記事一覧

遥かなる高みへ

ファイル 458-1.jpg

随分前に同じタイトルで書いたような気がしますが、何を書いたか忘れました。
学生時代、自分のボトルにいつもそう書いていました。
同じタイトルでもう一度。

 先週、古いザイルパートナーHと会ってきました。ザイルパートナーとは山を登るときにザイル(ロープ)を結び合う仲間のことです。彼は優秀な外科医で今関東のある病院に務めています。もし自分が癌でお腹を切らなければならなくなったときは彼にお願いしようと思っています。山岳部で一緒に剱や穂高を登った仲で、8年前にはマッターホルンを登りました。その彼に随分前から次はアコンカグアを登ろうと誘われていました。アコンカグア(6960.8m)はアンデス山脈にある南米の最高峰です。技術的には難しくはありませんが、悪天候(白い嵐=ビエント・ブランコ)に見舞われると猛烈な強風のため行動不能となり、登山の成功率は3割ほどだそうです。実は昔、大学を卒業した年、一人でその山を登ろうと南米行きのチケットまで手配したことがありました。しかしその時は様々な事情がそれを許さず諦めざるを得ませんでした。

 アコンカグアだけでなく南米に一度は行ってみたい。ウユニ塩湖も行ってみたい。背負うものが何もなければ直ぐにでも行くのですが、そうは簡単に行きません。「5年後なら行けるかも」と返事をしました。Hは「5年後か〜。それまで体力を落とさないように鍛えておかなくちゃ」と。さて、5年後、僕はアコンカグアの頂に立つことが出来るでしょうか。まあ夢を見るのはトレーニングをするモチベーションに繋がるでしょう。この年になって体力を維持することの難しさを感じています。

 写真はWikipediaから。