記事一覧

当院の感染症発生動向(11/17〜11/23)

     溶連菌感染症  4例
     ロタウイルス性胃腸炎  0例
     その他のウイルス性胃腸炎  10例
     細菌性胃腸炎  0例
     水痘  3例
     おたふく風邪  0例
     百日咳  0例
     リンゴ病  0例
     手足口病  1例
     ヘルパンギーナ  0例
     アデノウイルス感染症  14例
     インフルエンザA  0例
     インフルエンザB  0例
     RSウイルス感染症  4例
     マイコプラズマ感染症  0例

・ アデノウイルス感染症とRSウイルス感染症が流行しています。アデノは熱が続くだけで安静にしていれば大部分は大きな合併症なく軽快しますが、RSウイルスは乳児が罹ると呼吸困難を起こすので注意が必要です。
・ おたふく風邪の流行はほとんど収まったようです。次に流行する前に予防接種をお勧めします。

当院の感染症発生動向(11/10〜11/16)

     溶連菌感染症  3例
     ロタウイルス性胃腸炎  0例
     その他のウイルス性胃腸炎  2例
     細菌性胃腸炎  0例
     水痘  1例
     おたふく風邪  0例
     百日咳  0例
     リンゴ病  0例
     手足口病  0例
     ヘルパンギーナ  1例
     アデノウイルス感染症  10例
     インフルエンザA  0例
     インフルエンザB  0例
     RSウイルス感染症  1例
     マイコプラズマ感染症  0例

・ 県のサーベランスを見ると、10月の末に青森市で4例のB型のインフルエンザが報告されていましたが、先週はまた0になっていました。人づてに弘前市でも確認されたと聞きましたが、AかBかは分かりません。インフルエンザはこれからチラホラと出てくるでしょうが、冬休みで一旦終息し、再び1月中旬から増えてくるというのが例年のパターンです。
・ アデノウイルス感染症の流行はまだ続いています。夜売れ菌感染症も少なくはありません。
・ 水痘の流行している保育園があります。

当院の感染症発生動向(11/3〜11/9)

     溶連菌感染症  3例
     ロタウイルス性胃腸炎  0例
     その他のウイルス性胃腸炎  4例
     細菌性胃腸炎  1例
     水痘  6例
     おたふく風邪  0例
     百日咳  0例
     リンゴ病  0例
     手足口病  1例
     ヘルパンギーナ  0例
     アデノウイルス感染症  5例
     インフルエンザA  0例
     インフルエンザB  0例
     RSウイルス感染症  1例
     マイコプラズマ感染症  0例

・ アデノウイルス感染症の流行はまだ続いています。
・ 水痘、RS、溶連菌感染症なども引き続き注意が必要です。
・ 青森市でインフルエンザBが出ていると報告に上がっていました。B型は昨年、大きな流行があったので、同じ遺伝子タイプのB型であればそれほど大きな流行にならないでしょう。しかし注意深く見てゆく必要があります。

当院の感染症発生動向(10/27〜11/2)

     溶連菌感染症  2例
     ロタウイルス性胃腸炎  0例
     その他のウイルス性胃腸炎  2例
     細菌性胃腸炎  0例
     水痘  0例
     おたふく風邪  0例
     百日咳  0例
     リンゴ病  0例
     手足口病  0例
     ヘルパンギーナ  0例
     アデノウイルス感染症  7例
     インフルエンザA  0例
     インフルエンザB  0例
     RSウイルス感染症  1例
     マイコプラズマ感染症  0例

・ アデノウイルス感染症の流行は続いています。
・ 今週は水痘はいませんでした。ワクチンの接種率はかなり上がってきているようです。おそらくそう遠くないうちに水痘の発生はほとんどなくなるでしょう。
・ 嘔吐下痢症も少しずつ出ています。普段から経口補水液を用意しておいて下さい。
・ ゼイゼイする風邪が増えています。RSやヒトメタニューモウイルス、ライノウイルスなどでしょう。