記事一覧

国産ワクチン司令塔

 昨日の読売新聞の第一面に大きく「国産ワクチン司令塔」という見出しで、国が国産ワクチンの開発・製造を後押しすると出ていました。もう30年以上前のことになりますが、実は日本はワクチン開発で世界をリードしていました。今世界中で使われている水痘ワクチンは日本で開発されたものです。しかしその後、ワクチンに関連した様々なトラブルがあり、メーカーは積極的なワクチン開発から手を引きました。トラブルとは麻疹・風疹・おたふく風邪の三種混合ワクチン(MMRワクチン)で多数の髄膜炎が出たことや、日本脳炎ワクチン後に脳脊髄炎が疑われる例が出たことなどです。マスコミも騒ぎ、ワクチンバッシングが巻き起こり、国はその対応に追われたのです。 今、日本で使用されているのは麻疹・風疹ワクチン(MRワクチン)ですが、世界中ではMMRワクチンが標準です。日本脳炎ワクチン後の脳脊髄炎は因果関係はありませんでした。その後、ワクチンメーカーはトラブルがあったときのリスクを恐れ、ワクチン開発に及び腰になったのです。
一方、合衆国ではワクチン施策を危機管理の一つとして捉え、国が積極的に開発を勧めていました。お陰で世界中の多くの人が救われ、おそらくファイザーもモデルナも今回の新型コロナワクチンで莫大な富を得たことでしょう。

 日本はどうも目先の利益だけしか見えないようです。今直ぐに利益を得られることには積極的ですが、将来に投資することはなかなかしません。官民共に確実に利益が得られると分かるものにしかお金を出さないようです。ワクチンで病気を予防することはその最たるもので、ワクチン政策を積極的に進めることは、今現在の出費はありますが、病気を予防することで、長期的に見ればその方がメリットが大きいのです。

 日本は子どもにお金を掛けない国だと言われています。心身ともに健全な子ども達を育てることに投資することは日本の未来に直結すると思うのですが、何故、それを渋るか自分には理解できません。

 このコロナ禍で世の中は益々窮屈になってきました。是非とも国は高齢者だけでなく、日本の未来を担う子ども達のことも忘れずに舵を取ってほしいものです。

隠蔽することの教育?

 弘前管内で保育園の大きなクラスターが発生しました。おそらく弘前市内ではなく、近隣の町の保育園です。おそらくと書いたのは実は我々医療機関にもクラスターの情報が全く入ってこないからです。情報は報道かあるいはお母さん方からの口コミのどちらかです。

 今の保健所のコロナ対応には首をかしげることも多いです。
忙しくて大変なのはよく分かりますが、隠蔽は良くありません。ある先生がメールでぼやいていました。頭痛で受診した中学生にコロナの検査を勧めたところ、保護者にその理由を尋ねられ、先ほど同じクラスで感染者が出たからだと伝え、同意を得て検査し幸い陰性だったそうです。ところがその後、校長から電話があり「先生が検査をするのは勝手だが、学校にコロナがあるといわないでくれ」とお叱りを受けたとか。また、その先生が園医をしている保育園からも「保健所には何も言うなといわれている」の一点張りだったとか。
しかしそういった対応は隠蔽することを大人が子どもに教えていることにはならないでしょうか。


 おそらく保健所が隠蔽を指示するのは、その施設や感染者をバッシングから守るためでしょう。
そう考えるとバッシングする側にも問題がありそうです。
では何故、人は他者をバッシングするのか・・・
それはやはり不安が大きいからでしょうか。
一時期話題になったマスク警察なども自分の不安の表れでしょう。自分の不安を他者にぶつけて心の安定を図ろうとするのです。
その背景には不安に立ち向かう心が育っていない未熟さがあると考えられます。
それには幼少期からの育ちの問題、それは家族の問題、それを支える社会の問題・・・
などと考えていると、結局の所、歴史を踏まえた日本社会全体の問題になってきます。
コロナ以前から日本中が病んでいるのでしょうか。

だから差別やいじめ、虐待も多い・・・。

不安を解消するには先ずは正しい情報を隠さず提供することです。
その情報があって初めて、適切な対応をとることが可能です。

報道の自由度ランキングでは日本は世界で71位だったかと。
日本には表に出てこない様々な障壁があるようです。

虐待のニュースに思うこと

ファイル 659-1.jpg

虐待のニュースが繰り返し流され、またかと暗くなります。虐待対策が叫ばれつつも、新聞ではコロナ禍でむしろ虐待は増えていると報道されていました。コロナ禍で増大した不安が子どもに向けられるのでしょう。これほど大きな社会問題になっているのに我々は有効な手立てを打てないでいます。189(いち・はや・く)は児相への虐待通報ダイアルですが、その趣旨は「子ども達や保護者のSOSの声をいち早くキャッチすることと」あります。しかしそれで虐待が減ることはないでしょう。虐待を早く見付けても、虐待が無くなるわけではありません。虐待対策に必要なことは虐待を早期に見付けることではなく、虐待を予防することと考えています。ただそれは非常に困難なことです。何故なら虐待するリスクのある親への予防的な介入が必要だからです。

3歳の子に熱湯を浴びせて死なせてしまった男性だけでなく、それを止めることが出来なかった母親もまた虐待の加害者です。おそらく彼らのどちらにもその生い立ちに問題があったのだろうと想像します。深い心の傷があるに違いありません。もちろん亡くなった子どもは可哀想ですが、幼子を虐待せざるを得なかった彼らもまた不憫でなりません。

“虐待の連鎖”のことは随分と知られるようになりました。幼児期に虐待を受けた大人が子どもの声を聞くと、無意識に自らの乳幼児期の辛い記憶が蘇り、子どもに対して嫌悪感を抱き、虐待してしまいます。もちろん虐待を受けた人の全て自分の子どもを虐待するわけではありません。虐待せずに立ち直る人も少なくありません。しかしそれには周りのサポートが必要なのです。虐待予防に必要なことは正にそこへの介入です。
もう一つ大切なことは虐待とは単に身体的虐待だけではありません。ネグレクトやDVの目撃などの心理的虐待があり、むしろ身体的虐待よりそちらの方が心の傷は深いと言われています。そしてほんの些細な心の傷付きも、それが積もり重なると大きな心の傷として生涯残ってしまうのです。(マイクロトラウマの累積外傷と呼ばれています)
そうは言っても誰しも一つや二つの心の傷は抱えています。ただそれを上回る楽しい思い出があればそれで良いのです。

里もすっかり秋ですね。写真はススキ・・・だと思うのですが、どうもオギやヨシとの違いがよく分かっていません (^_^;

桜祭り

ファイル 642-1.jpg

 今年の桜は随分早くに咲き出しました。そして咲いたと思ったら一気に満開になってしまいました。果たして週末まで保つかしらと心配になり、良く晴れた水曜日の朝、少し寒かったのですが自転車で公園に行ってみました。まだ朝の5時というのに既に多くの人出。去年は遠くから眺めるしかなかった春陽橋も西堀の桜のトンネルも、今年は歩くことが出来ました。
 
 今年の桜祭りはコロナの感染に注意しながらの開催となりました。それでも開催することが出来たのは何よりです。マスクして公園内を歩くだけなら、極端な混雑でない限り、例え変異型であろうと新型コロナウイルスに感染することはほとんどありません。新型コロナの接触感染も極めて少なく、よく言われるように閉ざされた空間での向かい合っての食事で飛沫感染します。青森市で連続しているクラスターもその多くが夜の街です。


 変異型の新型コロナウイルスは感染力が強く、小児にも広がるのではないかと心配されていましたが、どうやら年少児の感染はそれ程多くはないようです。米国の記事で小児の重症例も増えていると読みましたが、日本ではその心配は低くそうです。ただし、もうしばらく注視する必要はあるでしょう。

 ワクチンの接種は中々軌道に乗らず、我々も未だ接種していませんが、ここは辛抱強く、個々が感染防止対策を取ってこの困難を乗り切るしかなさそうです

緊急事態宣言

皆さま
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
新年最初の「院長のひとこと」です。

 緊急事態宣言が出されてしまいました。記者会見で諮問委員会の尾身会長が真摯に「十分な行動変容を促すメッセージを伝えることが出来なかったのは我々の責任でもある」と述べていたのに対し、どこか他人事のように視線をそらした某総理大臣の表情が印象的でした。

 自分のブログやメルマガで子どもは新型コロナに感染しにくく、感染しても軽症と何度も書きました。若年者層も軽症者が多いのでしょうし、それが行動制限とは逆の強いメッセージとなっているのでしょう、今回の緊急事態宣言では特に若年者層の行動変容はほとんど起こっていないようです。しかしそれでは感染者の増加を止めることは出来ません。多分、もう流行拡大を止めることは困難ではないでしょうか。まあジワジワと増える程度に抑えて、早くにワクチン接種を開始するしかないのではと考えています。
青森はまだまだクラスター絡みの感染で済んでいるので、しっかりクラスター対策をしましょう。

 さて、そのワクチン、多くの国で既に接種が始まっていますが、日本では開始までまだ1ヶ月以上掛かりそうです。やきもきもしますが、朗報もあります。ファイザー社製のワクチンは保存が−70℃と管理がかなり大変ですが、もっと保存が容易でしかも終生免疫が期待できるというワクチンが日本で開発されたそうです。まだ動物実験段階だそうですが、早いとこ臨床試験を開始して、実用化して欲しいものですね。

 日本では国は無料で接種を進めると言っていますが、やはり高価なワクチンなのでしょう、国民全員にワクチンを接種するだけの予算を付けられない国も少なくないようです。今や感染症は地球規模で拡大します。全世界的に流行を抑える必要があります。開発途上国のワクチンを積極的に勧めることは先進諸国の利益にも繋がるという研究報告もあるそうです。国の懐事情でワクチンを接種してもらえない人が居る事態は好ましくありません。富める国が援助する必要があると考えています。

ワクチン接種間隔

ファイル 619-1.jpg

10月1日からワクチンの接種間隔が改正されます。

 注射生ワクチンの後、他の注射生ワクチンを接種するときはこれまで通り27日間隔を開ける必要がありますが、それ以外のワクチンについては全て接種間隔の制限がなくなります。

 これまで行政からの指導でワクチンの接種間隔については厳しい制約がありました。例えばMRワクチンなどの生ワクチンの後は4週間後から出ないと他のワクチンを接種することが出来ませんでした。それが大きく変わります。例えばMRワクチンを接種した後、次の日にインフルエンザワクチンを接種するといったことが可能になります。

 ただ今後も注射の生ワクチン同士はこれからも27日間間を開ける必要があります。
また同じワクチンを何回か接種する場合、例えばヒブワクチンの1回目と2回目の間隔はこれまで通り、27日以上の間隔を開ける必要があります。
それぞれのワクチンで接種間隔は異なりますので、その都度スタッフにご相談ください。

With コロナ

ファイル 616-1.jpg

  新型コロナに関して分からないことはまだまだ多いのですが、分かってきたことは沢山あります。まず皆さんに知って欲しいことは新型コロナウイルスを封じ込めることは不可能だと言うことです。それは軽症者や不顕性感染者がとても多いからです。国民全てを検査し感染者を見つけ出し、隔離することは不可能です。
 国は当初から封じ込めは目指して来なかったように見えます。もし中国の武漢のように世界中が強力な国家権力で完璧なロックダウンを行えば封じ込めは可能だったかも知れません。しかし今の日本や欧米ではそれは出来ません。中途半端なロックダウンが功を奏しないのは今の世界をみれば分かることです。僕は日本のクラスター対策を評価しています。出来るだけ市中感染を防ぎ、小規模のクラスターをその都度押さえ込み、長期戦でダラダラとつき合っていくしかないのだと考えています。
 最近、マスコミの報道が少しずつ変わってきたように思います。世間の風潮も変わって来たようです。コロナに慣れたのか不安感危機感が薄らいでいるようです。しかし一気に感染爆発が起こることは避けなければなりませんから、皆がある程度の感染予防対策を取ることは必要でしょう。そのためにはある程度、危険性を強調し、行動の自粛を要請するようなメッセージの出し方もやむを得ないのでしょう。
  ただ、ゼロリスクを求める必要はありません。もちろん高齢者施設では重症化の比率は高いので、ゼロリスクを目指すことは必要でしょう。しかし十把一絡げで日本中が同じ対策を取る必要はないということです。地域ごと、集団ごとの適切な対策を取ることが求められるのだと思います。

  さて、子どもに関してですが、子どもは感染しにくく、感染しても重症化は少ないことが分かっています。もちろん重症化する子も稀にはいますが、それを見逃さず、適切に治療すれば良いのです。子どもが感染するのは主に家族からで、子どもが発端者となって保育園や小学校がクラスターとなることはほとんどありません。子どもの感染者も大人と同様にウイルスを排出するようですが、それでも子ども同士で移し合うことはほとんどありません。従って保育園では極端な感染予防策を取ることは必要ないと考えています。例えば保育園の子ども達全員がマスクを付ける必要はありません。外来で子ども達を観ていると未就学児でマスクを正しく付けている子はとても少ないです。幼児のマスクはあまり意味ないでしょう。家族の感染者の有無に気をつければ良いのです。
  今の青森の状況では保育士も保育中にマスクを付ける必要はないと考えています。日中、子ども達はずっと保育士さんと過ごすわけですから、その保育士さんの顔の下半分が隠れていては、表情を読みとることが難しくなり、子どもの心の発達に大きな影響を及ぼすのではないかと懸念しているのは僕だけではありません。実際、乳幼児が食事でもぐもぐ出来ず、丸呑みしてしまうとか、表情が硬いとか、それをマスクを外したら、もぐもぐ出来るようになり、それまで硬かった子どもの表情が良くなったなどが観察されています。コロナに感染する危険性よりも子どもの心の発達に及ぼす影響の方が大きいと心配しています。

  Withコロナとは良く言ったものです。
今の新型コロナウイルスの病原性は極端に強いものではなく、過度に恐れる必要はありません。専門家は過去の強い病原性を持ったインフルエンザ同様、今の新型コロナウイルスもいずれ弱毒化し風邪のウイルス の一つになるだろうと予想しています。しかしそれにどの位の時間が掛かるかは分かりません。既に弱毒化していると主張している方もいらっしゃいますが、まあそれは話半分で聞いておきましょう。弱毒化するまでは過剰ではない適切な感染予防対策を取り、新型コロナウイルスとつき合っていきましょう。

  最後にもう一つ、感染した人を誹謗中傷してはいけません。感染したことを悔やみ自死された方もいるようです。感染症は誰のみにも起こり得ることです。明日は我が身なのです。


写真は日本海に沈む夕陽です。
なぜ我々は夕陽を綺麗だと思うのでしょう。明日も必ず昇ってくるからだと思いませんか?

感染症の流行の異変

ファイル 614-1.jpg

 写真は先日送られてきた医療系の雑誌の見開きです。今年は様々な感染症が激減しているようです。当院だけでなく、日本中で小児科の患者が激減していると聞きました。雑誌には感染性胃腸炎や夏風邪のヘルパンギーナだけでなく、アデノウイルス感染症やはやり目(流行性角結膜炎)までも減少していました。これも新型コロナウイルス対策のソーシャル・ディスタンシングが功を奏しているのでしょう。

 しかし思うのです。このまま色々な風邪を引かないまま大きくなった時、普通は子どもの時に罹るウイルス感染症に大人になって罹ってしまうとそれは大変なことになりはしないかと。例えば成人が水痘に罹るとかなり症状は重くなります。それと同じように大人になってヘルパンギーナやら手足口病に罹ると辛いだろうなと。若しかすると新型コロナのように重症化するのではないかと心配になるのです。

 保育園や幼稚園で初めて集団生活し、そこで様々な感染症に罹り、そうやって沢山の免疫が出来て、子ども達は風邪を引かなくなります。小児科医も保育士さんも何度も子どもの風邪を貰って、ベテランさんになると次第に風邪を引かなくなります。大抵は子どもの頃に罹った風邪なので軽く済み、再感染しその免疫が強化されるのです。僕はマスクが嫌いでほとんどマスクをせずに診療していましたが滅多に風邪を引きません。インフルエンザにもほとんど罹りません。小児科医はこれまでも別のタイプのコロナウイルスに感染してその免疫があるから新型コロナウイルスにも強いんじゃないかとう話もありますが、まあそれは話半分で聞いておきましょう。

早く有効なワクチンが出来ると良いのですね。

 さすがに今はマスクをして診療していまが、それでも外を歩くときはわざとマスクをしないようにしています。無意味なマスクはしないようにしようとアピールしたくて。
マスク警察に逮捕されるかしら?

新型コロナの疑問

ファイル 603-1.jpgファイル 603-2.jpg

 幸いCOVID-19の患者者数は減少してきたようです。少し前まで日本もニューヨークやイタリアのようになるのではないかと本気で心配していました。しかしそうはなりませんでした。何故でしょう。外出の自粛は要請されましたが、東京はロックダウンすること無く、平日は沢山の人が電車を使って出勤していました。もちろん夜の繁華街や観光地は人ではほとんどなくなりましたが、それでもその程度の緩い規制だけで欧米のように感染爆発が起こらなかったのは何故でしょう。国が緊急事態宣言を発令した時点で既に東京の感染者数が減少してきていたようです。それは何故でしょう。小児の患者はとても少なく罹ったとしても軽症なのは何故でしょう。様々な疑問が湧き起こります。

 先ず北海道で流行したのは雪まつりで多くの中国人が観光に訪れたためでした。その後の北海道の第2波や大都市を中心とした3月の流行は、その頃の連休の自粛が充分でなかったと言うより、欧米からの多くの帰国者が帰国後発症したのが主な原因だったとの意見もあります。

 最近興味深いレポートを読みました。白血球にも血液型と同じ様な型があります。HLAといいます。その型は数万通りもあり、欧米の人々に多いHLAの型と日本人に多いHLA型とは異なるのですが、そのHLAタイプによって感染性あるいは重症化の違いがあるのではないかというのです。そのHLA型の違いが幸いしたと。実際に色々な疾患でHLAによる有病率の差が報告されています。COVID-19も同じかどうかはこれから検証されることでしょう。もしそうだとすれば日本はとてもラッキーだったということになります。しかしそれが真実だったとしても、感染する方は沢山いますし、高齢者や基礎疾患がある方の重症化率は高く、感染防止対策を取らなくて良いという話しにはならないので誤解しないでください。極端に怖がる必要は無いのではないかということです。
 実際、慎重に対応していても院内感染は起きています。そうかと思えば、同じ家族でも移らなかったりしています。全く新型コロナは感染力が強いんだか弱いんだかよく分かりません。

 今は感染者数は減少しつつありますが、報道のように再び増加に転じたり、第2波、第3波の可能性はあります。完全に終息するまで2、3年掛かると予想している専門家もいます。緊急事態宣言は解除されても当分、気を緩めることは出来ないでしょう。

 写真右はカタクリの花。山の神様からおひたし1回分だけ分けてもらいました。

閉められた大追手門

ファイル 600-1.jpgファイル 600-2.jpg

 例年より少し早いようですが、弘前の桜はいつもと同じに華やかに咲き始めました。しかし今年は弘前公園(旧弘前城)内には入ることが出来ません。様子を窺いに行ってみると門という門は固く閉ざされ、その前にはバリケードまで張ってあり、更には警備員さんまで立っていました。桜祭りが中止になり、むしろ静かな花見が出来ると思っていたのに中に入れないとは残念です。密集を避けるための措置なのでしょう。あるいは県外からの観光客を排除するための措置なのでしょうか。しかし閉められた門を見るとまるで人の心まで閉ざされているような閉塞感を感じます。胸に重しを乗せられた気持ちになります。

 コロナ禍は大変ですが、必要以上に怖がることはありませんし、だからと言って決して侮ることは出来ません。分からないから不安になります。先ずは正しく理解し、必要な対策を取ることが不安を和らげる一番の方法です。

 どうやらコロナは思ったほどは感染力は強くはなさそうです。そうでなければ一気に流行が拡大するはずです。青森県でも22人の患者が出ましたが、そこで留まっています。疑わしい人の噂も聞きますが、保健所の検査の対象にもなっていないようなので、おそらく軽症のまま治っているのでしょう。今朝のニュースで慶応大学の一般患者の6%でPCR陽性だったとありました。東京では既にコロナは蔓延しているのでしょう。しかし考えてみればそれだけ軽症者が多いということです。
 感染するのはいわゆる3密の条件が揃ったときに起こるようです。家族内感染も増えては来ているようですが、お互いにマスクして、部屋を分け、充分に手洗いすればある程度感染を防げるようです。絶対に避けて欲しい場所だけ行政の補償を付けて休業を命じ、それ以外の場所は通常の感染予防対策を取った上で経済活動を続けた方が良いのではないかと考えています。ハイリスクの人は出来るだけ出歩かない方が良いでしょう。

 連日、感染者数やクラスターの報道がされていますが、同時に経済の崩壊の報道も増えてきました。人は社会性の生き物です。人と人との繋がりの中で初めて生きて行けます。全ての人と人との間で完璧に社会的距離を保とうとすれば、社会は崩壊します。子どもの発達にも多大な影響を与えそうです。

 メルマガにも書きましたが、8割の人は軽症で生き残るわけです。軽症の率はもっと高いかも知れません。自分はハイリスクに入りますが、このコロナ禍の後も世界は続きます。人類はそうして何度も疫病を乗り越えてきました。そう考えると自分の役割はコロナの後の世界が子ども達にとって幸せな世界となるよう今は少しでも行動することではないかと、その礎となることではないかと思い始めていました。

 休校で子ども達が家にいる時間も増えるでしょう。大人も子どももストレスが溜まるかも知れませんね。でも折角ですからこれを親子の絆を強くする良い機会と捉えては如何でしょうか。ハグハグ日記にシリーズで「ことりの森」の保育士さん達に家庭で出来る親子遊びを提案して貰います。覗いてみてください。

ページ移動