記事一覧

当院の感染症発生動向(2/17〜2/23)

     溶連菌感染症           16例
     ロタウイルス性胃腸炎        0例
     その他のウイルス性胃腸炎      3例
     細菌性胃腸炎            0例
     水痘                0例
     おたふく風邪            0例
     百日咳               0例
     リンゴ病              1例
     手足口病              0例
     ヘルパンギーナ           0例
     アデノウイルス感染症        0例
     インフルエンザA         10例
     インフルエンザB         25例
     RSウイルス感染症         0例
     マイコプラズマ感染症        0例

・ インフルエンザの流行はB型が主体となってきました。大部分は軽症の子どもで熱もそれ程上がらないようです。しかし中には高熱で苦しい思いをする子もいます。以前、B型には抗インフルエンザ薬はA型程有効ではないと書きましたが、今年は比較的有効のようです。それでも漢方薬との有意な差は感じません。

当院の感染症発生動向(2/10〜2/16)

     溶連菌感染症           12例
     ロタウイルス性胃腸炎        3例
     その他のウイルス性胃腸炎      7例
     細菌性胃腸炎            0例
     水痘                1例
     おたふく風邪            1例
     百日咳               0例
     リンゴ病              1例
     手足口病              0例
     ヘルパンギーナ           0例
     アデノウイルス感染症        0例
     インフルエンザA         20例
     インフルエンザB         25例
     RSウイルス感染症         1例
     マイコプラズマ感染症        1例

・ インフルエンザだけでなく溶連菌感染症の流行も続いています。病初期の症状、所見はどちらもよく似ていて診断に迷うことも少なくありません。検査して確定させるか、そうでなければ慎重に経過観察することが大切です。
・ ノロの患者数は減少傾向でロタが少しずつ増えてきたようです。子どもにとってノロよりロタが重症になりやすいのですが、幸い当院ではロタのワクチンを接種していただける方が少なくありません。接種料金は高額でご家族の負担が大きく、心苦しく思います。しかし接種しておいて損はないワクチンです。

当院の感染症発生動向(2/3〜2/9)

     溶連菌感染症           13例
     ロタウイルス性胃腸炎        2例
     その他のウイルス性胃腸炎     10例
     細菌性胃腸炎            0例
     水痘                4例
     おたふく風邪            0例
     百日咳               0例
     リンゴ病              0例
     手足口病              0例
     ヘルパンギーナ           0例
     アデノウイルス感染症        1例
     インフルエンザA         16例
     インフルエンザB         14例
     RSウイルス感染症         1例
     マイコプラズマ感染症        1例

・ B型のインフルエンザは局地的に一気に流行するのが特徴的です。一つの学校で流行して、また別の学校で流行するというように広がって行きます。A型とB型に症状の差はそれ程ありませんが、B型ではA型より消化器症状を伴うことが多いようです。抗インフルエンザ薬の有効性は低いですが、脳症や呼吸不全などの重症合併症は少ないのは幸いです。
・ ロタウイルス胃腸炎が増えてきました。ワクチンが出来て、以前ほど大きな流行にならないことを期待しています。

当院の感染症発生動向(1/27〜2/2)

     溶連菌感染症            5例
     ロタウイルス性胃腸炎        0例
     その他のウイルス性胃腸炎     20例
     細菌性胃腸炎            0例
     水痘                1例
     おたふく風邪            0例
     百日咳               0例
     リンゴ病              0例
     手足口病              0例
     ヘルパンギーナ           0例
     アデノウイルス感染症        1例
     インフルエンザA         12例
     インフルエンザB         12例
     RSウイルス感染症         0例
     マイコプラズマ感染症        0例

・ インフルエンザの流行は拡大しつつあります。A型が流行している学校とB型が流行している学校。A、B両方が出ている学校と様々です。A型が流行している学校でもこの後、B型が流行るでしょう。今、B型が流行している学校も同じでいずれA型が流行るでしょう。しかしやはり重篤感のある子は少ないです。
・ 嘔吐下痢症の流行も続いています。当院では確認していませんが、ロタが流行している保育園もあるそうです。