記事一覧

ビタミンDと日光浴

ファイル 459-1.jpg

 皆さんも“くる病”という病名を聞いたことがあると思います。5月中旬に札幌で開催された日本小児科学会でそのくる病がシンポジウムの一つで取り上げられていました。くる病はカルシウムの骨への沈着が障害されておこる病気です。くる病の赤ちゃんでは頭の骨が柔らかくなり、幼児では高度のO脚をきたします。大人では骨軟化症。原因として多いのはビタミンD欠乏。これまでは稀と考えられていましたが、最近それが問題になってきているようです。

 ビタミンとは体に不可欠な栄養素です。多くのビタミンをヒトは自分で作ることができませんが、このビタミンDは自分自身で作ることができます。皮膚で紫外線の力でコレステロールから合成されるのです。またビタミンDはキノコ、魚類からも摂取することができますが、必要量の80〜90%は皮膚で合成されるのだそうです。しかし近年、紫外線の有害な面が指摘され、それに反応し過度に日焼け予防をしてしまうと必然的にビタミンDが欠乏してしまいます。
 また、母乳に含まれるビタミンDはごく微量です。母乳栄養児でしかも魚のアレルギーがあり、冬の東北地方日本海側、あるいは極端な紫外線対策はくる病を起こしやすくなるのです。

 最近、ビタミンDの免疫に対する働きも色々と調べられているようです。インフルエンザの予防や癌予防、自己免疫疾患、アレルギー疾患の予防、あるいはアトピー性皮膚炎への治療効果も言われています。

 乳児のビタミンD不足はくる病だけでなく、将来の様々な病気を引き起こしてくる可能性もあります。適度な日光浴は必要のようです。赤ちゃんにビタミンD補充が勧告されている国もあるとか。最近は日本でも赤ちゃん用のサプリメントとして市販されているようです。
http://babyd.jintan.jp


 写真は札幌に住む旧友Yと一緒に行ったビール園で。ジンギスカンもビールも最高に美味しかったですよ (^_^)v

子どものトラウマと心理発達

ファイル 450-1.jpgファイル 450-2.jpg

 日曜日、カナダのトロント大学精神科准教授、キャスパー・チューター先生の講演会に参加してきました。テーマは“子ども時代のdisplacement、及びそのパーソナリティ形成に及ぼす影響”
displacementとは強制的に移住されること。戦争や災害で故郷を追われ、無理矢理、別の土地に移住させられた家族の中の子ども達の心理発達がテーマでした。今の日本でも5年前の震災で故郷を離れざるを得なかった人、福島のように帰りたくても帰れない家族が沢山います。今回の講演はそれを踏まえての講演依頼だったと理解しました。
 講演の中でチューター先生は子に掛かるトラウマ状況の影響はそれに対処する両親のキャパシティに左右されると述べていました。家族にストレスに対処する力があれば乗り越えられるということでしょう。戦争や災害からくる大きなトラウマもありますが、引っ越しなどのdisplacementも低レベルのトラウマになりえます。
 両親が十分な情緒的包容力を持たない場合、それらのトラウマが子どもの人格に大きな影響を与える可能性があります。そうすると良いか悪いかのどちらかだけに分裂し、白か黒しか認めない窮屈な人格が出来てしまいます。健全な人格の発達には*乳児にとって安全で穏やかな首尾一貫した環境があること、*食事、暖かさ、快適さ、静けさといった身体的現実的な面と同時に、母/両親と乳児との優しい体の触れ合いを通して感情的な側面が育まれることが必要です。安全基地を与えることが出来なくてはならないのです。

 さて、振り返って僕は小さい頃から引っ越しと転校を繰り返してきました。おそらく僕の両親はそれに対応するキャパシティを持っていたのだと思いますが、その体験は自分の性格に多少なりとも影響を与えているのではないかと思うのです。
春、転勤で弘前から離れる人、新しく来る人が多いこの時期、それが子どもに重大な影響を与えることのないよう、我々は上手に支える必要があるのではないかと思いました。

 写真は講演会が始まるまでの空いた時間でスタッフと行った世田谷の豪徳寺の観音様です。このお寺は招き猫のお寺として知られ、観音様の周りには願いを叶えた沢山の招き猫が奉納されていました。
招き猫に囲まれ、観音様はにっこり笑っていました。

行き違い

 5年前、僕の呼びかけで結成されたつがる小児科医の会、年に3,4回の学術講演会を開催してきました。先週土曜日はその第16回目の学術集会でした。発達障害で著名な平岩幹男先生をお招きしての講演会でした。今回は弘前自閉症スペクトラム支援ネットとの共同開催ということで、小児科関係者だけでなく療育関係者も参加し60名以上の大きな会となりました。その平岩先生のお話から。

行き違い
 平岩先生は患者や家族の思いと医療機関の考えとの間には行き違いがあるとお話しされました。自閉症の子を持つ家族はその治療と将来の展望を期待して医療機関を受診されます。しかし自閉症に根本的な治療があるわけではなく、医療機関はただ検査と診断をして「様子を見ましょう。長い目で見守りましょう。温かく見守りましょう」と話して帰すだけ。そこには大きな行き違いがある。
それは医療機関が子どもと家族の困りごとに対して何も具体的な対応の指示が出来ないからではないのか。自閉症の診断より困りごとのへの対応が必要。それが改善するのなら診断はなくても構わない!!

 正に日頃、僕が考えていることそのものでした。先生は療育機関を紹介することなく、ご自分のクリニックで、一人で子ども達とその家族に向き合い、オーダーメイドで対応を考えて指導(練習してもらう!)しているのだそうです。治療薬を使うことも少ないと。そして子ども達のself-esteem(自尊感情)を傷つけない、高めることが一番大切と。
 何より感心したのは平岩先生が子どもの観察に掛ける時間の長さでした。じっくりと観察し、その子がどこに困りごとを感じているかを探り、そしてその子にあった方法を考え、それをお母さんにも練習して貰うのだそうです。

 講演はその具体的なアドバイスが満載でした。それは何も自閉症の子ども達だけに使えるものではありません。どの子に対しても役に立つもので、早速外来で色々と試していました。
「注射、頑張れる人は手を上げて」「はーい」なんてね (^_-)-☆

ロバートソン・フィルム Jane

ファイル 444-1.jpg

 日曜日、渡辺久子先生によるロバートソンフィルムのセミナーに参加してきました。ロバートソンフィルムは愛着理論を確立したボウルビィの弟子のロバートソン夫妻によって、1950年代にイギリスで撮影された子どもの発達心理行動研究のためのフィルムです。そこには2歳前後の子どもが次子の出産のため母親と離され、里親や乳児院に預けられ、「自分に何が起こっているか分からない」戸惑いや不安が克明に記録されています。世界中の子どもの心のケアに関わる人たちがこのフィルムを繰り返し何度も視聴し学んでいます。母子分離をテーマにした全5巻の白黒フィルムですが、今もそのフィルムから多くのことを学ぶことが出来ます。

 今回のフィルムは「Jane」、17ヶ月の女子でした。Janeは暖かい家庭で育てられました。ただ父親は規律正しく育てようとしました。母が入院し里親に預けられたJaneは初めの数日、快活で機嫌良く、むしろちょっと大げさに笑っていました。その笑いは少し不自然に見えました。そして里親のロバートソンさんがわざと姿を隠すと、Janeはご近所だった自分の家の庭のドアを開けようとします。そのJaneの仕草はちょっと後ろめたそうに見えました。Janeの笑顔は毎日変わります。4日目ようやくJaneは泣き出します。イヤイヤをします。やっと素直な自分を出せたのです。久子先生は、泣かずに過ごす3日間を善し悪しは別にしてJaneのdefense力の高さだと言っていました。ロバートソンフィルムの他のどの子も、母親と分離された数日間に表情や仕草が激しく変わります。その対応を間違えるとそれは大きな心の傷となり、その後の人生にも影響するのです。

 第一次反抗期とも言われる2歳前後は最も不安定な時期です。なんでも自分でやりたがるかと思えば親に激しく甘えてきます。子どもの対応に難儀するお母さんも多いかと思います。この時期は親に嫌われるのではないかという不安の強い時期でもあります。そんな時期の突然の母子分離が子どもに大きな影響を及ぼすことは当然のことなのです。久子先生は保育園に預けるのならそれより早いかもっと遅い時期にするべきだと言っています。お子さんを保育園に預ける方も多いかと思いますが、ちょっと心に留めておいてくださいね。

写真は貿易センタービルからみた東京タワー。スマホで撮ったのでこれが限界です。展望台には大きなカメラを抱えたヒトが沢山集まっていました。

先を見通した診療とは

ファイル 439-1.jpg

 先週土曜日の午後、県の主催する発達障害者支援フォーラムに出席してきました。このフォーラムは毎年この雪の季節に開催されています。今年の講演は国立重度知的障害者施設のぞみ園のS先生。自閉症のある子ども達の生涯を通しての支援のあり方についての講演でした。ある一人の自閉症の方を設定し、その方が生まれてから80歳でなくなるまでの一生のストーリーを講演されました。想定されるライフイベント・・・診断、就学、就職、病気、そして老後生活、そしてそれらを支援する社会的課題。自閉症、その基本的な特性は生涯続きます。自閉症の子ども達を診るときその将来を見通した目で診ていく必要があるのでしょう。

 でもそれは何も発達障害に限ったことではないように思います。
例えば安易な抗生剤の使用が将来のアレルギーの引き金になったり、タミフルの使用は熱を2、3日早く下げることはできますが、インフルエンザに対する強い免疫が出来なかったりします。子ども達に関わる全てのこと、それが将来にわたって有意義かどうかを考える必要があると思ったのでした。

 ところで僕は自閉症を病気や障害とは思っていません。独特の特性を持っているだけなのです。特性とは性格みたいなもの。しかしその性格のために生きにくさがあったとしたらそれは支援が必要です。無理解が軋轢を生み、繊細な彼らは鬱などの二次障害を併発します。二次障害は治療が必要ですし、二次障害を起こさないような環境調整が必要なのです。

写真は講演会の帰りに立ち寄った物産館Aファクトリー。沢山のミニ灯籠が歓迎してくれていました。でもちょっとバランスの悪い写真だなあ (^_^;

60点主義

 内藤寿七郎とうい日本で初めてシュバイツァー博愛賞を受賞された著名な先生がいらっしゃいます。日本小児科医会の初代会長だったそうです。7,8年前に101歳でお亡くなりになったとか。先輩の先生から話を聞いただけで、自分では直接お目にかかったことも講演を聴いたこともありません。その先生が書かれた「育児の原理」という本があります。ベビーカーのアップリカから発行されており、一般の書店では手に入りません。その中古本をアマゾンで手に入れました。今日の話題はその中から。

児童心理学者の故波多野勤子さんのことが紹介されていました。
波多野さんは商家に嫁がれ、家業の手伝いから家事まで心身ともに休まる暇もありません。
そこへお子さんが生まれました。
これ以上はもう無理だと悩み、考えぬいた末に「そうだ六十点主義でいこう」と思いついたのだそうです。
すべてに百点満点を目指すから身動きがとれなくなる。
六十点ならなんとなかるのではないか、
一度そう決めると、心に余裕ができて、
お姑さんとの間も、家業も家事も育児も、
今までより、かえってうまく運んだそうです。

完璧を求める必要はありません。bestを求めるとお母さんだけでなく赤ちゃんも疲れます。good enough、ほどよく良ければそれでOK。

内藤先生は書かれています。
何がいちばん赤ちゃんにとって必要なのかを考える心のゆとりを持ちましょう。
それだけをする。
そしてそれ以外のことは、思い切って手を抜いてみてください
と。

響き合う心

ファイル 431-1.jpg

 2年以上の時間を掛けて準備してきたFOUR WINDS乳幼児精神保健学会弘前大会が終わりました。幸い参加者500人を越える大盛況の会となりました。
紅葉も散り急ぐことなく、何とか雨も降らず、天も少しだけ味方してくれました。

 参加者からは沢山のお褒めの言葉をいただきました。本当にありがとう。
 ある友人に人と人とのつながりの暖かさが伝わってくるとても心地の良い会だったとメールが来ました。彼からは会場で帰り際に会の最初から最後まで僕の想いがよく伝わってきたと言われました。それを聞いて本当に嬉しかった。別の先生からは学会で涙が止まらないという経験は初めてですとメールが来ました。そのメールを聞いてまた胸が熱くなりました。

“響き合い”というテーマで二日間開催された弘前大会でしたが、響き合いという言葉と、その言葉に広がりを持たせ構成したプログラムは自分の狙い通りに、参加者の心に響いたようでした。最後の閉会の挨拶で感無量で言葉に詰まってしまいました。壇上で涙をこらえるのに必死でした。まさか自分がここで胸が熱くなり、言葉が出なくなるとは想いもしませんでした。しかしそれでも会場からは暖かい拍手、会場の全ての参加者と心が響き合ったようでした。

 やっと終わりました。しかしこれはただ種を蒔いたに過ぎません。その種に水をやり、芽を出させ、大きく育てなければなりません。燃え尽きてはいられません。
このブログもまた更新して行きますね。

FW弘前大会 市民公開講座

ファイル 430-1.jpg

 2年以上前から準備してきたFOUR WINDS学術集会、いよいよ目前に迫りました。弘前大会ではで二つの市民公開講座を用意しました。
米田怜美先生と堀内勁先生の講演です。

 米田さんは全盲の方で「赤ちゃんの頃の私に伝えたいこと」というタイトルでお話ししていただきます。「辛いことはあったけど、人生捨てたもんじゃ無い」・・・とても肯定的な生き方をしてこられたご自身の体験のお話しです。

 堀内勁先生は聖マリアンナ医科大学の名誉教授で、日本で初めて未熟児にカンガルーケアを導入した先生です。講演のタイトルは「親と子とであい〜心と身体のふれ愛のかなで〜」。愛着をメインテーマに講演をお願いしました、とてもお話しの上手な先生です。是非沢山の方々に聴いて頂きたいと思っています。事前申し込み不要、無料です。皆様のお越しをお待ちしております。

かくれんぼの心理

ファイル 427-1.jpg

 先々週の日曜日、慶応で開催されたFOUR WINDSのセミナーに参加してきました。今回は事例検討。岐阜の臨床心理士の先生が報告した事例に小倉先生という著名な児童精神科医がスーパーバイズ(カウンセラーのためのカウンセリング指導)するのですが、事例そのものもさることながら、スーパーバイズの質と内容に圧倒されました。感動すら覚えた2時間半のセミナーでした。
 かくれんぼは発表者の臨床心理士がカウンセリングを進める中で子どもが取った行動です。子どもと心理士が面接の回を重ねるうち、親しくなり、ある回の面接の始まりで、子どもが診察机の下にふざけて隠れるのです。それを小倉先生は「ああ、この子はかくれんぼしたかったんだね。それまでお母さんとかくれんぼ出来なかったんだ」と言われました。会場の皆が大きく頷きました。

 さて、かくれんぼの心理とは。かくれんぼする時、自分を探して見付けてもらえるという安心感がないと隠れられませんよね。ちょっと不安な子はわざと見つかるようにサインを出したりします。つまり親とかくれんぼで遊べるためには、それまでにしっかりと親子の絆ができていることが必要です。安定した愛着が形成され、心の中にお母さんお父さん像が出来てくると子どもはかくれんぼ遊びができ、家の外へも遊びに行けます。直ぐ目の前にお母さんの姿が見えなくても直ぐには不安になりません。では心の中のお母さん像を造るにはどうするか。それには親子の心を響き合わせ、子どもの甘えを受け止め、強い信頼関係を造ることです。そう書くと大げさですが、穏やかな気持ちで、抱っこして、視線を合わせ、お話しする・・・なんだ普通のことでした (^_^; 。でもその普通のことが難しくなっている今の世の中なのかな。

写真は8月の終わり、鯵ヶ沢の海水浴場です。

誤学習

 子どもの心研修会は日本小児科医会が企画する全国の小児科医を対象とした子どもの心を学ぶ研修会です。毎回、素晴らしい講演が聴けるのでできる限り参加するようにしていました。今日の話題は先週東京で開催されたその研修会から。

 まず、今日のタイトルの誤学習とは。
 例えば子どもがスーパーで玩具を欲しがるとします。最初は「この前、玩具を買ったばかりでしょ」と子どもの要求をつっぱねます。子どもは「買って、買って」としつこく迫る。それでも買ってもらえないと分かると今度は床にひっくり返って「買って〜」と泣き叫ぶ。親は根負けし、「分かったからもう止めなさい。今度だけよ」と買ってあげる。よくありそうな光景ですが、子どもはこの時、床にひっくり返って泣き叫べば自分の要求が通ると学習します。それを誤学習と言います。

 今回の研修である講師が、親の誤学習という話しをしていました。例えば、子どもが言うことを聞かない時、叩いて厳しく叱る。子どもは怖くて言うことを聞く。親は子どもは叩いて叱ればいうことを聞くと学習してしまう。これが親側の誤学習。なるほどと頷きました。確かにそうですよね。誤った方法でたまたま上手くいったとしてもそれは根本的な解決とはならないし、次も上手くいくとは限りません。子どもの心の中で不満は蓄積して行きます。そのうち成長し体が大きくなると、もう叩いていうことを聞かせられなくなる。そして蓄積した不満が爆発し、親はそれをコントロール出来ず、問題行動へと発展するなんてこともあります。体罰は根本的な問題解決にはなりません。叱る時は理由を説明し、行動を叱ることが必要です。本人を否定するようなしかり方は自尊感情を低くするだけです。叱る時はあなたが大切だから叱るのだと伝えましょう。