記事一覧

六十肩?

 1月にスキーで転んで肩を痛め、春、暖かくなり、そろそろ良いかなと無理にストレッチし、懸垂しようと鉄棒にぶら下がった瞬間に激痛が走り、かえって肩を痛めて仕舞いました。しばらくは我慢していたのですが、あまりに痛みが酷くなり、先日、整形外科を受診しました。軽い腱板断裂はあるようですが、手術する必要はなく、それよりむしろ痛みで長期間、動かせなかったことによる筋の拘縮が問題だそうです。実はその時以来、痛みで右手を背中に回せませないのです。リハビリを勧められ、しばらく週1回、整形外科に通うことにしました。

 これまで色々と怪我をしてきました。バドミントンで靱帯断裂やアキレス腱の断裂、登山での半月板損傷等など。もう走ることは出来ないと諦めたこともありましたが、怪我を乗り越え、オリンピックで活躍しているスポーツ選手もいることを知り、自分もまた頑張らなくてはと思ったりしました。もう一度、両手両足を使うような登山をしたいのです。

 東京オリンピックで必死に競技しているスポーツ選手を観ると、こちらも胸が熱くなります。日本人選手が表彰台に上がるのを見るのも嬉しいものです。しかしその高揚し喜びを皆で分かち合いたい気持ちと、コロナ感染予防対策で人と人との距離をとらざるを得ない残念な気持ちとは相反しますが、感染爆発もと言われる今の第5波を乗り越えるためには気持ちの切り替えが必要でしょう。

 オリンピックはオリンピックで楽しみますが、コロナは別です。すぐ側にいます。気持ちを緩めることなく、感染予防対策をお願いします。

そして若い人もワクチンを受けて大事な人を守りましょう。