記事一覧

ゼロ・プロセス

ファイル 586-1.jpg

 今年の乳幼児精神保健学会FOUR WINDSは沖縄の那覇市で開催されました。テーマはトラウマ。沖縄というと青い海に白い砂浜というイメージで一見トラウマとは縁遠く思われるかも知れませんが、沖縄は先の太平洋戦争で日本で唯一地上戦の行われた場所です。その戦争によって生まれたトラウマは世代間伝達し、今も沖縄の人々の心の中に残っています。もちろん若い人達は戦争を体験したわけではなく、その生の記憶はありませんが、親の心の中のトラウマを子どもは感じて、形を変えて若い人達の心の中に伝わっているのです。戦争のトラウマが完全に消えるには数世代という時間が必要でしょう。

 さて、タイトルのゼロ・プロセスは今回招聘されたカナダのフェルナンド先生が提唱された概念です。難しいのですが、簡単に言えばトラウマのゼロ・プロセス記憶は過去のものとして処理されず、今も生き続けるということでしょうか。つまりゼロ・プロセス記憶の残る人は今現在の世界とトラウマ世界の二つの世界を同時に生きていることになります。PTSDのメインの症状であるフラッシュバックのメカニズムかしらと思いました。

 沖縄に着いた日の夜、焼け落ちた首里城に行ってみました。暗い中、黄色い立ち入り禁止テープの向こうに警備員さんが立っていました。それでも守礼門だけはライトアップさてれいました。今回の学会で行くつもりだったのですが残念です。早く再建されることを祈っています。


追記:
 実は大会テーマは「童(わらび)どぅ宝〜社会で支える親子の成長〜」でした。
その隠れたテーマが残されたトラウマとどう立ち向かうかなのだと理解しました。
子どもは社会の宝です。
社会が子どもを育ちを見守り、子育てを支援する必要があります。