記事一覧

当院の感染症動向(1/18〜1/24)

     溶連菌感染症 ・・・・・・・・・ 8例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・0例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 25例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 先週から出てきたインフルエンザがあっという間に増えてきました。初めは小学生中心でしたが、保育園でも流行り始めました。
・ 先週も書きましたが、今年の流行は2009年に流行した新型インフルエンザと同じインフルエンザウイルスがメインのようです。症状の軽い子が多いのですが、案の定、喘息などの治療中やこれまで何度かゼイゼイ繰り返している子で呼吸困難が強く入院になる子が出てきました。インフルエンザに罹ってしまったときは熱よりむしろ呼吸器症状にも注意が必要です。
・ インフルエンザの迅速試験は陽性になるまで発熱してからある程度時間が必要です。どんなに敏感なキットでも発熱後6時間以内では疑陰性になることが多いです。当院では原則として発熱後6時間以内の検査は行いません。できれば12時間、待てるなら24時間してから検査すると診断の確率が高くなります。

当院の感染症発生動向(1/11〜1/17)

     溶連菌感染症 ・・・・・・・・・ 6例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・3例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・1例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・7例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ メルマガにも書きましたが、当院でもインフルエンザが出てきました。今のところ全てA型です。症状は軽い子から重い子まで色々です。
・ 今年はH1N1(AH1pdm09)が流行すると予想されています。これは2009年に流行した新型インフルエンザと同じものです。その時は多くは軽症でしたが、喘息などの基礎疾患がある子で一気に呼吸不全が進行し、入院になる例が比較的多くありました。もし今年も同じタイプとしたら、喘息などの子どもは要注意です。特に2009年に罹らず喘息をお持ちのお子様は免疫が低いと思われますので、早めの対応が必要でしょう。それ以外の健康な子ども達はいつもと同じ対応で大丈夫でしょう。
・ 青森市でおたふく風邪がはやっているようです。これも要注意です。できるだけ予防接種をお願いします。

当院の感染症発生動向(1/4〜1/10)

     溶連菌感染症 ・・・・・・・・・ 2例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・6例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・2例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・ 0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 当院ではインフルエンザはでていませんが、市内でそろそろ出始めました。新学期が始まると流行してくるでしょう。
・ RS、ノロの流行は下火になりました。
・ 溶連菌感染症は引き続き注意が必要です。
・ 水痘はもう大きな流行になることはなさそうですが、お祖母ちゃんの帯状疱疹(つづらご)から水痘が移ってしまった子がいました。0歳児でまだ予防接種できない年齢でした。これからもこのようなケースはあり得るは思われます。