記事一覧

検査ありきの医療に思うこと

 弘前市は爆発的な新型コロナの流行に曝されています。さながらインフルエンザの流行の初期の様な状況です。当院でも連日2、3名の陽性者を確認していました。しかし今のところ、当院で陽性になった子ども達は全て軽症で、ほとんど普通の風邪と変わりありません。中にはぐったりと元気のない子もいましたが、翌日には解熱し元気になっていました。

 現在、新型コロナの患者(COVID-19)は全て登録することが義務づけられています。患者の情報を入力するのですが、疑問に思ったのは青森県ではPCRが陽性に出ないと、確定診断として認められなかったことです。身近に明らかな感染源があり、抗原検査で陽性に出てもそれだけでは確定診断とは認められず、保健所は動かないということを後から知りました。それは違うのではないと憤慨し、クレームを付け、弘前保健所管内だけの特例という形で抗原検査の陽性をもって確定診断とすることを認めてもらいました。しかしまだ検査無しでは認めてくれません。家族に感染者がいて、COVID-19の症状が出れば検査なしでも臨床的には診断可能です。何が何でも検査で陽性が出なければ認めないというのは医学的には可笑しな話しです。診断基準を行政が決めることに違和感を感じます

 社会全体の対応が必要な感染防止対策は行政主導で行うことが望ましいと考えますが、実際の患者診療において、行政は医療をサポートすることがその役割と考えています。しかし最近、逆に足を引っ張られていると感じることもしばしばです。

 医療現場でも往々にして検査結果の方が重視されることが少なくありません。もちろん検査は重要ですし、参考にはしますが、検査と臨床と一致しないことは時々あります。もちろん検査から診療を見直すことも良くありますが、検査に縛られるのは良くないと考えています。そういう日頃からの思いが今回の自分の憤りの引き金に成ったのだろうと内省していました。


 コロナウイルスは刻々と変化するウイルスのようです。オミクロン株に対して今の国の対策は過剰に思えますが、WHOでも言っているように、再び重症化しやすいウイルスへと変異する可能性はあります。それならそれで臨機応変に対応すれば良いのです。もちろんその時のために備えをしておく必要があります。舵取りが難しいのはよく分かりますが、柔軟な対応を切に願っています。

今年のインフルエンザワクチン

 今年もインフルエンザワクチンのシーズンが近づいています。昨年はインフルエンザの子はほとんどいませんでした。これは自分が医者になって初めてのことです。今年は流行るでしょうか?
 多くの感染症で流行しやすい季節があるのですが、昨年からその流行が読めなくなっています。全く例年のパターンから外れています。しかし昨年全く流行しなかったRSウイルスが今年は大流行しました。昨年流行しなかったので、RSウイルスに対する免疫を持たない、あるいは免疫が弱くなった子どもが増えて、その結果大流行に繋がったのではないかと言われています。同じ事がインフルエンザにも言えるのではないかと危惧しています。南半球では今年も流行しなかったそうです。北半球でも同じように今年も流行しないのかも知れませんが、それは分かりません。リスクマネジメントとして、予防接種はやるべきかなと考えています。

 さて、当院のインフルエンザワクチンですが、昨年予約無しでワクチンが入る限り、希望者を出来るだけ接種しようと頑張りました。予約無しだとそれ程混まないのではないかと考えたのです。しかしそれは間違いでした。インフルエンザワクチンの時間は外の廊下にまで長い行列が出来てしまいました。そう、密になってしまったのです。という訳でやはり今年は予約を取って接種することにしました。ただ、例年よりワクチンの生産が少ないようです。そこで今年は対象を当院を掛かり付けにしてくれているお子様(20歳以下)に限らせて頂きます。
そして日曜日に3回、集団接種を行います。密にならないように接種時間のチケットをお配りします。平日のワクチンは10人だけと限らせて頂きます。ただし、喘息などの基礎疾患があるお子様は予約無しで定期受診の時に接種します。
予約開始は10月1日からです。

お知らせにも掲示します。ご不明の点はスタッフにお問い合わせください。

福は内、鬼も内!

ファイル 634-1.jpeg

 今日は節分。
 節分が2月3日以外の日になるのは37年ぶり、2月2日になるのは124年ぶりだそうですね。
 ところで鬼を祭った鬼神社のある鬼沢地区では、「鬼は外、福は内」ではなく、「福は内、鬼も内!」と言うそうです。鬼沢の人達は「鬼滅の刃」の流行をどう捉えているのだろうと思いました。古来、日本では鬼は滅するものではなく、払うものだったそうです。豆で邪気を滅するのではなく払う、つまり滅することは不可能なので、鬼との共存の道を選んだ、少しだけ側に来ないように払ったということなのでしょう。自然の猛威と共存してきた日本だからこその考え方でしょう。

 「鬼滅の刃」が流行したのは今のコロナ禍とも関係するのだろうとよく言われます。しかし新型コロナウイルスを撲滅することはおそらく不可能だと思います。我々は共存して行くしかないのだと思っています。もちろんそれを払う努力はしますが、毎年インフルエンザが流行するようにこの先もCOVID-19は流行を繰り返すのではないかと予想しています。


 以前、このブログで紹介したライスボールのメンバーの1人が新しくできたCDを持ってきてくれました。CDには3曲、入っていました。どの曲も素敵な曲です。
その一つ、「君はモンスター」
タイトルからはポップな曲を想像しますが、少し違っていて、ミュージック・ビデオを観ると、鬼沢の鬼伝説からヒントを得たことが分かります。

https://www.youtube.com/watch?v=1JvcJJTg8eQ


 「津軽の鬼は、山や川の自然のように厳しさと恵みを合わせ持つ神のような存在」とあるブログに書いてありました。上の写真は鳥居に鬼が鎮座する神社の地図です。雪が溶けたら自転車で廻ってみるつもりです。
 鬼をも受け入れるインクルーシブな社会って良いと思いませんか?

CDを持ってきてくれた彼女のキラキラした目が眩しかったです。

[ことりの森」閉室のお知らせ

 様々な理由から今年の3月一杯で病児保育室「ことりの森」を閉室する事にしました。2002年9月に開設してから既に18年と5ヶ月が経ちました。これまで多くの方々にご愛顧ご支援を承り、誠にありがとうございました。
 病児保育事業は自分が「城東こどもクリニック」を開業する前、国立弘前病院に勤務していた頃から考えていたことでした。紆余曲折がありましたが、なんとか開設にこぎ着け、18年余の長きにわたって続けることができたのは偏に皆様方のご助言とご支援があったればこそでした。

 「ことりの森」での育児支援事業は単なる病気のお子様を預かるというだけでなく、自分たち自身がそこから多くのことを学びました。またお預かりした子ども達に自分たちの方が癒やされることも多々ありました。現在、弘前市内にはことりの森以外に病児、病後児合わせて3施設あります。民間の病児保育施設もあります。また隣の平川市にも病児保育室が出来ています。今の稼働率からして、「ことりの森」が無くなってもそれ程大きな支障はないのではと考えています。

 「ことりの森」は3月一杯で終了させていただきますが、小児科医院としてこれからも地域の小児医療に尽力して参りたいと考えております。残念に思われる方もいらっしゃることと思いますが、どうかご理解とご容赦の程、よろしくお願い致します。

ねぷた祭り

ファイル 613-1.jpgファイル 613-2.jpg

 コロナ禍の今年は全国で様々なお祭りが中止になってしまったようです。弘前のねぷたも中止になり、お囃子やヤーヤドーというかけ声の聞かれない寂しい夏になりました。それでも少しでもその寂しさを紛らわそうとしてか、和徳通りにはミニねぷたの灯籠が並んでいましたし、市内のあちこちにねぷた絵が張られています。
 月曜日の夜、クリニックにねぷたの太鼓の音が聞こえてきました。窓から外を見ると扇ねぷたこそなかったものの、目の前を小型の人形ねぷたと太鼓とお囃子の行列が通り過ぎて行きました。津軽衆の意地か、あるいは心意気なのでしょうね。津軽衆はやはりじょっぱりでした。

 例年ならねぷたの始まる8月1日、当院でも保育士さんが作ってくれたミニねぷたにお菓子を入れ、受診した子ども達に配りました。これまでも当院では四季それぞれのイベント毎にお土産を配ってきました。例年はねぷた祭りには金魚ねぷらを配っていましたが、今年はミニねぷた。
それを貰った子ども達はどの子も「わー!ねぷただー!」と大喜び。
その大きな反応にこちらが驚きました。やっぱり津軽の子ども達はねぷたに心じゃわめぐのですね。

「ことりの森」の看板

ファイル 611-1.jpg

 ことりの森を開設してから早18年になります。開設して間もない頃、場所を示すのに廊下に看板を下げようということになり、当時の事務スタッフのAさんが作ってくれました。彼女は絵本にも興味があり、外来小児科学会の絵本のワークショップにも参加し、待合室の本棚に絵本の紹介文を掲示してくれていました。その彼女が作った看板は、丸太?を3つ重ね、そこに当院のキャラクターのマンチキン人と小鳥を配したものでした。とても素敵な看板でしたが、さすがに18年という月日は長く、今年の春に壊れてしまったのです。そこでことりの森のW先生が新しい看板を作ってくれました。お店屋さん風の看板ですっきりとしていて良いでしょう?

 さて、ことりの森では以前は1年間に1000人近くの子ども達をお預かりしたこともありました。しかし最近は市内や近隣の市にも何カ所か病児、病後児保育室が出来ました。企業主導型という別体制の保育園でも病児保育を始めました。そういうこともあってか、ことりの森を利用する子どもはめっきりとと少なくなりました。

 昨日、弘前市の教育支援委員会に出席し、そこで大浦保育園の園長生生にお目にかかりました。そこで最近の病後児保育室「さくらんぼ」さんのお預かり状況を聞いてみると、「あまり変わらない。アデノウイルス感染症が多い」というお話しを聞きました。実はこのコロナ禍でことりの森はガラガラです。お預かり0人の日も少なくありません。当然、病後児保育のお預かりも少ないものと思っていました。それが変わらないというのは病気の時はご家族で子どもを看ることが出来て、病気の回復期に病後児に預けると言うことでしょうか。そうならそれは以前から我々が望んでいたことです。家に発熱の子がいれば親も休めるというのは今のこのコロナの影響かもしれませんが、しかしそうであったにせよそれは悪いことではありません。
コロナが終息した後も世の中がその様な流れになると良いですね。安心して自分たちは退くことが出来そうです。

過剰反応?

ファイル 599-1.jpgファイル 599-2.jpg

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についてはまだまだ分からないことが多いのですが、分かってきたことも沢山あります。重症化し亡くなる率は2%以下のようです。しかし医療崩壊し適切な医療が提供されないと、イタリアの様に死亡率は10%にまで上昇します。日本の医療体制も信じていたほどは良くはなく、ICUのベッド数はむしろイタリアよりも少ないとか。ちょっと愕然としました。徐々に患者数は増えてはいますが、米国やイタリアのように爆発的とまでは言えないようです。その理由としてBCGとの関連も言われていますが、そこに明確な科学的裏付けはまだありません。

 国はようやく全国に非常事態宣言を出しました。医療体制の脆弱性は地方で明らかで、急速な患者数の増加はあっという間に医療崩壊を招きます。患者の増加を抑えることは必須で、そのためには今のタイミングでの宣言は決して早過ぎはしません。地方ではまだクラスター対策が有効です。つまり感染経路を追って、感染拡大防止対策を立てること、そして新たなクラスターを起こさないための施策が有効です。
 しかし首都圏では感染経路不明者が増加し、既にクラスター対策だけでは間に合わないようです。次の段階の対策が必要なのでしょう。すなわち韓国のように疑わしきは全例検査し、陽性者を積極的に隔離する方法です。

 さて、過剰かも知れませんが、昨日の午後の休診時間に受付を透明なビニールでシールドしてみました。受付スタッフの感染防止対策です。早晩、弘前も東京と同じに患者が増えてくるだろうと危惧しています。本来ならばナースや自分も予防衣を着るべきでしょうが、それには全く数が足りません。検査の時だけ予防衣にゴーグルをして貰っています。

 街を見るとどうも弘前では危機意識が低いように思えます。子ども達はマスクもせずにたむろしています。ヨーカドーの地下では仲間とつるんでファーストフードを食べていました。
クリニック受付のシールドはやり過ぎかも知れませんが、受診者の危機意識を高めるのには役立つのかなと思っています。
後で「あれはちょっと大袈裟だったよね」と笑える日が来ると良いのですが。

今朝は快晴でした。新しく雪が積もったのでしょう。岩木山が白く輝いていました。

おもちゃ

 クリニックに玩具を置くことを嫌う先生がいます。それは玩具を介しての接触感染を防ぐ目的です。しかし僕はそもそも風邪を予防する必要はない。それぞれが風邪を繰り返すことで免疫ができ、風邪に罹り難くなる。風邪を予防するには個人の免疫力を高めることだと考えていました。玩具は子どもにとって必要不可欠なものです。遊びの中で子どもの心は成長します。自分がクリニックを立ち上げるとき、たとえ風邪を引いていても遊べるようなクリニックを作りたいと思って、沢山の絵本や玩具を置きました。待合室のプレースペースで遊ぶ子ども達の声を聞くと自分自身も癒やされます。
  しかし今回の新型コロナウィルスの騒動でやむなく玩具を全部片付けてしまいました。それはクリニックが新しい感染症の温床となっては困ると判断したからです。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は子どもが重症化することはほとんどないようです。しかし高齢者や基礎疾患を抱えた大人は重症化し、亡くなる方も出ています。子どもは良くても子どもの面倒を見ている祖父母に移すわけには行きません。
早晩、日本中に蔓延するでしょう。検査の対象は限られ、子ども達は検査されることなく普通の風邪と同じ扱いになるでしょう。おそらく自分も感染すると思います。その覚悟は出来ていますが、家にいる高齢の父母に移すわけには行きません。

 いずれは多くの日本人が感染しそれぞれが免疫を獲得し、COVID-19は子どもの風邪の一つになるのだろうと考えています。もちろん不幸にして亡くなる方もいるでしょう。自分も免疫がないので重症化するかも知れません。しかしいずれは普通の風邪と同じになるでしょう。簡易診断キットや治療薬が作られるかも知れませんが、そこまでは自分には分かりません。しかし今我々はCOVID-19に対し、必要以上に恐れることなく冷静に対処することが肝要と考えています。

 マスクの効果は限定的です。マスクは風邪を引いている人が周囲にウイルスをまき散らすのを防ぐのには有効ですが、健康な人が感染を予防するにはマスクだけでは不十分です。しかし今の段階で自分が罹るわけには行きません。自分が診療できなくなると、その影響は大きいでしょう。そんな訳でしばらく自分もマスクをすることにしました。それでも罹ってしまえばそれは仕方ありません。治るまで自宅で安静・療養するつもりです。

皆さんも罹らないためには、あるいは罹っても重症にならないためには次のことを心掛けましょう。
①ハードな仕事や運動で疲れをためない。
②疲れを感じたら休息を取る。
③保温と充分な睡眠を心掛ける。
④しっかり食べて栄養を付ける
⑤手洗い・うがい・マスクの着用
⑥人混みを避ける。
⑦感染リスクの高い救急外来をむやみに受診しない。

インフルエンザの2度罹り その2

 今期、同じA型のインフルエンザに2回罹る子どもがいることが小児科医のMLでも話題になっていました。どうやら今、二つの型のA型インフルエンザが流行しているようです。一つは以前、新型インフルエンザとして問題になったAH1pdm09。もう一つはAH3いわゆるA香港型。同じA型でも多少遺伝子は違うので2回罹ることはあります。さて、どうなのでしょうね。当院で経験した2例も2つの型のA型インフルエンザに罹ったのかも知れません。しかし免疫ができずに同じ型に罹ったのかも知れませんし、それは調べられていなので分かりません。ただ自分自身は抗インフルエンザ薬は使ったことはないし、マスクをしなくてもインフルエンザには滅多に罹りません。何度か罹って免疫が強くなり、罹りにくくはなっているのでしょう。シーズン初めに何となく体が重いのは、発熱や咳は出なくても軽く罹っているのだろうと思っています。そんな時は漢方薬を飲んで、早くに寝ることにしています。


 さて、今期、呼吸障害で積極的な治療が必要な子が数名出ています。新型インフルエンザのパンデミックの時もそうでした。おそらく同じAH1pdm09のインフルエンザに罹って呼吸障害を起こしたのだろうと思っています。ただどの子も診断前に発症から1日以内(第0〜1病日)で合併症を起こしていました。初診時、あるいは翌日インフルエンザの診断確定時に既に呼吸障害がありました。つまり抗インフルエンザ薬を投与する前に既に呼吸困難の症状が出ていたのです。
 インフルエンザはほとんどが安静にしていれば治りますが、やはり稀にある合併症には注意が必要です。そしてそれは抗インフルエンザ薬を使用すれば防げるものではないと考えています。

インフルエンザ=抗インフルエンザ薬はやはりおかしいです。


それにしても昨今、患者さんも園・学校・会社も加えて医療機関も、検査キットに振り回されていると思いませんか?

インフルエンザの2度罹り

連日のようにインフルエンザに関するニュースが報道されていますが、青森県の流行も警報レベルに達したようです。津軽地域も今週に入り急に増加してきました。しかし今のところ当院では重症例はなく、苦しそうにしている子どももそう多くはありません。

今シーズン、A型インフルエンザの2度罹りを2例経験しました。これまでも1シーズンでAとBの両方に罹る子はいたのですが、同じA 型に2回罹った子はそうはいませんでした。理由として二つ考えられます。一つは違うタイプのA型に罹った。二つ目は二人とも抗インフルエンザ薬を使用したので、インフルエンザに対する免疫の獲得が不十分で2回罹ってしまった。
ゾフルーザはウイルスが増殖するのを抑えます。ということは体の免疫応答、抗体の産生も弱いのではないかと思うのです。以前、タミフルでも使用すると免疫の獲得が不十分となるという報告がありました。タミフルは感染した細胞からウイルスが飛び出すのを抑える薬剤ですから、ウイルス量そのものはそれなりにあるはずです。それがゾフルーザではウイルスの増殖を抑えるのでウイルス量は更に少なくなります。当然免疫応答も弱くなるのではないかと思うのです。
(まだ報告は出ていませんが・・・)

罹ったら自力で治して、あるいは漢方薬で免疫能を高め、自分自身の抵抗力を高めるのが良いのではないかと思っていますが、賛同してくれる人は多くはありません。僕がマスクをしなくてもインフルエンザに罹らないのは、何度か罹ってしっかり免疫ができているからなのですが、それを話しても納得してくれる人は少ないです。毎年シーズン初めに何となく体が重くなるのは、インフルエンザに感染して、発症しなくても体の中で免疫君が戦っているからかな〜なんて思っています。そんな時は激しい運動もお酒も控えています。


先ずは普段から規則正しい生活と睡眠をしっかり取って、インフルエンザに負けない体力を付けましょうね。

ページ移動