記事一覧

八甲田レポート:カラマツの紅葉

ファイル 626-1.jpgファイル 626-2.jpg

 もちろんカエデやサクラの紅葉は綺麗ですが、カラマツの紅葉も美しいものです。黒石から八甲田へ向かう途中、城ヶ倉大橋の手前の沖揚げ岱周辺には見事なカラマツ林が広がっています。他の木々が葉を落とす頃、カラマツの紅葉が更に浮き上がります。

 日曜日、山は雪化粧し、登山道もすっかり雪で覆われていました。お陰で登るのに何時もより少し時間が掛かりましたが、晴天に誘われてか沢山の登山客がありました。今年の冬は大雪が予想されています。酸ヶ湯はそば屋の窓も板が打ち付けられ、すっかり冬支度が終わっていました。

写真右は八甲田の井戸岳です。

新しいワクチン

 毎年、どうやったらスムーズにインフルエンザワクチンの接種を進めることが出来るか悩み、これまで試行錯誤やってきました、今年は週3回夜のインフルエンザワクチン外来を設け、予約は取らないという方法に切り替えました。希望者は多少は増えてもそれ程多くはならないのではと予想していたのです。しかし18時から予約無しで接種するというスタイルは利用者には便が良かったようで、多くの方にご利用いただけました。ただ確保したワクチンが早々と無くなってしまい、期間の半ばで夜のワクチン外来を終了せざるを得なかったのは大きな誤算でした。申し訳ありませんと謝るしかありません。

 それにしてもそれ程有効率が高くないワクチンをどうしてこんなに沢山の人が希望するのか少々疑問を感じないわけではありません。現在のインフルエンザワクチンの有効性、つまり接種すれば罹らないで済む確率は5割といったところでしょうか。重症化は防ぐと言い訳のように唱えていますが、それとて確実なものではないのです。しかも乳児への効果はあまり期待できないワクチンです。やらないという選択肢もあっても良いと考えていました。それが今年は国をあげてインフルエンザワクチンの勧奨が行われ、普段は接種しない方も希望されていました。国のキャンペーンの影響はとても大きいものだと改めて知りました。

 ところで今週、アメリカの製薬会社ファイザーが開発したコロナウイルスのワクチンのニュースがありました。その有効率は90%というのですが、高すぎて俄には信じることは出来ません。mRNAを利用した新しいタイプのワクチンだそうですが、もしその有効性が本物なら素晴らしいものです。自分にはまだその仕組みをしっかりとは.理解していません。有効性だけでなく副反応や免疫の持続性などこの新しいタイプのワクチンが本当に人類にとって有益かどうか注視する必要があるのでしょう。

 もし本当に有効なワクチンであるなら朗報ですよね。
期待しましょう。
 
 別の話題もありました。軽症者、無症状者はコロナウイルスに対する既存の免疫(交差免疫)が働いていいるのではないかというニュースでした。これは前々から予想されていました。もしそうだとすれば風邪を繰り返し引いている子ども達が罹りにくい理由の1つなのかも知れませんね。
(以前に罹った別のコロナウイルスで今回の新型コロナウイルスも予防できているのではないかという話しです。)

八甲田レポート:晩秋

ファイル 624-1.jpgファイル 624-2.jpg

 今年は少なくとも月に2回は山に登ろうと決めていたのですが、やはり急患診療所や自分の体調、天候など様々な理由で思うように登ることが出来ず、結局8月の終わりからはほとんど登れていませんでした。今年も八甲田の紅葉の一番綺麗な時期を逃してしまいました。残念!

 11月最初の日曜日、久し振りの八甲田は、既に木々は葉を落とし、稜線には数日前に降った雪が残っていました。登山客はほとんどいないだろうと思っていましたが、予想外に多くの登山者に出会いました。中には若い山ガールも。一時は山を登るのは中高年ばかりだったのですが、最近は山を登る若い人達も増えてきて嬉しいです。自分が登り始めた頃は、山は若者が中心で、夏になると全国の大学山岳部が北アルプスに集まっていました。

 2ヶ月も登っていないとやはり体力は衰えます。息は切れるし、脚も悲鳴を上げていました。また鍛えなきゃ駄目ですね。

 写真の山は赤倉岳です。

子どもとコロナ

ファイル 623-1.jpgファイル 623-2.jpg

 弘前では連日のように新規感染者が報道され、皆様の不安が大きいのはよく分かります。このブログで以前、子どもはコロナに罹りにくいし罹っても軽症と前に書きましたが、まだまだ子どもが罹ってしまったらと不安に思われる方が多いようです。以前、弘前にお呼びし子宮頸がんワクチンについて講演していただいた長崎大学の森内浩幸先生が日本臨床ウイルス科学会で「COVID-19と小児」をテーマに講演したというニュースを読みました。その内容をかいつまんでお伝えします。

 先生は講演で「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は子どもにとっては基本的に風邪のウイルス」と述べたそうです。
「日本だけでなく世界でも18歳未満の感染者は少なく無症候性のことが多い。日本では現時点で子どもの死亡例はない。子どもにとって危険なのはコロナよりもインフルエンザ肺炎でさらにインパクトが大きいのがRSウイルスである」
もちろん講演ではその裏付け、科学的データを解説されたと思いますが、難しいことはここでは省きます。

 感染経路は家庭内での感染が主。
「インフルエンザは子どもが流行の中心で、学校の流行から社会に広がって行くが、SARS-CoV-2は社会の中の流行からウイルスが家庭内に持ち込まれ、子どもが感染するという逆の構図である」
そして更に「感染対策としてゼロリスクを求める過剰な対応は非現実的で、バランスの取れた対応策を立てる必要がある」と協調されたそうです。

 そのバランスを取るのが難しいのでしょうね。子どもにとっては風邪のウイルスであったとしても高齢者にとっては極めてリスクの高い感染症です。高齢者に対する感染防止対策と、それ以外の感染防止対策とを分けて考える必要があるのでしょう。

 少なくとも弘前の休校措置はSARS-CoV-2の流行の阻止という意味では過剰な対応のように思います。
子ども達はまたゲーム三昧のようです (v_v)


 さて、Withコロナ、新しい生活様式とはどんな生活様式なのでしょう。
皆がマスクして半分顔を隠したままの社会・・・違和感を感じます。
人と人との関係性に問題が生じないものかと危惧しています。


写真は中野もみじ山の近く、浄仙寺の紅葉です。

掌(たなごころ)

ファイル 622-1.jpgファイル 622-2.jpg

 小児科医にとっての大きな喜びの一つは自分が診ていた子の成長した姿を見ることでしょう。保育園の時にはそれこそ毎週のように受診していた子も小学校に入る頃になると風邪を引かなくなってパタッと来なくなります。それでも年に一度のインフルエンザワクチンや大学入学を控えての予防接種で顔を見せてくれます。そんな時、立派になったな〜と感慨深く思うのです。

 先々週、ある女の子が大学入学のための健康診断書を求めて受診されました。懐かしい顔でした。その子がCDを作ったからと僕にプレゼントしてくれたのです。CDには「掌」というタイトルが付いていました。”たなごころ”と読みます。聞くと「リンゴ娘」の姉妹グループで「ライスボール」というボーカルユニットのメンバーとして活動しているそうです。そう言えば彼女は小さい頃、クリニックを受診するたびに診察室で歌を歌って聞かせてくれました。もちろんお母さんに促されてでしょうが、忙しい診療の中でその歌声に癒やされていました。
 CDジャケットのタイトルとなった「掌」という曲はとても素敵な曲でした。初めて聴いたとき胸に熱いものがこみ上げてきました。CDには他にも2曲が収録されています。「命」と「ずっとずっと」です。どれもとても良い曲で、車の中で繰り返し聞いています。ネットでライスボールと掌とで検索すると直ぐに出てきますよ。皆さんも是非聞いてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=HGg81Wh2c8s

写真は日曜日に奥さんと出掛けた東八甲田のグダリ沼です。紅葉がとても綺麗でした。

問題行動の裏に潜むもの

 最近、学校が大変なことになっているような気がします。当院だけなのかも知れませんが、離席や罵声、クラスメイトとの喧嘩や癇癪など様々なトラブルで受診を勧められるケースが昨年より遥かに多いのです。家庭ではお利口さん、しかし学校で爆発したり、あるいは逆に先生にベタベタ甘えたり。発達障害を疑われての受診ですが、そうではない関係性障害が原因となっている場合が少なくありません
 関係性障害とは親子関係がうまく行かないことが原因となって、様々な症状が現れたものを言いますが、自分が教えを請うている渡辺久子先生は関係性障害を「親と子とのボタンの掛け違い」と説明しています。親子に限らず、他の親しい人との間でも、その関係がギクシャクすると、心の傷が身体症状となって現れてきます。
 親に力で押さえつけられたり、あるいは親が困難な状況にあり家庭で子どもが親を気遣っていたりすると子どもはそのストレスを学校で発散することがあるのです。

 関係性障害とは言えませんが、長い休校の間、ゲームに没頭し、その影響で衝動的になったと思われる子もいます。ゲームが原因で親子のバトルが始まったりしているかも知れません。

 今、我々は非常に困難な状況にあります。青森県のCOVID-19の患者数は多くはありませんが、それでも世の中全体の余裕がなくなり、それが子どもの育ちに影響しているのではないでしょうか。景気が低迷し、親の就労が不安定となり、家庭にゆとりがなくなると子どもをのびのびと育てることが出来なくなってしまいます。
 
 子どもだって様々なストレスに曝されています。何のストレスもなく大きくなることはありません。様々の嫌なこと、辛いことを経験し心に傷を受けますが、母親にholdingされ、甘え、ありのままの自分を出すことで、ストレスは解消され、母親への信頼関係は強くなり、心の安全基地が強化されます。
 しかし母親が子どもをうるさく感じ、子どもを充分にholdingしてあげられない時、子どもは母親に気を使い、充分に甘えられず、我慢し続け、ストレスは解消されず様々な身体症状となって現れるのです。
 ただそれは、子どもをholding出来ない母親に問題があるのではありません。母親が子どもをゆとりを持ってholding出来ないように追い込まれているのです。(澤田敬先生の論文からの引用)

 僕の心配が正しいとしたら、その解決は簡単ではありません。子どもの問題行動を子どもだけの問題、親子だけの問題と捉えては解決しません。地域社会全体で親子をholdingする必要があるのではないでしょうか。

天候や自分の体調でしばらく山へ行けていません。紅葉の八甲田は来年までお預けです。

八甲田レポート:初秋

ファイル 620-1.jpgファイル 620-2.jpg

 皆さんは秋の連休をどのように過ごされましたか?
今年はコロナ禍でどこへも出掛けなかった方も多いかと思います。自分も近場でも何処かへ出掛けたいと思っていましたが、急遽クリニックの工事が入り、結局どこへも行けられませんでした。せめて山くらいと、連休の最終日、午後から八甲田へと向かいました。酸ヶ湯を出たのは既に2時を回っていました。上毛無岱到着が3時過ぎ。大岳まで登るとなるとおそらく下山は5時を過ぎるでしょう。暗くなってきます。帰宅が6時過ぎ・・・。奥さんにも山へ行くとは言っていなかったので、躊躇いつつも、諦め途中で引き返しました。

 山はそろそろ秋色に染まり始めていました。空気はすっかり秋の匂いがします。ウルシやナナカマドの紅葉が始まっていました。

 山は早立ちと決めていましたが、何時もと違って遅い出発です。光の加減が違うのでしょう、歩き慣れた山道が何時もとは違って見えました。下山してくる最後の登山客とすれ違うと、風もなく静寂が待っていました。聞こえるのは自分の足音だけ。朝の爽やかな空気が好きですが、午後の柔らかな光の登山も良いものだと知りました。

 写真が何の木か思いつきません。どなたか教えてください。

ワクチン接種間隔

ファイル 619-1.jpg

10月1日からワクチンの接種間隔が改正されます。

 注射生ワクチンの後、他の注射生ワクチンを接種するときはこれまで通り27日間隔を開ける必要がありますが、それ以外のワクチンについては全て接種間隔の制限がなくなります。

 これまで行政からの指導でワクチンの接種間隔については厳しい制約がありました。例えばMRワクチンなどの生ワクチンの後は4週間後から出ないと他のワクチンを接種することが出来ませんでした。それが大きく変わります。例えばMRワクチンを接種した後、次の日にインフルエンザワクチンを接種するといったことが可能になります。

 ただ今後も注射の生ワクチン同士はこれからも27日間間を開ける必要があります。
また同じワクチンを何回か接種する場合、例えばヒブワクチンの1回目と2回目の間隔はこれまで通り、27日以上の間隔を開ける必要があります。
それぞれのワクチンで接種間隔は異なりますので、その都度スタッフにご相談ください。

ゲーム雑感

 皆さん、フォートナイトというゲームをご存じでしたか?小学生以上のお子さんをお持ちの方ならよく知っているでしょう。無料でダウンロード出来る対戦ゲームです。本当は15歳以上が対象だそうですが、小学生の間で大流行しています。自分はゲームに疎くて、良いとも悪いとも言えないので少しネットで検索してみました。
 ゲーム自体は残虐なシーンなどなく、オンラインで友だちと繋がり、マイクで会話しながら楽しめるようで、それは良いのかなとは思うのですが、色々と問題も起きているようです。
一つは課金の問題。フォートナイトは無料のゲームですが、自分のキャラクターを飾るための“スキン”に課金し、その課金がかなりの金額になることもあるようです。
もう一つはこのゲームの中毒性が問題視されていました。ゲームにはまって止めることが出来なくなる子も多いようです。実際にこのコロナ禍での休校期間中にかなりの長時間ゲームをやり続けた子ども達が多かったようです。必然的に勉強する時間が短くなり成績が低下している子もいるようです。
 さて、自分が心配しているのはもう一つ、子どもの心の発達に与える影響についてです。このような対戦型のゲームで、しかも他のメンバーと繋がることで興奮度は高まり、子ども達は大声で叫びながらゲームに没頭します。反射的に倒すターゲットを判断し攻撃する。子どもの衝動性が強くなるのではないかと心配しています。実際に学校の再開後、学校で子どもの衝動性多動性が強くなったという例もありました。
長時間のゲームで進学率が低下するという報告が多くありました。しかし一方、ゲームをやっていた方が集中力や論理的思考力、発想力が上がるなんて報告もあるようです。検索すると様々なゲームの種類とそれが与える影響について検討したレポートもありました。しかしゲーム時間が長時間に及び、寝る間や食事の間も惜しんでゲームをやり続けるとなるとやはりそれは依存症と言って良いでしょう。当然、様々な負の影響が表れます。

 今の世の中、様々なIT機器で溢れています。そして我々はそのIT機器の恩恵にあずかっています。そんな世の中で子ども達に全くゲームをやらせないというのは不可能に近いでしょう。大切なことは子どもにゲームをやりたいと言われたとき、簡単に許可する前に、まず最初に子どもと話し合い、ルールをしっかり作ることだと思います。そしてそのルールにはペナルティが必要です。例えばルールを守らず時間オーバーしたときは翌日はゲーム禁止。1週間で2回目のルール違反には次の1週間ゲーム禁止というように段階的にペナルティを設けるのが望ましいでしょう。

 昔自分は子どもがテレビゲームの没頭して止められなくなったとき、カッとしてゲーム機のコードをハサミで切ってしまいました。今から思えば賢い解決法ではなかったなと反省しています (v_v)。

岩木山レポート:黄色のキノコ

ファイル 617-1.jpgファイル 617-2.jpg

 雨の日の登山も嫌いではありません。先の日曜日は前々から岩木山を百沢から登ろうと決めていました。しかし天気予報は終日の雨。沢筋の道は増水すると危険です。百沢を止めて、赤倉へと向かいました。赤倉は6月にも登っていますが、夏を越し、登山道は笹藪で覆われ、雨で足下も悪く、レインウエアを着ての夏の山登りは蒸し暑く体力を消耗します。何時もより少し時間が掛かって日本海を望む大開まで上がると、西の方角から生暖かい風がゴーゴーと吹いてきました。何だか怪しい気配がして少し不安になりました。案の定、聖観音像に着いたとき、遠雷が聞こえてきました。テレビで雷注意報も出ていたのを思い出しました。山での雷は避難する場所も少なく危険です。聖観音から山頂まではそれこそ隠れる場所もなく、ここは雷が近づく前に降りるしかないと、頂きには登らずさっさと下山と決めたのでした。

 霧の掛かるブナ林も幻想的で素敵です。空気は湿気を帯び、濡れた登山道には沢山のキノコが生えていました。山の花の名前は大体分かるのですが、キノコは全く分かりません。椎茸そっくりのキノコもありましたが、それが食べられるかどうか・・・キノコの鑑別は難しそうです。道の途中で可愛らしい黄色いキノコを見付けました。採らずにカメラに納めました。

 以前、南八甲田の赤倉岳の登山道でキノコ観察会の集団に出会ったことがあります。リュックサック一杯にキノコを採って下山してきた御仁とも出会いました。観察会は興味があります。キノコの本も持っています。しかし自分は山菜同様、他の方が採ったものを少しだけお裾分けしてもらうだけで充分です。