記事一覧

八甲田レポート:梅雨明け間近

ファイル 612-1.jpgファイル 612-2.jpg

 ジメジメとした重い空気の日々が続いています。梅雨前線はまだ日本の南に掛かり、豪雨をもたらしているようです。しかしもうすぐ梅雨も明けるでしょう。

 連休初日、朝のうちは曇り空でしたが、イヌの散歩をしていると青空が見えてきました。やっぱり登ろうと少し遅くなりましたが、八甲田へと向かいました。前にも書きましたが、この季節の八甲田は登るたびに違う花が咲いています。毛無岱の湿原ではキンコウカが黄金の絨毯をなし、稜線ではイワブクロが清楚な花を咲かせていました。谷の雪が溶けたばかりの仙人岱は一面のお花畑でした。

 山から下りて酸ヶ湯で蕎麦でも食べようと思ったのですが、沢山の人出でそば屋も列が出来ていました。他県ナンバーの車も多く、ちょっと3密だよなと思い、蕎麦は諦めました。

 連日、感染者数は過去最高を記録していますが、国はGo to travel キャンペーンを推し進めています。人の動きが大きくなれば、COVID-19も拡散することは明白です。しかし国が敢えて中止を選択しないのは、もちろん経済活動を優先してのことでしょうが、若しかするとCOVID-19の軽症化を捉えてのことでしょうか。そうであれば幸いなのですが、なかなか正確な、詳細な情報が出てきません。
 パンデミックウイルスが年余を経て軽症化することはよく知られています。彼のスペイン風邪も数年の後、普通の季節型のインフルエンザに変わりました。COVID-19の軽症化も言われてはいますが、少し早すぎるようにも思います。今後のデータを注視すべきでしょう。

 出来ることは先ずは3密を避け、やむを得ないときはマスクと手洗いでしょうか。何度も書きますが、3密でない屋外はマスクは不要です。