記事一覧

麻疹とコンサート

ファイル 468-1.jpgファイル 468-2.jpg

 大変なニュースが入りました。ジャスティン・ビーバーって知ってますか?
僕は昨日初めて知りました。若い人たちの間ではかなりの人気のアーティストだそうですね。そのコンサートが幕張メッセで25000人を集めて、8月13,14日に開催されたそうです。ところが19才の若者が発熱し、発疹が出ているのにもかかわらず、そのコンサートに出て、後から麻疹と判明したというのです。

 彼はそのコンサートの前、バリ島に旅行しており、そこで感染したものと思われます。発症は9日。医療機関を受診しても麻疹は初め熱と咳だけで、風邪と区別は付かないのです。潜伏期間は11日。14日にコンサート会場で他の人に移したとして、その人に免疫がなければ発症するのは25日。今日です。コンサート会場だけでなく、都内に宿泊したそうですから、20日頃からの発熱で、10日前に東京、千葉方面へ出掛けた方は要注意。25000人ともなれば全国からそのコンサートに出掛けているはずです。きっと弘前からも。全国へ麻疹のウイルスがばらまかれれば大変な事になります。折角、日本も麻疹の制圧国に仲間入りしたのに、もし各地に発症者が広がれば、それを収拾するには大変な努力が必要になります。疑いを持って早くに対策を取ることが重要です。思い当たる人は、医療機関を受診したとき早めに申告してくださいね。麻疹は大変な感染症です。治療薬はなく、2,300人に一人は命を落とす感染症です。安易に考えてはいけません。
 
 それにしてもその若者。かなり苦しかったでしょうに、それでもコンサートに行くなんてよほどのファンなのでしょうね。

 写真は宮古島の東平安名崎。隆起したサンゴ礁の石灰岩が不思議な景色をつくっています。細い半島で、その灯台の上からは周囲320度を海に囲まれ、初日の出の名所だそうです。