記事一覧

感染症の流行の異変

ファイル 614-1.jpg

 写真は先日送られてきた医療系の雑誌の見開きです。今年は様々な感染症が激減しているようです。当院だけでなく、日本中で小児科の患者が激減していると聞きました。雑誌には感染性胃腸炎や夏風邪のヘルパンギーナだけでなく、アデノウイルス感染症やはやり目(流行性角結膜炎)までも減少していました。これも新型コロナウイルス対策のソーシャル・ディスタンシングが功を奏しているのでしょう。

 しかし思うのです。このまま色々な風邪を引かないまま大きくなった時、普通は子どもの時に罹るウイルス感染症に大人になって罹ってしまうとそれは大変なことになりはしないかと。例えば成人が水痘に罹るとかなり症状は重くなります。それと同じように大人になってヘルパンギーナやら手足口病に罹ると辛いだろうなと。若しかすると新型コロナのように重症化するのではないかと心配になるのです。

 保育園や幼稚園で初めて集団生活し、そこで様々な感染症に罹り、そうやって沢山の免疫が出来て、子ども達は風邪を引かなくなります。小児科医も保育士さんも何度も子どもの風邪を貰って、ベテランさんになると次第に風邪を引かなくなります。大抵は子どもの頃に罹った風邪なので軽く済み、再感染しその免疫が強化されるのです。僕はマスクが嫌いでほとんどマスクをせずに診療していましたが滅多に風邪を引きません。インフルエンザにもほとんど罹りません。小児科医はこれまでも別のタイプのコロナウイルスに感染してその免疫があるから新型コロナウイルスにも強いんじゃないかとう話もありますが、まあそれは話半分で聞いておきましょう。

早く有効なワクチンが出来ると良いのですね。

 さすがに今はマスクをして診療していまが、それでも外を歩くときはわざとマスクをしないようにしています。無意味なマスクはしないようにしようとアピールしたくて。
マスク警察に逮捕されるかしら?