記事一覧

子どもとコロナ 2

以前、同じタイトルで長崎大学森内先生の講演の内容を紹介しました。今日はナショナル・グラフィックの記事を紹介します。「子どもがコロナに感染する・させる割合は大人の半分ほど」とありました。その内容はアイスランドでの最新研究で子どもが新型コロナウイルス感染拡大にどの程度影響しているか明らかにされていました。およそ4万人を対象にした調査の結果、15歳未満の子どもが新型コロナに感染する割合、および他人に感染させる割合はいずれも大人の半分程度だそうです。また、子どもの感染例はほぼ全てが大人から移されたケースだったそうです。おそらく日本でもそうでしょう。
と言うことは感染拡大を防止するのに休校措置は役立たないということです。休校は子どもや地域社会への影響が大きく、米疾病対策センター(CDC)も休校をなるべく避けるように推奨しています。

ただ、思春期以降に感染リスクは一気に上昇するようです。米国での調査では高校での感染割合は小学校の3倍近くに上るとありました。

ではなぜ子どもは罹りにくいのか。
以前から新型コロナウイルスが結合する「ACE2受容体」が子どもは上気道に少ないからだという説があります。また小さな子どもはウイルスにさらされる機会が多いために、新型コロナウイルスに近いコロナウイルスに対する免疫があり、それが新型コロナウイルスにも有効に働いている(交差免疫)のではないかと言う説もあります。

別の論文ですが興味深い報告がありました。新型コロナに感染した患者の年齢が若いほどインターロイキン17A(IL-17A)とインターフェロン-γ(INF-γ)の値が高いことが明らかになったそうです。IFN-γにはウイルスの複製を抑える作用があります。全ての人に備わっている自然免疫系の一部であり、感染後の早い段階で活性化されます。一方、成人患者では小児に比べ、新型コロナウイルスのスパイク蛋白に対する強い免疫反応が認められたそうです。そして中和抗体が作られ、ウイルスを排除する。
言い換えると、小児では感染して直ぐに自然免疫が働き発症を抑えるが、成人では感染してから免疫ができ、それからウイルスを排除する(獲得免疫)ために時間が掛かると言うことです。そして様々な炎症反応が連鎖し、重症化するのでしょう。

地域別の新型コロナウイルスの感染者数をみると、大阪や北海道は減少傾向にありますが、東京は微増、その周辺や地方の中核都市では増加、全体として微増傾向にあります。GoToが原因かどうかは分かりませんが、明らかに首都圏のコロナが地方に拡散したように見えます。経済と感染防止の両立は困難ですが、感染の危険性の高い場面・場所とそうでない場所とのメリハリの利いた対策が必要と考えます。

男子もHPVワクチンを

 しばらく前の話になりますが、母親に連れられHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)を希望されて受診した中学生の男子がいました。その子は父親の仕事の都合で海外で暮らしていたそうです。その国では男の子もHPVワクチンを接種していたそうで、帰国後、日本でも当然接種できるものと思っていたそうです。しかし他の医療機関で日本では男性に認可されていないからと断られ、人づてに聞いて当院を受診したのでした。認可されていないと言うことは、もし接種で事故が起きたとき、その補償が出来ないと言うことです。それを説明した上で接種してあげました。

 さて、そのHPVワクチンですが、今度日本でもようやく男性への接種が認可されるようです。何故、男の子に?と思われる方もいらっしゃると思いますが、男性も打つべき理由は大きく2つあります。1つは女性にHPVを感染させないため。もう1つは中咽頭がんや尖圭コンジローマを予防するためです。それだけでなく肛門がんや直腸がん、陰茎がんもそのほとんどがHPVによることが分かってきました。そして海外の先進諸国では男性にもHPVワクチンを接種することは常識となっているのです。

 国が勧奨接種を中止して以降、日本のHPVワクチンの接種率は未だ低いままです。その間に毎年1万人を越える女性が子宮頸がんに罹患し、3000人の方が亡くなり、しかもその数は増加傾向にあります。HPVワクチンが定期接種になった2013年から本来なら救われていただろう多くの女性が子宮頸がんに罹患し、今後も増え続けることを思うと残念でなりません。
 一方先進諸国ではより予防効果の高い9価のワクチンが接種され、子宮頸がんはもはや過去の病気となりつつあります。子宮頸がんはそのうち日本の風土病になるのではないかなんて言っている研究者もいます。行政はHPVワクチンを早くに勧奨接種に戻すか、少なくとも接種意欲を削ぐようなコメントは控えて欲しいものです。

 ところで今年の7月、日本でも9価のHPVワクチンの製造販売が承認されました。しかしコロナ禍の影響でしょうか、発売が遅れていますし、定期接種になる見込みも立っていません。かなり高価なワクチンです。早く定期接種に組み込まれることを期待しています。

注)HPV:ヒト・パピローマ・ウイルス 主に性行で感染します。
  勧奨接種:国が積極的に接種を勧めること 現在HPVワクチンは勧奨されてはいませんが、定期接種から外れたわけではありません。

子どもとコロナ

ファイル 623-1.jpgファイル 623-2.jpg

 弘前では連日のように新規感染者が報道され、皆様の不安が大きいのはよく分かります。このブログで以前、子どもはコロナに罹りにくいし罹っても軽症と前に書きましたが、まだまだ子どもが罹ってしまったらと不安に思われる方が多いようです。以前、弘前にお呼びし子宮頸がんワクチンについて講演していただいた長崎大学の森内浩幸先生が日本臨床ウイルス科学会で「COVID-19と小児」をテーマに講演したというニュースを読みました。その内容をかいつまんでお伝えします。

 先生は講演で「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は子どもにとっては基本的に風邪のウイルス」と述べたそうです。
「日本だけでなく世界でも18歳未満の感染者は少なく無症候性のことが多い。日本では現時点で子どもの死亡例はない。子どもにとって危険なのはコロナよりもインフルエンザ肺炎でさらにインパクトが大きいのがRSウイルスである」
もちろん講演ではその裏付け、科学的データを解説されたと思いますが、難しいことはここでは省きます。

 感染経路は家庭内での感染が主。
「インフルエンザは子どもが流行の中心で、学校の流行から社会に広がって行くが、SARS-CoV-2は社会の中の流行からウイルスが家庭内に持ち込まれ、子どもが感染するという逆の構図である」
そして更に「感染対策としてゼロリスクを求める過剰な対応は非現実的で、バランスの取れた対応策を立てる必要がある」と協調されたそうです。

 そのバランスを取るのが難しいのでしょうね。子どもにとっては風邪のウイルスであったとしても高齢者にとっては極めてリスクの高い感染症です。高齢者に対する感染防止対策と、それ以外の感染防止対策とを分けて考える必要があるのでしょう。

 少なくとも弘前の休校措置はSARS-CoV-2の流行の阻止という意味では過剰な対応のように思います。
子ども達はまたゲーム三昧のようです (v_v)


 さて、Withコロナ、新しい生活様式とはどんな生活様式なのでしょう。
皆がマスクして半分顔を隠したままの社会・・・違和感を感じます。
人と人との関係性に問題が生じないものかと危惧しています。


写真は中野もみじ山の近く、浄仙寺の紅葉です。

ファクターX

ファイル 609-1.jpgファイル 609-2.jpgファイル 609-3.jpg

 iPS細胞の山中伸弥先生が何故日本でコロナの患者数、死亡者数が少ないかの理由をまだ不明という意味でファクターXと表現しています。
 これまで色々な説が出てきました。日本人の生活習慣説、日本語の発音説、遺伝子説(HLAの違いで感染性が異なる)、免疫説(過去に既に今回の新型コロナに近似したコロナが既に流行し既に免疫を持っていた)などなど。最近、ある京大の先生が言い出したのは新型コロナの遺伝子タイプに病原性の低いK型があり、日本の入国制限措置の遅れがむしろ幸いし、病原性が強い型が流行する前にK型が流行し、それにより集団免疫が出来たという説。

 ファクターXが何なのかはまだ明らかにされてはいませんが、何らかの理由があるのは確実です。それを考慮して、日本における基本再生算数(ウイルスの感染力を示す指数)に基づいて、感染防御対策を進めるべきと考えます。
統計的な解析から休校措置や自粛は意味がなかったという見解も出てきました。緊急事態宣言が出された時点ではそれは明らかではなかったのでしょうが、我々はこの流行を詳細に客観的に分析し、国はそれに沿って次に取るべき施策を考えるべきでしょう。

 果たして保育園や学校での全員マスクが必要なのか?
マスクの有効性は限定的です。子どもは感染しにくく子どもから子どもへの感染は稀です。学校での子どものマスクは不要と考えています。もちろん保育園でも子どものマスクは不要。ましてや赤ちゃんにフェースシールドを付けるなんて・・・気持ちは分かりますが、不要どころか危険です。

 マスコミの不安を増長する報道に煽られ、行き過ぎた対策はむしろ社会にとって不利益をもたらすと考えています。どんな状況で感染を起こすかが分かってきました。それを避ければ、そこへの対策を講ずれば良いと考えています。事態は刻々と変化し、情報は日々更新されます。新しい知識と情報に基づいて臨機応変に予想される事態に対応すべきでしょう。

 さて、ほとんどの学会、研究会が中止になり、日曜日は急患診療所の当番のない限りフリーです。おかげで毎週山に行けていました (^_^)v
写真は八甲田の稜線の高山植物です。チングルマにイワカガミ、井戸岳ではイワウメの群落が崖一面に花を咲かせていました。

真の感染者数と死亡者数は?

ファイル 605-1.gifファイル 605-2.gif

 またまた新型コロナの話題です。もういい加減、食傷気味でしょうか。最近は毎日のテレビからの情報で医療従事者でなくとも、かなり詳しくなった方も多いのではと思います。

 さて、皆さまもご存じの通り日本ではPCR検査が制限され、真の患者数を反映していないと言われています。そこで抗体検査で既に感染した人がどの位いるかの調査が始まっています。その結果、東京では抗体陽性率は0.6%でした。つまり1000人に6人の人が自分でも知らないうちに感染していたということになります。それが正しいと仮定すると、今の東京都の人口が1400万人弱ですから、その0.6%というと単純に計算して8万4千人ということになります。発表されている東京都の感染者数(PCR陽性者)は5千人あまりですから一桁違います。まあそれでもニューヨークの15%よりは遥かに低いようです。もっともその抗体検査が正確かどうかも実は疑問のあるところで、検査そのものの信頼性が低ければ0.6%という数字も怪しくなります。

 日本ではCOVID-19による死亡率も低いことも話題になっています。東京のCOVID-19で死亡された方が250人余。感染者が8万人となると致死率は更に低くなります。それは本当でしょうか。
最近、WHOはコロナのインパクトを評価するのに超過死亡で評価するのが望ましいと言っています。超過死亡とは元々予想されていた死亡数から、どれだけ多くの人が亡くなったかという数字です。これは検査とは異なり、実際に亡くなった人の人数ですからある程度、信頼できます。この超過死亡を見ると、東京の3月の超過死亡がかなり高くなっているのが分かります。この超過死亡数、つまり原因不明の肺炎で亡くなった方はCOVID-19による可能性が高いと考えられます。
ところがその国立感染症研究所の東京都の超過死亡数のデータがいつの間にか書き換えられていました。左が先週のグラフ、右が今週のグラフです。単に間違いを修正しただけでしょうか。何だか作為的なものを感じます。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-m/2112-idsc/jinsoku/1852-flu-jinsoku-7.html


 少しずつ、色んなことが分かってきました。
ワクチンや治療薬への希望も見えてきました。アビガンの効果についての否定的な専門家の意見や、有効なワクチンの開発はかなり困難という話しがあります。しかし一方、細胞にコロナウイルスが侵入するのを防ぐ抗体が見つかったとのレポートもありました。それが本当なら有効な治療薬やワクチンの開発にも役立ちそうです。またCOVID-19の重症化に血栓が重要な役割を果たしており、それを予防するためには抗凝固剤(ヘパリン)を使うべきという情報もありました。

 あまりに沢山の情報があり、混乱してしまいます。どの情報が正しいかしっかりと見極める必要があります。しかし確実に前進していることは間違いありません。第2波、3波が来るかどうかは分かりませんが、最悪を想定して今から対策をとることは大切でしょう。

日本人の特性?

ファイル 591-1.jpgファイル 591-2.jpg

 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)が今も定期接種であることをご存じの方は意外と少ないようです。小学校6年から高校1年の女子は無料で接種することが可能です。自費で接種すると1回1万7〜8千円、3回接種で5万円程かかります。

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染が原因となって引き起こされる、20〜30代の若い女性で最も多い癌です。年間1万人の方が罹り、3千人の方がなくなっています。たとえ手術で命が助かっても子どもを産めなくなってしまうこともありマザーキラーともいわれています。

 2013年4月にこのHPVワクチンが定期接種となった直ぐ後、ワクチンを注射した後に強い疼痛やけいれん様の不随意運動を来した子ども達が出て、国は6月には積極的に勧奨することを止めてしました。その子達の不随意運動はYouTubeにアップされ、ニュースでも取り上げられました。その映像は衝撃的で、ワクチンの接種を不安に思われた方が大部分だったのではないでしょうか。その結果、開始直後8割ほどあった接種率はほとんど0%にまで落ち込んでしまいました。
 しかしそれらの症状が本当にHPVワクチンワクチンが原因かどうかに様々な検証が行われた結果、現在では不随意運動とワクチンの間に因果関係はないという結論が出ています。

 さて、僕が不思議に思うのは何故国がワクチンの勧奨の差し控えの解除をためらうのかということと、マスコミが何故真実を伝えようとしないのだろうということです。ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑先生が受賞後のインタビューでこのHPVワクチンワクチンのことを話されていました。「原因ではないことの証明は不可能だ。しかしそれが原因だという証拠が見つからないということは原因ではないということと同じなのだ」と。しかしマスコミはこの本庶先生のコメントを完全に黙殺しました。テレビも新聞も全く伝えなかったのです。

 日本では予防接種は完全に安全であることが求められるようです。100%安全なワクチンはありません。しかし危険性はほとんど0に近いのです。疾患に罹る危険性とワクチンで守られる安全性とを天秤に掛けると当然接種するのを選ぶと思うのですが、何故日本人は100%の安全を求めるのでしょう。理性より感情論が支配しているのが日本人の特性なのかも知れません。

 もちろん接種後に様々な症状を訴えた少女達へのケアは必要ですが、このままの接種率では10年後、20年後に子宮頸がんは世界で日本だけの病気になってしまいます。


 現在、日本では2価と4価の子宮頸がんワクチンを接種可能ですが、諸外国では既により有効な9価のワクチンが導入されています。また女児だけでなく男児にも接種されています。というのもヒトパピローマウイルスは女性の子宮頸がんの原因となるだけでなく、男性も罹る治療がとても厄介な尖圭コンジローマや更には咽頭癌の原因にもなり男女ともに接種することが推奨されるのです。


 それでも徐々にワクチンを接種する子ども達は増えています。皆さんも対象年齢の少女をお持ちの方は是非HPVワクチンの接種をお勧めします。

 写真は先日弘前で長崎大学小児科教授森内先生をお招きしてHPVワクチンの講演のスナップ写真です。実に分かり易い講演でした。

ゼロ・プロセス

ファイル 586-1.jpg

 今年の乳幼児精神保健学会FOUR WINDSは沖縄の那覇市で開催されました。テーマはトラウマ。沖縄というと青い海に白い砂浜というイメージで一見トラウマとは縁遠く思われるかも知れませんが、沖縄は先の太平洋戦争で日本で唯一地上戦の行われた場所です。その戦争によって生まれたトラウマは世代間伝達し、今も沖縄の人々の心の中に残っています。もちろん若い人達は戦争を体験したわけではなく、その生の記憶はありませんが、親の心の中のトラウマを子どもは感じて、形を変えて若い人達の心の中に伝わっているのです。戦争のトラウマが完全に消えるには数世代という時間が必要でしょう。

 さて、タイトルのゼロ・プロセスは今回招聘されたカナダのフェルナンド先生が提唱された概念です。難しいのですが、簡単に言えばトラウマのゼロ・プロセス記憶は過去のものとして処理されず、今も生き続けるということでしょうか。つまりゼロ・プロセス記憶の残る人は今現在の世界とトラウマ世界の二つの世界を同時に生きていることになります。PTSDのメインの症状であるフラッシュバックのメカニズムかしらと思いました。

 沖縄に着いた日の夜、焼け落ちた首里城に行ってみました。暗い中、黄色い立ち入り禁止テープの向こうに警備員さんが立っていました。それでも守礼門だけはライトアップさてれいました。今回の学会で行くつもりだったのですが残念です。早く再建されることを祈っています。


追記:
 実は大会テーマは「童(わらび)どぅ宝〜社会で支える親子の成長〜」でした。
その隠れたテーマが残されたトラウマとどう立ち向かうかなのだと理解しました。
子どもは社会の宝です。
社会が子どもを育ちを見守り、子育てを支援する必要があります。

抗菌剤の適正使用

ファイル 582-1.jpg

 先の土曜日、クリニックを休診にして、新潟で開催された北海道・東北連合小児科医会に参加してきました。その会での特別講演は新潟のS先生でした。テーマは抗菌剤の適正使用。風邪に抗菌剤はむしろ有害で腸内細菌叢に影響を及ぼし、将来のアレルギー、大腸癌、過敏性腸症候群、肥満など様々な病態のリスクが高くなる。不要の抗菌剤の使用は耐性菌を増やすと。その話しは別の学会でも聞いていましたから、「最近、多くの小児科医は抗菌剤の適正使用を心掛けるようになった。しかし子ども達は風邪症状でまず他科を受診することも多い。そこで多くの不要の抗菌剤が処方されている現実がある。それに対してどのような対策を取られていますか?」と質問してみました。するとS先生は「そのことはどの先生も感じていることでしょう。自分は機会があるごとに他科の先生達に向けても講演している」と返答されました。
 そういえば最近市内のA耳鼻科の処方が変わってきた気がするのはそのお陰でしょうか。小児科だけでなく、各科の医者が抗菌剤の適正使用を心掛け、耐性菌を増やさないようにしないと、近い将来、細菌感染症はまた人類の脅威になる可能性があります。癌で亡くなるよりも細菌感染症で亡くなる人の方が増える時代が来るのではないかと危惧されているそうです。

 写真は新潟で見かけた黒い新幹線!
調べたらこの新幹線は外見だけでなく、車内も多くのアートを楽しむことが出来て、子どもがプラレールで遊べる車両もあるようですよ。ただ走っているのは新潟と越後湯沢の往復だけだそうで、ちょっと残念でした。

登場人物になる

ファイル 581-1.jpg

 先の連休に広島で開催された小児心身医学会に参加してきました。実は学会そのものには期待しておらず、昨年の豪雨で被災した広島の友人に会うのが目的でした。しかし期待していなかった学会は大変有意義なものでした。以前よりも親子の関係性への注目が深くなり、また多くの新しい情報もありました。
 今日のタイトルはその学会での広島の児童精神科医M先生の特別講演でのフレーズです。「子どもと関わると言うことは、その子の人生の登場人物になるということである」。それは力動精神医学の講演でした。ご自分の人生に精神医学の歩みを重ねての話しでしたが、静かな語り口の裏に激しい情動、厚い情熱を感じさせる素晴らしい感動的な講演でした。

 我々は日々子ども達と接しています。例え関わりが一瞬であったとしても、我々は彼らの人生の登場人物なのです。脇役かも知れませんが、往々にして脇役が大きな物語の重要な登場人物だったりします。子どもと関わる我々はそれを心得て関わる必要があるのですよね。

 実りの秋、台風が近づいています。大きな影響のないことを願っています。

マタニティ・ベビーフェスのご紹介

ファイル 579-1.jpgファイル 579-2.jpg

 9月23日秋分の日、弘前に乳幼児精神保健学会FOUR WINDS会長の渡辺久子先生をお迎えし、ヒロロの文化交流館ホールにて講演会が開催されます。午前の部は一般向けで講演タイトルは「赤ちゃんバンザイ」、午後は子どもと関わる分野の専門職対象の講演でタイトルは「乳幼児精神保健の基礎と臨床」です。

 弘前市はヒロロに「子育て支援包括支援センター」を作りました。母子手帳の発行から様々子育て支援に関わる様々な事業を全て一カ所に集めたのです。その包括支援センターが秋分の日にマタニティ・ベビーフェスを企画したのです。そしてそのフェスで講演会を企画し、渡辺先生を招聘したいと僕に依頼がありました。丁度、我々FOUR WINDS青森でも渡辺先生を呼んで勉強会を開催するつもりでしたから、それは渡りに船と弘前市に協力することにしました。そして渡辺先生の方からの提案で「折角弘前に行くのだからスタッフ向けの講演もやりましょう」との申し出を有り難くお受けし、1日に二つ、講演して貰うことになりました。渡辺先生に講演のタイトルを伺ったところ、「それは先生が決めてください。タイトルに合わせたお話をします」と言われてしまいました。それならばと自分の思いも込めたタイトルを考えました。

 そんな訳で9月23日、僕が尊敬する渡辺久子先生の講演会があります。是非、多くの方にお越しくださいますようお願いいたします。

ページ移動