記事一覧

今も昔も

「君たちはどう生きるか」
最近話題になっている本のタイトルです。先日、本屋さんでレジの横に積まれていて思わず一緒に買ってしまいました。今、クリニックのフロアの本棚に並べました。僕は始めてでしたが、奥さんに聞いたら昔中学の頃に読んだと言っていました。(もちろん漫画でなく)

自分も中高生の頃、同じような悩みを抱いていました。
「自分は何の為に生きているのか」「自分の存在価値は?」「人生の意味とは?」
その頃はこんな青臭い問いはおそらく大人になったら解決するのだろうと思っていました。しかし今も同じような問いかけをしながら生きています。この本が若い子ども達だけでなく大人にも読まれているのは、おそらく他の人も同じように「自分はどう生きたらよいのか」と自問自答しながら生きているのでしょう。その解答が見つかるかも知れないと思ってこの本を手に取るのかも知れません。
さて、今の自分は・・・、明確な答えは見つからなくてもそう悩みながら生きて行くだけで良いのかなと考えています。少しお気楽です。
そして命果てるとき、自分は己の人生をどう振り返るのだろう、そんな事を考えていました。

色々と忙しく、山へ行けていません。
大自然レポートは3月になりそうです。