記事一覧

当院の感染症発生動向(7/17〜7/23)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・2例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・1例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・ 27例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・1例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 手足口病の流行が拡大してきました。上のヘルパンギーナの1例も手足口病かも知れません。同じウイルスでも手足に皮疹が出れば手足口病、出なければヘルパンギーナと診断されます。前の日にヘルパンギーナと診断し、翌日手足に発疹が出てきたということもしばしばです。ただ、ヘルパンギーナの方が手足口病よりも喉の痛みが強い印象があります。喉の炎症によくトランサミンが処方されますが、それで治りが早くなるという印象はありません。漢方薬の桔梗湯の方が喉の痛みに効いているようです。

当院の感染症発生動向(7/10〜7/16)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・4例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・1例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・3例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 手足口病が流行していますが、どのウイルスによるものかの情報はまだありません。しかし皮疹が軽く発熱期間も短いものと、皮疹が派手で発熱期間が長いものとの2種類あるように思えます。症状が強い方は若しかするとエンテロ71かも知れません。エンテロ71日による手足口病では髄膜炎、脳炎などの重症の合併症を起こしてくることがあり要注意です。
・ 流行している手足口病の原因が一種類ではない場合、1シーズンに2回手足口病に罹ることもあります。

当院の感染症発生動向(7/3〜7/9)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・6例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・3例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・1例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・3例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・1例

・ 手足口病が徐々に増えてきました。どの程度の流行になるか、重症化する可能性があるのかないのか、注意深い観察が必要です。
・ ウイルス性胃腸炎はやや減った印象がありますが、夏は夏でアデノウイルスによる胃腸炎や細菌性胃腸炎が多くなります。早速、キャンピロバクタによる胃腸炎がありました。原因で多いのは焼き肉です。しっかり加熱し、生肉をつかむお箸と焼けた肉を食べるお箸とは区別するようにしましょう。

当院の感染症発生動向(6/26〜7/2)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・5例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・7例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・1例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例
・ 暑くなるのとほぼ同時に手足口病が流行し始めました。手足口病を起こすウイルスは何種類かあって、一度罹ってもまた別の手足口病に罹ることがあります。大部分が合併症なく安静にしているだけで軽快するのですが、ウイルスのタイプによっては稀に重症か(髄膜炎、脳炎)などを起こすことがあります。まだ流行が始まったばかりで重症化するタイプかどうかは不明です。発熱が続き、頭痛(不機嫌)、目つきがおかしい(意識障害)などに注目して観察してください。
・ 感染力は発疹が治ってもしばらく続きます(数週間)。登園の基準は感染力の有無ではありません。熱がなく、元気で普通に食事できるようになったら登園可能です。