦らず、山へ行ける体力を作り直そうと考えていました。

写真の掲載はA先生に了解を得てあります。
ねっ! 素敵な写真でしょ。なんだかほっこりしますよね (^-^)

でもやっぱりママが好き

 前の「院長のひとこと」から随分と更新できずにいました。例年なら八甲田の紅葉をレポートするはずが、10月の初め、まだ暗いうちにジョギングに出掛け、車を避けようと歩道に移ったところ少しの傾斜が見えず、転倒し膝をぶつけてしまいました。その時はそのまま走ったのですが、ジョギングから帰ってきたら手からは血が出ているし、膝もだんだんと痛み始めました。それから3週間になりますが、まだ治りません。山どころかフィットネスにも行けずにいました。
それでも幾つかの講演会や勉強会には出掛け、忙しくて更新できずにいました。興味ある話題は色々とあったのですが・・・。

 最近で一番心に残ったフレーズ。
NHKでやっていた八戸の書道の先生の話題です。その先生は障害のある子ども達に習字、いや書道を教えているのですが、子どもが感じあるままに自由に字を書かせていました。その番組の中である子どもの毛筆の書が素敵だと思ったので紹介しますね。

「僕はゲームが好き。でもやっぱりママが好き」

立派な素敵な字でした。
子どもがゲームにのめり込んで困っている方も少なくないと思います。でも子ども達はやっぱりママと遊びたいのです。ただ「ゲームを止めなさい」と恐い顔をするよりも、ママと一緒の楽しいことに誘うのが一番なのでしょうね。

ナラティブとエビデンス

 先週、大学の小児科学教室に出向き、医局の先生方に「子どもの心の発達の理解と臨床」というタイトルで1時間のお話をしてきました。この10年ほどで自分が学んできたことの一部を話しました。実は1ヶ月ほど前に小児科の教授の元を訪れ、大学の若い小児科医達に子どもの心の講義をさせてくれと自分から頼んだのでした。子どもの心の発達の理解は身体を診るときにもベースとなると考えています。自分は若い頃、それを勉強して来ませんでしたし、勉強する機会もなかったのです。心の状態は身体の病気にも影響します。小児科医のベースとしてその理解が必要と考えています。

 心理学者のエリクソンという方は人の人生を8つの発達段階に分け、それぞれの段階に心理社会的危機があり、達成すべき課題がある。それを乗り越えることで力(virtue)を獲得すると述べています。今の自分の年齢は下から2番目の壮年期に当たります。その課題は「次世代を育成すること」、心理社会的危機は「停滞」。正に自分が考えていることとだと思いました。今、僕が考えていることは如何に後を育てるか、種を蒔くかということです。

 さて、自分の拙い講義は大学の若い小児科医達に伝わったでしょうか。心の話しはナラティブつまり物語の世界です。一方、大学の先生方はエビデンス実証の世界に生きています。様々なデータを読み解き重い病気を治療して行きます。かつて自分がそうだったように、きっと若い先生方は目の前にある膨大な文献の山に四苦八苦していることでしょう。心の物語に耳を傾ける余裕はないかも知れません。異質と感じたかも知れません。しかし少しでも心の片隅にそれが残ってくれることを願っています。

ページ移動