記事一覧

当院の感染症動向(10/24〜10/30)

     溶連菌感染症 ・・・・・・・・・ 5例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・6例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・1例
     手足口病・・・・・・・・・・・・7例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・1例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・2例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・1例

・ 季節外れの手足口病が流行しています。しかし間もなく終息するでしょう。
・ 溶連菌感染症はコンスタントに出ています。
・ RSウイルス感染症もコンスタントに出ています。
・ 当院では確認していませんが、インフルエンザが出ているそうです。しかしその流行が拡大するかどうかは、この後の経過を見ないと分かりません。例年では青森のインフルエンザの流行は1月中旬以降です。しかし過去には12月中に大きな流行があった年もありました。注意深く動向を見守りましょう。

当院の感染症動向(10/17〜10/23)

     溶連菌感染症 ・・・・・・・・・ 7例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・2例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・1例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・2例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・1例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・1例

・ マイコプラズマ肺炎が時々出ています。特に小学校高学年以上の子で発熱が続き、強い咳が出ている場合はマイコプラズマで肺炎を起こしていることが多いです。マイコプラズマ肺炎は、肺炎は肺炎でも元気なことが多く、ほとんど内服の抗生剤だけで治ります。入院が必要なことは稀です。
・ 溶連菌感染症は依然コンスタントに出ています。
・ ウイルス性胃腸炎が出てきました。例年この時期、ノロウイルスによる胃腸炎が流行します。要注意でしょう。

当院の感染症発生動向(10/10〜10/16)

     溶連菌感染症 ・・・・・・・・・ 4例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・0例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・1例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ おたふくの流行は局所的な小流行に収まったようです。水痘の流行も拡大せずに収まりました。水痘だけでなくおたふく風邪も予防接種を受ける人が増えてきたためと思われます。
・ 夏風邪の流行もほぼ終わったようです。
・ 普通の風邪が流行っています。小学生で熱を出す子も少なくありません。基本は安静です。特に罹り初めはゆっくりと休ませてください。風邪の治療の基本はお薬ではありません。

当院の感染症発生動向(10/3〜10/9)

     溶連菌感染症 ・・・・・・・・・ 4例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・0例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・2例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・2例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・4例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・2例

・ RSウイルスの流行はまだ続くでしょう。
・ 今年流行した手足口病はあまり典型的な皮疹ではありませんでした。しかし先週受診した手足口病は典型的な水泡があり、見ると他県のお子様でした。地域によっても流行するウイルスのタイプが違うようですね。
・ 溶連菌感染症、マイコプラズマもコンスタントに出ています。

当院の感染症動向(9/26〜10/2)

     溶連菌感染症 ・・・・・・・・・ 7例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・0例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・4例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・5例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・4例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・1例

・ RSウイルスの流行は続いています。
・ 夏風邪の手足口病、ヘルパンギーナがまだ出ていますが、間もなく流行は終わるでしょう。津軽地域では今年は大きな流行にはなりませんでした。
・ 溶連菌感染症はコンスタントに出ています。
・ マイコプラズマ肺炎も時々出ています。小学生の高学年で熱が続き、強い咳が出ているときはマイコプラズマ肺炎を強くうたがいます。