記事一覧

夏の思い出

ファイル 8-1.jpg

雨や曇りの日が多い今年の夏でも、日焼け姿の子どもたちに夏を感じています。
夏の平日の外来は例年ガラガラで、予約なしでも直ぐに順番がくるので、プレイルームで遊びたい子どもたちは症状で機嫌が悪いと言うよりも、遊べなくて機嫌が悪くなる子が多いくらいです。
そんなお盆の日の夕方、焼けたての親子(お母さんと女の子)が受診しました。子どもの症状が軽かったので、本日の日焼けの理由から始まり、つい雑談に花が咲いてしまいました。その親子は日中家族で海釣りをしてきたそうです。お父さんと小3のお兄ちゃんが竿釣りで今日は小アジやホッケ、カワハギなど50何匹、その前はイワシの群れに当たり小さいイワシを100匹以上釣ったそうです。4才の妹ちゃんは魚を外すお手伝いをしたり小さいフグを釣ったりしたそうで、今お父さんとお兄ちゃんが海釣りにはまっている話をお母さんは楽しそうにしてくれました。聞いている私も、それで!それで!と聞き入り、松原先生も一緒になって聞き入ってしまいました。私は「釣った魚は?」と聞くと、全部唐揚げにしてみんなで食べちゃうそうです。お母さんも立派!!  魚釣りの他にも、メダカ取りやカブトムシ取りにも行くそうで、いっぱい取ってくるんだって!カブトムシは朝早く平川沿いにお兄ちゃんとお父さんと取りに行くそうです。お祖父ちゃんがそういう事が大好きでお父さんに伝承されていたようです。夏の思い出もこうやってまた父から息子や娘に伝承されるんだね〜素敵だなって思いました(^_^)  
私も虫取りやザリガニ取りによく行ったなあ (さ)

院内Web勉強会(B型肝炎ワクチン)

 先日院内で薬屋さんの提供で、お昼を食べながらWeb勉強会を開きました。テーマは「なぜ全ての子どもにB型肝炎ワクチンが必要なのか」でした。B型肝炎は他の型(AからEまであります)の肝炎ウイルスよりも血液中のウイルス量が多いため、移りやすいそうです。感染した後、ほとんど症状がないまま肝臓に住み着いている状態を「キャリア」と言います。子どもは大人よりも感染すると「キャリア」になりやすく、将来「慢性肝炎」→「肝硬変」→「肝がん」へと進行する可能性が出てくる怖いウイルスです。B型肝炎ウイルスはよだれ、汗、涙、おしっこ等によって移ってしまうことがあるため、お母さんだけでなく、お父さんから子ども、祖父母から子ども、集団保育施設での感染が報告されています。そのB型肝炎は予防接種で防ぐことができます。つまりB型肝炎ワクチンは将来の肝臓がんを予防するワクチンでもあります。
(ちなみに我が家の家族(夫と娘)はB型肝炎をワクチンでしっかりブロックしていますよ!!)

 当クリニックではB型肝炎ワクチンの接種が増えていますが、任意接種のため費用が掛かってしまいます。多くの大切な子ども達の命を守るため、子どもたち全員にワクチンが無料で接種できる日が早く来るといいですね! (の)