記事一覧

当院の感染症発生動向(H31.3.4〜3.8)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・2例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・6例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・2例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・2例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・1例
     インフルエンザA・・・・・・・・5例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ インフルエンザの流行は終息に向かいつつあります。懸念されたB型も出ていません。気候も暖かくなりこのまま収まると良いですね。
・ おたふく風邪は以前、平川、黒石方面で出ています。予防接種が1回だけで罹っている子が多いのですが、1回でも接種してあるととても軽く済みます。ただし診断は難しくなるので、確定診断には血液検査が必要です。やはり罹らないためには早めの2回接種、更に5年後に3回接種が良いのかも知れません。