記事一覧

当院の感染発生動向(H30.4.9〜4.15)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・9例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 13例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・1例
     インフルエンザA・・・・・・・・2例
     インフルエンザB・・・・・・・・2例
     RSウイルス感染症・・・・・・・1例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ インフルエンザの流行が治まるとRSウイルスやヒトメタニューモウイルスが出てきます。熱だけでなく呼吸状態に注意して状態を観察してください。
・ ウイルス性胃腸炎の流行は続いています。

・ NHKの朝の連続テレビ小説「半分、青い」のヒロインは小児期のおたふく風邪により左の聴力を失ってしまいます。このドラマがきっかけでおたふく風邪の合併症で難聴を起こすことが広く知られることを願っています。頻度は決して低くありません。治療はありません。予防接種をお勧めします。

当院の感染発生動向(H30.4.2〜4.8)

  溶連菌感染症・・・・・・・・・・5例
  ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・9例
  細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
  水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
  おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
  百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
  りんご病・・・・・・・・・・・・0例
  手足口病・・・・・・・・・・・・0例
  ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
  アデノウイルス感染症・・・・・・0例
  インフルエンザA・・・・・・・・5例
  インフルエンザB・・・・・・・・3例
  RSウイルス感染症・・・・・・・0例
  マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・インフルエンザの流行はまだくすぶっていますが、そろそろ終息するでしょう。
・ウイルス性胃腸炎はロタだけでなく、ノロも出ているようです。しばらく流行は続くでしょう。
・沖縄で麻疹が出ているというニュースが入ってきました。既に子ども達の予防接種が2回になってしばらく経ちます。大きな流行になることはないと思いますが、予防接種をせずに運悪く接触、感染してしまうと命に関わるほど重症になることもあります。1歳の誕生日を迎えたら直ぐ、年長さんも早めに2回目の追加接種を受けましょう。

当院の感染症発生動向(H30.3.26〜4.1)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・5例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・8例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・2例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・5例
     インフルエンザB・・・・・・・・1例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ インフルエンザのA型がB型に遅れて流行するのではという僕の予想は外れたようです。まだ出ている保育園もありますが、随分と少なくなりました。流行はもうじき終息すると思われます。
・ インフルエンザとは異なるウイルスによる発熱が続く気道感染症が流行っています。
・ ロタウイルスによる胃腸炎の流行は続いています。少し下火になった印象がありますが、まだ注意が必要です。