記事一覧

当院の感染症発生動向(H30.1.29〜2.4)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・1例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・3例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・1例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 10例
     インフルエンザB・・・・・・・ 40例
     RSウイルス感染症・・・・・・・1例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ インフルエンザの流行は少しずつ拡大していますが、津軽では他の地域のようには多くありません。A型の流行が拡大すると一気に大きな流行になる可能性はあります。
・ インフルエンザでは二峰性の発熱を示すことが少なくありません。一旦下がった熱が4、5日目にもう一度発熱することがあります。合併症の発熱でなければ直ぐに解熱するので安静にして回復を待ちましょう。苦しそうであればもう一度受診しましょう。