子育てに関するQ&A
Q:
上手な薬の飲ませ方は?
A: * 処方された薬を受け取ったら・・・ *
診察で説明を受けた内容のお薬かどうか、欲しい薬が処方されているかどうかを確認しましょう。

* お子さんに処方された薬に関心を持ちましょう *

「どんな効果を期待しているんだろう、どんな味なんだろう・・・」
お薬の使用目的を知ることはとても大切です。特に複数の薬が処方された場合は重要で、それぞれの処方目的や用法(1日の使用量)が違う場合もあります。 調剤薬局からの説明書には必ず目を通しましょう。
内服薬の飲ませ方 - お母さんも味見をしてみてね -
こどもの薬のほとんどは飲みやすいように甘みを加えてあります。(それでも苦いのもありあますが)お母さんが味見をすることで、より飲みやすい工夫が発見できるかもしれません。
特に指示がない場合には、授乳(食事)の前の空腹時の方が上手に飲めるでしょう。ただし、服用直後のいっき飲みは避けましょう。吐き出してしまうことがあります。
* 粉薬(ドライシロップ)の場合 * 離乳食開始前のお子さんには、1、2がおすすめです。
1.そのまま与える
お母さんはきれいに手を洗い、赤ちゃんにひとさし指をチュチュッと吸ってもらいます。(注・爪が伸びていないこと!)その指に粉薬をつけ、赤ちゃんの頬の内側か上あごに薬をくっつけていきます。おっぱい・ミルクを少量含ませると、口の中に残った薬を全部飲ませることができます。
2.ペースト状にして与える
少量(数滴)の水で練るとおだんご状からペースト状の薬になります。それを上あごに貼り付ける要領で与えると、赤ちゃんはペロペロと口の中で溶かしながら飲むことになります。
3.飲み残しのない量の水または果汁、ヨーグルトなどで溶いて飲ませる
多量の水やジュース、ヨーグルトに混ぜて飲ませようとすると、飲み残した場合、必要な量が与えられません。また、ミルクには混ぜないで!ミルクがキライになってしまう可能性があります。薬を飲ませた後には、口直しを与えてもよいでしょう。
* 粉薬(ドライシロップ)の場合 *
スポイトまたは薬杯を使用して飲ませます。哺乳びんの乳首の使用は、その後の授乳に影響する(警戒して飲まなくなる)ことがあります。
 
座薬の挿し方
先のとがった方から挿します。コツとしては、とんがったところを指でなでて角をとり、水・ベビーオイル・クリームなどをつけて肛門から指の関節1つ分くらい奥まで入れてあげましょう。浅すぎるとすぐに出てくるので注意してください。