記事一覧

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の分かってきたこと

 ついにアメリカまで非常事態宣言を出してしまいました。必要な対策を取ることは重要ですが、どうも過剰反応しているように自分には思えます。
目に見えない、分からないから不安になるのでしょうか。
少しでも冷静になるためには正しい知識を得る必要があります。
既に皆さんもご存じのことと思いますが、これまでに分かってきたことを整理してみました。

1)感染経路と感染予防
  感染経路は接触感染+飛沫感性
  思いのほか接触感染が強い。
  汚染した手で鼻や目を触ってしまい感染する。
  感染防止には手洗いが重要。
  健康な人のマスクの効果は限定的。(町中を歩くだけではマスクは不要)
  風邪を引いている人は周りに広げないためにマスクは必要。
  病院などで対面して患者を診る時はマスクは必要。しかしやはり予防効果は限
  定的。
  人から人への感染力は強くないが、密閉された空間で感染が広がるクラスター
  対策は必要。

2)症状
  ごく普通の風邪症状で始まり、不顕性感染も多い。
  多く(8割)は軽症ですむ。
  高血圧や糖尿病など基礎疾患のある高齢者が重症化しやすい。
  新型コロナウイルスは肺への侵襲が強い。
  しかし肺炎になっても軽症から重症までいろいろ
  子どもは感染しにくく(これは疑問)、ほとんど重症化しない。

3)診断
  今の所、確定診断はPCRだが必ずしも感度は高くなく、疑陰性がある。
  もし迅速試験が出来て一般の医療機関で新型コロナの検査が出来るように
  なっても治療薬のない現時点においては、不安だからと受診して検査する
  意味はない。
  他国では医療機関に患者が殺到し、逆にそれが流行を拡大してしまった可
  能性が高い。

3)治療
  今の所、有効な治療薬はない。
  重症化しても人工呼吸器や人工心肺装置(ECMO)で助かる例も多い。
  多くは対症療法で自らの免疫力で治る。
  軽症患者は対症療法、自宅安静で充分。
  しかし呼吸困難などの重症化の兆しがあれば直ぐに受診する必要がある。


 案の定、封じ込めは無理のようです。
ワクチンの開発には少なくとも半年は掛かります。それまでは爆発的な流行とならないような取り組みが必要でしょう。
最も大切なことは医療崩壊を防ぐことであり、そのためには各人が冷静に対応することが大切です。

フルーツキャンディソープ

ファイル 593-1.jpg

新型コロナの話題ばかりで鬱々としているばかりではいけません。
少し明るい話題を載せましょう。

今日の写真、何だと思います。
フルーツゼリー? いいえ、これは一つ一つ丁寧に手作りされた石けんなのです。
Li’iLi’iのフルーツキャンディソープをご存じですか?
僕もテレビで放送されるまで知らなかったのですが、神奈川県の小田原市にあるハンドメイドソープの会社です。あまりに素敵で、その話しを師長にしたらクリスマスにプレゼントしてくれました。

実はこの会社で働いている従業員は皆様々な障害を持つ方達です。つまり障害者の自立支援施設なのです。彼らが仕事を覚えるのは大変ですが、この会社を立ち上げた方(神原さん?)は根気よく、しかもやる気が起きるように仕事を教え、そしてそれに見合った充分な報酬を与えます。往々にして低賃金でとても自立するのは困難な施設が多い中で、この会社では障害者たちが自分たちで企画・制作しラッピングまで行い、それに見合った充分自立できるだけのお給料を貰うのです。そしてなにより良いのはその石けんを手にした人の驚き喜ぶ顔が見えて来ることです。

障害を持つ子どもの親御さんの一番の心配はその子が将来自立できるようになるかどうかではないでしょう。自分達が旅立った後、子ども達は一人で生きて行かなければなりません。少しでもこのような施設が増えることを願っています。

Li’ili’iとはハワイ語で「小さくて愛らしい」という意味だとHPにありました。少し高い石けんですが、それに見合った素敵な石けんです。ネット販売もしているようです。皆さんもお一ついかがですか?

https://www.liilii.link/user_data/about_liilii

おもちゃ

 クリニックに玩具を置くことを嫌う先生がいます。それは玩具を介しての接触感染を防ぐ目的です。しかし僕はそもそも風邪を予防する必要はない。それぞれが風邪を繰り返すことで免疫ができ、風邪に罹り難くなる。風邪を予防するには個人の免疫力を高めることだと考えていました。玩具は子どもにとって必要不可欠なものです。遊びの中で子どもの心は成長します。自分がクリニックを立ち上げるとき、たとえ風邪を引いていても遊べるようなクリニックを作りたいと思って、沢山の絵本や玩具を置きました。待合室のプレースペースで遊ぶ子ども達の声を聞くと自分自身も癒やされます。
  しかし今回の新型コロナウィルスの騒動でやむなく玩具を全部片付けてしまいました。それはクリニックが新しい感染症の温床となっては困ると判断したからです。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は子どもが重症化することはほとんどないようです。しかし高齢者や基礎疾患を抱えた大人は重症化し、亡くなる方も出ています。子どもは良くても子どもの面倒を見ている祖父母に移すわけには行きません。
早晩、日本中に蔓延するでしょう。検査の対象は限られ、子ども達は検査されることなく普通の風邪と同じ扱いになるでしょう。おそらく自分も感染すると思います。その覚悟は出来ていますが、家にいる高齢の父母に移すわけには行きません。

 いずれは多くの日本人が感染しそれぞれが免疫を獲得し、COVID-19は子どもの風邪の一つになるのだろうと考えています。もちろん不幸にして亡くなる方もいるでしょう。自分も免疫がないので重症化するかも知れません。しかしいずれは普通の風邪と同じになるでしょう。簡易診断キットや治療薬が作られるかも知れませんが、そこまでは自分には分かりません。しかし今我々はCOVID-19に対し、必要以上に恐れることなく冷静に対処することが肝要と考えています。

 マスクの効果は限定的です。マスクは風邪を引いている人が周囲にウイルスをまき散らすのを防ぐのには有効ですが、健康な人が感染を予防するにはマスクだけでは不十分です。しかし今の段階で自分が罹るわけには行きません。自分が診療できなくなると、その影響は大きいでしょう。そんな訳でしばらく自分もマスクをすることにしました。それでも罹ってしまえばそれは仕方ありません。治るまで自宅で安静・療養するつもりです。

皆さんも罹らないためには、あるいは罹っても重症にならないためには次のことを心掛けましょう。
①ハードな仕事や運動で疲れをためない。
②疲れを感じたら休息を取る。
③保温と充分な睡眠を心掛ける。
④しっかり食べて栄養を付ける
⑤手洗い・うがい・マスクの着用
⑥人混みを避ける。
⑦感染リスクの高い救急外来をむやみに受診しない。

日本人の特性?

ファイル 591-1.jpgファイル 591-2.jpg

 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)が今も定期接種であることをご存じの方は意外と少ないようです。小学校6年から高校1年の女子は無料で接種することが可能です。自費で接種すると1回1万7〜8千円、3回接種で5万円程かかります。

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染が原因となって引き起こされる、20〜30代の若い女性で最も多い癌です。年間1万人の方が罹り、3千人の方がなくなっています。たとえ手術で命が助かっても子どもを産めなくなってしまうこともありマザーキラーともいわれています。

 2013年4月にこのHPVワクチンが定期接種となった直ぐ後、ワクチンを注射した後に強い疼痛やけいれん様の不随意運動を来した子ども達が出て、国は6月には積極的に勧奨することを止めてしました。その子達の不随意運動はYouTubeにアップされ、ニュースでも取り上げられました。その映像は衝撃的で、ワクチンの接種を不安に思われた方が大部分だったのではないでしょうか。その結果、開始直後8割ほどあった接種率はほとんど0%にまで落ち込んでしまいました。
 しかしそれらの症状が本当にHPVワクチンワクチンが原因かどうかに様々な検証が行われた結果、現在では不随意運動とワクチンの間に因果関係はないという結論が出ています。

 さて、僕が不思議に思うのは何故国がワクチンの勧奨の差し控えの解除をためらうのかということと、マスコミが何故真実を伝えようとしないのだろうということです。ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑先生が受賞後のインタビューでこのHPVワクチンワクチンのことを話されていました。「原因ではないことの証明は不可能だ。しかしそれが原因だという証拠が見つからないということは原因ではないということと同じなのだ」と。しかしマスコミはこの本庶先生のコメントを完全に黙殺しました。テレビも新聞も全く伝えなかったのです。

 日本では予防接種は完全に安全であることが求められるようです。100%安全なワクチンはありません。しかし危険性はほとんど0に近いのです。疾患に罹る危険性とワクチンで守られる安全性とを天秤に掛けると当然接種するのを選ぶと思うのですが、何故日本人は100%の安全を求めるのでしょう。理性より感情論が支配しているのが日本人の特性なのかも知れません。

 もちろん接種後に様々な症状を訴えた少女達へのケアは必要ですが、このままの接種率では10年後、20年後に子宮頸がんは世界で日本だけの病気になってしまいます。


 現在、日本では2価と4価の子宮頸がんワクチンを接種可能ですが、諸外国では既により有効な9価のワクチンが導入されています。また女児だけでなく男児にも接種されています。というのもヒトパピローマウイルスは女性の子宮頸がんの原因となるだけでなく、男性も罹る治療がとても厄介な尖圭コンジローマや更には咽頭癌の原因にもなり男女ともに接種することが推奨されるのです。


 それでも徐々にワクチンを接種する子ども達は増えています。皆さんも対象年齢の少女をお持ちの方は是非HPVワクチンの接種をお勧めします。

 写真は先日弘前で長崎大学小児科教授森内先生をお招きしてHPVワクチンの講演のスナップ写真です。実に分かり易い講演でした。

八甲田レポート:山へ帰る

ファイル 590-1.jpgファイル 590-2.jpg

 日曜日、少し遅くに家を出て八甲田へと向かいました。山を登るのは本当に久し振りです。最後に登ったのは去年の夏かも知れません。前の日に降った柔らかな雪を踏みしめ、白く優しい雪に覆われた木々を見ていると、「ああ、やっと帰ってこれた」と思うのです。つまり自分の中では山は行く場所ではなく帰る場所、自分の本当の居場所は里ではなく山なのかも知れません。

 さて、里がそうであるように今年は山も少雪で酸ヶ湯の積雪も例年より2mは少ないように思います。樹氷も痩せて貧弱でした。いつものように途中の仙人岱ヒュッテまでは踏み跡があり楽に登れましたが、山頂への斜面を登り始めたところで、濃いガスに覆われ、方向を定めようとコンパス(方位磁石)を探しました。ところがなんとコンパスを車に置いてきてしまったようです。登るのは高い方を目指せば頂上へ着きますが、下りはコンパスで方向を定めて歩かないと迷います。体力の低下があり、気持ちの余裕もなく、今回は登頂は諦め途中で引き返しました。衰えた体力を取り戻すには焦りは禁物と自分に言い聞かせていました。

 帰りにクリニックによると仕事が山のように残っています。自分が山を居場所と思うのは決して現実逃避ではないはずと自問自答したのでした。

曇り空で良い写真は撮れませんでした。
残念 (v_v)

タンポポの花とランの花

 最近時々、うちの子はHSCですか?という質問を受けるようになりました。それまで自分はその言葉を聞いたことがなく、全く知識がありませんでした。ネットで調べると、HSCとはHyper Sensitive Childの頭文字だそうで、直訳すると過敏な子、繊細な子という意味になるでしょうか。アメリカの学者が提案し、その概念が日本に導入され、近年急速に保育関係者を中心に広まってきたとありました。
 これは子どもが生まれつき持っている気質の話しで 、病名ではありません。しかし貴女のお子さんはHSCですねといわれた親はさぞかし不安になるだろうなと心配になりました。

 僕が教えを請うている渡辺久子先生はもう四半世紀も前から子どもの気質を「タンポポの花タイプ」「ランの花タイプ」と分かり易い言葉で説明されています。「タンポポの花タイプ」のお子さんは踏まれても踏まれても逞しく花を咲かせる。しかし「ランの花タイプ」のお子さんは繊細で水やりや日当たりなど丁寧に世話をしないと花を咲かせない。でもそうやって手を掛けてあげると素晴らしく美しい花を咲かせてくれる。丁度そのランの花タイプがHSCなのだろうと思いますが、ランの花と言われた方がなんだか暖かく素敵ですよね。
 繊細な気質のお子さんの子育ては少し大変かも知れませんが、基本は親御さんが、関わる周囲の大人が気持ちを大らかにして愛情深く接することと思います。ただ悩むお母さんには周囲のサポートが必要でしょう。

 HSCと言われて何のことか分からず始めは動揺しましたが、調べてみて、お母さんを不安にさせるようなそのような言葉はあまり感心しないなと思いました。

ニセコの街

ファイル 588-1.jpgファイル 588-2.jpg

 去年は孫と遊んでいて腰を痛めて行けなかった冬のニセコ、今年は万全の体調で向かいました。しかし全国的な暖冬少雪はニセコも同じで、ゲレンデこそ滑走可能でしたが、ゲレンデ外は積雪が少なく、ブッシュで滑ることが出来ませんでした。ゲレンデの雪も硬い圧雪で転ぶとダメージが大きく、とても柔らかな深雪を滑るときの、あの宙を舞うような快感を味わうことは出来ませんでした。

 それはさておき、ニセコの町はこの数年で随分と変わってしまいました。まるで外国の街を歩いているようでした。お店の看板もメニューも英語です。歩いている人も8割方外国の方。日本人かなと思ってもその多くは中国(おそらく台湾?)の方です。ニセコは倶知安町にありますが、倶知安の全人口の12%が外国人だそうです。おそらくその大部分はニセコに集中しているでしょう。スキー場の周辺には素敵な別荘やレストランが建ち並び、高級ホテルがどんどん出来ています。それに伴い土地や物の値段も上昇しているそうで、僕が定宿にしていた昔ながらの2食付きで1万円以下の山荘はもうありません。ゲレンデ内のヒュッテでも外国の方が沢山働いています。なんだか落ちつきません。これはバブルなのではないだろうか。いつか破綻し、スキー場も閉鎖されるのではないかと心配になります。ニセコだけでなく、外国資本が日本のあちこちの土地を買っているという話しも聞きます。自由主義は良いのですが、自分の国を守るためにはある程度の規制は必要なのではないだろうかと思っていました。

まあ、雪質は残念でしたが、ホテルには温泉もあり、友人の持ってきた日本酒も美味しく楽しい旅行ではありました。

こんな冬は今年だけであることを祈ります。
地球の温暖化、全世界レベルの異常気象の一つではないと良いのですが・・・。

謹賀新年

ファイル 587-1.jpg

新年、明けましておめでとうございます。

 皆さまはどのようにお正月をお過ごしでしょうか。
我が家では今年二人の子ども達が家族を連れて帰省してくれ、本当に久し振りで家族全員が揃いました。奥さんは将来どちらか一人でも弘前に戻ってきてくれることを願っていますが、二人ともそれぞれの土地にしっかりと根を下ろし生活しているようでした。当分その夢が叶うことはないでしょう。
 二人の孫達はすくすくと成長し、片言の言葉を話すようになっていました。自己主張し、「嫌!」と言い始め、親たち(自分たちの息子や娘)を手こずらせていましたが、彼らは上手に対応していました。彼らが上手に相手してあげられているのは彼らの親つまり自分の奥さんやパートナーのご両親が上手に育ててきたからでしょう。それにはとても感謝しています。僕は彼らが子どもの時に充分関わってやれなかったと反省しています。

 写真は藤崎のハクチョウです。孫達に見せに連れて行ったのですが、餌やり禁止とあって少し残念でした。

今年も無理しない程度にブログを更新して行きます。
ニュースレターも。
それでは今年一年が皆さまにとって素晴らしい年となりますよう心から祈念しております。

ゼロ・プロセス

ファイル 586-1.jpg

 今年の乳幼児精神保健学会FOUR WINDSは沖縄の那覇市で開催されました。テーマはトラウマ。沖縄というと青い海に白い砂浜というイメージで一見トラウマとは縁遠く思われるかも知れませんが、沖縄は先の太平洋戦争で日本で唯一地上戦の行われた場所です。その戦争によって生まれたトラウマは世代間伝達し、今も沖縄の人々の心の中に残っています。もちろん若い人達は戦争を体験したわけではなく、その生の記憶はありませんが、親の心の中のトラウマを子どもは感じて、形を変えて若い人達の心の中に伝わっているのです。戦争のトラウマが完全に消えるには数世代という時間が必要でしょう。

 さて、タイトルのゼロ・プロセスは今回招聘されたカナダのフェルナンド先生が提唱された概念です。難しいのですが、簡単に言えばトラウマのゼロ・プロセス記憶は過去のものとして処理されず、今も生き続けるということでしょうか。つまりゼロ・プロセス記憶の残る人は今現在の世界とトラウマ世界の二つの世界を同時に生きていることになります。PTSDのメインの症状であるフラッシュバックのメカニズムかしらと思いました。

 沖縄に着いた日の夜、焼け落ちた首里城に行ってみました。暗い中、黄色い立ち入り禁止テープの向こうに警備員さんが立っていました。それでも守礼門だけはライトアップさてれいました。今回の学会で行くつもりだったのですが残念です。早く再建されることを祈っています。


追記:
 実は大会テーマは「童(わらび)どぅ宝〜社会で支える親子の成長〜」でした。
その隠れたテーマが残されたトラウマとどう立ち向かうかなのだと理解しました。
子どもは社会の宝です。
社会が子どもを育ちを見守り、子育てを支援する必要があります。

小児科専門医

ファイル 585-1.jpgファイル 585-2.jpg

 自分が小児科の専門医を取得したのは今から16年前でした。当時は専門医制度が始まったばかりで取得するのは容易でした。というより小児科学会に何年か以上所属していただけで全員が取得できました。もちろん今は取得するのは厳しく、指定された医療機関の研修が必要で、レポートや試験もあります。そして5年毎の更新が必要です。これまでは5年毎に毎回更新してきたのですが、あまりその資格に必要性を感ぜず、しかも2年前から更新の手続きが非常に煩雑になったこともあって次は更新しないと決めていました。しかし突然、12月からADHDの薬を処方するのに専門医の資格が必要になるとの通達があり、慌てて更新することにしました。しかしそれが結構大変で、提出書類を揃え、単位を取るのに四苦八苦しています。
元々、「見かけより実があればそれでよし」などと思っていたので、資格や役職に固執しておらず、専門医を失うことをなんとも思っていませんでした。しかし診療に支障がでるとなるとそうも行きません。頑張って更新することにしました。

 それにしても○○専門医だからといって、それが臨床に直結し、しっかり患者の病状に即した医療が出来るとは限りません。色々と疑問を感じます。

 文化の日の振替休日となった月曜日、我が家の愛犬を連れて十和田湖に行ってきました。彼は春に椎間板ヘルニアを患い下半身が完全に麻痺してしまったのですが、懸命のリハビリでなんとか歩けるようになりました。今は毎日楽しく散歩しています。