子育てに関するQ&A
Q:
赤ちゃんのスキンケアで気をつけることは?
A:  
赤ちゃんは生まれてまもなくから生後2〜3ヶ月頃までは、お母さんからもらったホルモンの影響で皮膚から脂がたくさん出てきます。ほおっておくと汚れがすぐ肌にたまり、これが皮膚のトラブルのもとになります。

この脂をおとすにはお湯だけでは無理で(入浴剤でもダメです)、石鹸やシャンプーを使います。ごしごしこすってはお肌がいたみますので、手やガーゼでやさしく洗い流しましょう。
頭のかさぶた
皮膚からしみ出た脂が髪の毛にこびりついて黄色いかさぶたのようになることがあります。少ないときは毎日お風呂でシャンプーするだけで治りますが、多いときはベビーオイルを塗ってふやかしてから洗い流します。
かさぶたが厚いときや、その下が赤くただれているとき(脂漏性湿疹といいます)は処方された軟膏を縫ってください。
赤ちゃんのにきび
思春期のにきびと同じものが生後1〜2ヶ月までの赤ちゃんの顔にできることがあります。これも石鹸でよく洗い清潔にしていれば、しばらくすると治っていきます。