記事一覧

当院の感染症発生動向(R2.2.17〜2.22)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・5例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 10例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・3例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ ウイルス性胃腸炎の流行は続いています。
・ 溶連菌感染症が増えています。発熱、強い咽頭痛、関節痛などの全身症状が強いときはまず溶連菌感染症を疑います。苺舌や発疹に注意してください。
・ A型のインフルエンザの流行はほぼ終息しました。
・ 新型コロナウイルスは全国で蔓延し始めたようです。しかしほとんどの子どもは軽症のようです。それほど心配する必要はないでしょう。ただ、もし自宅にご高齢の方がいらっしゃり、その方に移してしまうと重篤な肺炎を合併する確率は高いようです。普段以上にご自宅での感染予防対策を心掛けるようお願いします。

当院の感染症発生動向(R2.2.10〜2.15)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・2例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・9例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・3例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・5例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 当院ではまだB型のインフルエンザは出ていません。
・ 依然、ウイルス性胃腸炎の流行は続いています。下痢はなく嘔吐だけの子も多いのですが、吐いたからと行って胃腸炎と決めつけてはいけません。溶連菌や鼻汁や痰での喉の刺激、発熱の始めや頭の病気でも吐きます。診断を決めつけず注意深く他の症状も観察することが大切です。

当院の感染症発生動向(R2.2.3〜2.8)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・8例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 13例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・1例
     手足口病・・・・・・・・・・・・6例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・3例
     インフルエンザA・・・・・・・・6例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・1例

・ インフルエンザの流行はほぼ終息してきました。しかし関東圏ではB型のインフルエンザが出始めたようです。市内でも出ている学校があると聞きました。今後の動向に注目です。
・ ウイルス性胃腸炎の流行は続いています。嘔吐だけで下痢症状が軽い子が多いようです。吐いているだけでは直ぐには脱水を起こしません。慌てることなく、子どもが少し落ちついたら経口補水液を2、3分毎にスプーン一杯ずつゆっくり摂取させましょう。
・ 溶連菌が多くでました。腎臓やリュウマチ熱などの合併症を防ぐために、抗生剤での治療が必須の感染症です。発熱し喉の痛みが強いときは要注意です。

当院の感染症発生動向(R2.1.27〜2.1)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・1例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 21例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・5例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 11例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 季節外れの手足口病が流行っている保育園があります。暖冬の影響でしょうか。感染症も季節感がなくなってきました。
・新型コロナウイルス感染症はまだ日本に広く拡散はしていないでしょうが、それを想定して今から対策を取る必要があります。感染力はおそらくインフルエンザと同じ程度でそれほど強くはありません。致死率も100人に2人前後で極端に高いものではなさそうです。まだ治療薬はありませんが、対症療法で多くは治ると思われます。冷静な対応が望まれます。