記事一覧

八甲田レポート:花の稜線

ファイル 571-1.jpgファイル 571-2.jpg

 心落ち着く湿原や風爽やかな稜線歩きが好きで、春夏秋冬幾度となく八甲田を登ってきました。毎年5〜10回は登っています。これまでの登山回数は優に100回は越えるでしょう。学生時代は車がなかったので、滅多に登れませんでした。電車とバスを乗り継いで酸ヶ湯まで行くのですから大変でした。卒業し自分で車を持ってから、八甲田へ通うようになりました。それから既に35年になります。
 先の晴れた日曜日、赤倉から井戸岳の稜線を歩きつつ、あと何年こうやって登れるだろうと考えていました。若い頃とくらべ体力は随分と落ちました。足腰は弱り、もう8時間は掛かる南八甲田の黄瀬沼まで日帰りする元気はありません。北八甲田の1周4〜5時間くらいのコースが丁度良いです。しかしその北八甲田もおそらくあと10年もすればきつくなるでしょう。そう思うと稜線を彩る花々がいつもより愛おしく思えたのでした。

 友人と65歳に南米のアコンカグアへ行こうと約束しています。果たしてその時、それを成せる体力がまだ自分に残っているでしょうか。少し怪しくなってきました。