記事一覧

八甲田レポート:夏山

ファイル 578-1.jpgファイル 578-2.jpg

 お盆休み、予定していた旅行を家族の健康上の理由でキャンセルし、代わりに八甲田を登っていました。天気予報では猛暑が予想されており、早出して涼しいうちに酸ヶ湯を出発しました。
 朝の清々しい空気を満喫しながら森を歩き、毛無岱の湿原に出ると、夏のキンコウカが盛りを迎えていました。しかし稜線ではもう秋風が吹き始め、イワギキョウやアキノキリンソウなど秋の草花が咲いていました。

 自分は7時前に登り始め、気温がピークの昼頃にはもう下山していたのですが、それでも水分摂取が不十分だったようで、熱中症気味となり少しめまいを感じていました。しかし昼近くになって登ってくる登山客も多く、この暑い中を登るのは大変というか大丈夫かしらと案じていました。山で体調を崩すと大変です。以前、山で歩けなくなったまだ小さな女の子を助けたことがありました。お父さんにその子を背負わせ、ロープウェイの休憩室に運び、経口補水療法でなんとか回復しました。山では無理は禁物です。特に子どもと山を登るときは子どもの体力に合わせた計画を立ててくださいね。