記事一覧

ニュースアプリ

 自分のスマートフォンにニュースアプリが入っています。
時々読むのですが、韓国をバッシングする記事のなんと多いことか。一方、中国に対しては中国の民衆は実は日本を肯定的に捉えていると言った記事が多く、少し作為的なものを感じます。

 ところで先日、慰安婦問題について書かれた記事を読みました。作家・北原みのりさんの論説でした。この問題については、概して韓国に対し否定的な意見の記事が多いのですが、その論説はフェミニズムの視点から書かれていました。慰安婦問題が解決されない理由は日本政府の姿勢にあるのではないかという主張です。

 日本政府はこれまで「お詫びと反省の気持ち」を繰り返し表明してきたと言っているが、真の謝罪はされていないのではないか。謝罪とは受け取る側が納得しなければ意味が無い。そもそも、犯した残虐性に比して、「お詫びと反省の気持ち」の字面はどこか軽すぎる感が否めない、と主張しています。
 おそらくこの問題が拗れているのは韓国政府の対応もあるのでしょうが、元々は国家の問題では無く、個人の問題だからなのでしょう。彼女達(元慰安婦)は本当の意味での日本からの謝罪を求めているのではないでしょうか。論説には日本は関係改善に努力しているのに、韓国が一方的に悪化させてくる・・・という被害者意識を剥き出しにした論調が強まっていることを危惧すると書かれていました。メディアの責任にも言及していました。韓国に怒りを向けるコラムがあったり、「日韓関係が史上最悪」と煽っているメディアが非常に多いことに懸念されていました。
 自分も常々、慰安婦問題が解決しないのは日本政府と韓国民との間の主張のずれがあると思っていましたから、今回の記事はとても納得できる論説でした。

 韓国の取材のニュース映像では日本をバッシングする光景ばかりを取り上げ、さも我々の反感を煽ろうとしているかのように思えます。おそらく、韓国の人々も政府やメディアに洗脳されているのではないかと思いますし、もしかすると我々自身も洗脳されているのかも知れないことに気付く必要があると考えています。

 クリニックに来る韓国や中国、あるいはその他の国々の人達はどの方も素敵な方達ばかりです。外国の方であっても、先ずは人と人との関係性を大切にしたいと考えています。