記事一覧

当院の感染症発生動向(5/1〜5/7)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・ 9例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・5例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・1例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・1例
     インフルエンザB・・・・・・・・1例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 水痘の子を1名診察しました。どこで感染したかは不明でした。罹ったのは小学生で予防接種を1回しか受けていませんでした。現在、年少児はほとんど水痘ワクチンを2回接種しているので罹患する確率は低いのですが、ワクチンを1回しか接種していない年長、学童はやはり罹ってしまいます。水痘の感染力は強く、空気感染します。水痘は罹ってもその時点ではほとんど大きな合併症なく治癒しますが、将来の帯状疱疹の危険性も持つことになってしまいます。出来るだけ2回接種することをお勧めします。罹らないで済むに越したことはありません